王女未央-BIOU-あらすじ-31話-32話-33話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-王女未央-BIOU-あらすじ-31話-32話-33話-感想つきネタバレありでご紹介!-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
宋との戦争を回避するための婚姻に送られた李未央。しかし合流した宋の使者は陰謀を巡らして出兵の機会を狙っていました。薬を盛られた未央の危機を救ったのはやはり拓跋濬でしたが、再会もつかの間、彼は宋軍の魏への侵入を防ぐための戦いへと出かけていくのでした・・。

【王女未央-BIOU】(ネタバレあり)

王女未央・第31話

拓跋濬が国境の街、滑台へと去ったのを知らない未央は矢傷を負った南安王と都への帰路につきます。しかし途中、拓跋濬が国境に行ったのを知って自分も後を追います。そして南安王も未央の後を追うのでした。
国境では拓跋濬が宋の大軍に囲まれて、万事休すの状態に陥っていました。未央はなんとか逆転の妙案がないかと思案します。南安王から宋の食料倉庫を潰せば勝てるという話を聞いた未央は、たくさんの鳥を捕まえて飢えさせ、その足に火薬の原料の袋を結び放ちます。飢えた鳥は宋の食糧倉庫に集まり、君桃が火のついた矢を放つとあっという間に倉庫は燃えてしまい、食料を失った宋の軍は退却を余儀なくされるのでした。

鳥を網で集めて、一日えさを与えないで飢えさせて飛ばして倉庫を焼く?なんというか変わった未央のアイデアでしたね!こんなことでうまくいくのかなあと思っちゃうんですが・・昔は効果的だったのかな??

未央のお陰で優勢になった魏軍は奇襲作戦に出て拓跋濬と南安王が出陣します。しかし拓跋濬は敵の矢が当たって瀕死の状態に。軍の指揮は南安王がとることになります。そして南安王は勝利して未央は傷ついた拓跋濬とともに都に戻ることになります。
策略家の南安王は最初、叱雲南に拓跋濬達を襲わせようとします。けれども未央が自分にとって必要な存在と気づくと無事に平城へと戻すのでした。

王女未央・第32話

拓跋濬の容体は予断を許さないものでした。顔色が悪くなる一方の拓跋濬に悲嘆にくれる太子妃。李長楽が看病したいと願い出たので、任せることにします。そして太武帝も拓跋濬の見舞いにやって来ました。李未央は太武帝に自分も拓跋濬に会わせて欲しいと頼み込みます。李未央を毛嫌いする太子妃は拒否しますが、未央の国境での活躍を聞いている太武帝は一緒に見舞うことを許可するのでした。

さすがの太子妃も太武帝には逆らえませんね~。李長楽が出しゃばっていて邪魔ですがなんとか拓跋濬の近くに行くことが出来た未央。良かったですね!

皆の見守る中、拓跋濬の容体が悪化し、医者は体を温めるように命じます。未央が必死で温めると拓跋濬は落ち着き、医者は李長楽よりも未央が看病をするべきだと太子妃に進言するのでした。仕方なく看病を未央に譲る李長楽。それでも未央の食事に毒を入れたりとあくまで邪魔をしようとします。
しかし李長楽と侍女が未央に毒を盛った話をしているとき、偶然にもそれを太子妃と李常茹が聞いてしまうのでした。李常茹はこれで李長楽も終わりだと微笑みます。
太子妃は李長楽を遠ざけ、李未央は晴れて看病を続け、拓跋濬も未央のお陰で回復するのでした。

王女未央・第33話

未央と拓跋濬は周りから認められて婚姻も間近とみられるようになりました。太子妃も口では憎まれ口をたたきますが未央の人間としての良さを信じるようになり、拓跋濬から陰謀多い宮廷を出てどこかで三人で平和に暮らそう、という提案を受けるとそれもいいと思うようになります。
そして柔然に戻らなくてはならない李敏徳は皇女の拓跋迪の気持ちを知っても受け入れることが出来ません。拓跋迪は李敏徳が未央のかんざしを持っているのを見て、李未央を愛しているからだろうと怒ります。李敏徳は以前は好きだったが今は姉のようだと言い、拓跋迪に今生は一緒になれないが来生で一緒になろうと言います。その言葉に拓跋迪は頷くのでした。

王女未央、この33話が一番平和な展開です!太子妃も未央を嫁として認めてくれそうで・・このままうまくいってほしいなあ。残念なことに拓跋迪と李敏徳の恋はうまくいきませんでしたね。別の国の皇女と皇子ではやはり難しいですかねえ・・・

一方馬太守の奏状を手に入れた李常茹は南安王が未央に接近するのを防ぐために未央を陥れる策略を練るのでした。彼女は太子妃に見捨てられて落ち込む李長楽を抱き込んで未央への攻撃を仕掛けます・・。

王女未央・第31~33話の感想

ついに李長楽が悪い人間だと太子妃も知りましたね!未央におんぶをねだったり、足を摩れと言ってみたりして甘えるところがなかなかかわいいお姑さんです。このまま幸せになって欲しいなあと思うのですが、この物語はそんな甘っちょろいものではありません。李常茹が馬太守の奏状さえ手に入れなければ未央達の幸せは続いたかもしれないのに・・。未央に届いた手紙がこれからどんな運命に彼女をしてしまうのか・・考えただけでとっても心配になります。
それにしてもにっくき李長楽と手を組もうなんて・・李常茹は本当に策士ですね!未央と李常茹と李長楽、この三人に共通していることはとにかく男性に一途。これが運命を狂わせていくんですね。悲しき性ですね!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です