王女未央-BIOU-あらすじ-34話-35話-36話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-王女未央-BIOU-あらすじ-34話-35話-36話-感想つきネタバレありでご紹介!-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
「王女未央」のドラマも後半に入りジェットコースター並みのハラハラドキドキの展開になってきました。せっかく拓跋濬と結ばれそうになったのに、恐ろしい運命が李未央を襲います・・。

【王女未央-BIOU】(ネタバレあり)

王女未央・第34話

匿名の手紙に呼び出された未央。君桃が拓跋濬に未央が出かけたことを知らせ、拓跋濬達は未央を探します。その間に未央は拓跋濬の屋敷、太子府にきていました。
太子妃は未央を喜んで迎え、自分の嫁入り道具を未央に贈ろうとします。そんな太子妃の胸を未央は突然かんざしで突き刺すのでした。

えええ!いったいこれは何??何故仲良くなった太子妃を、拓跋濬の大事なお母さまを未央が刺すんでしょうか??ありえない。どうなってるの??

そのまま悠然と立ち去る未央。未央を見つけられずに戻ってきた拓跋濬はいまわの際の太子妃から未央に刺されたという衝撃の事実を聞くのでした・・。
街で捕まって太子府に連行された未央。屋敷の者が、未央が太子妃を刺したのを目撃していました。母親を失った悲しみで混乱し、未央を激しく疑う拓跋濬。何が何だかわからない様子の未央・・。

母を失った拓跋濬の悲しみが痛々しいです!拓跋濬演じるルオ・ジンさんの演技が素晴らしい。でも未央を信じてあげて・・・

未央は自分を呼び出した手紙があると言って拓跋濬達は李家に確認に行きます。しかし侍女の白芷が取り出した手紙は、太子妃を殺せば馬太守の奏状を渡すという違う内容に変わっていました。
疑いの晴れぬままあわれ未央は投獄されてしまいます・・。

王女未央・第35話

自分が陥れられたことを知った未央。そして太子府の人間が自分を目撃していることを考えて変貌術が使われたのでは、と考えます。それは叱雲柔が以前利用したものだったので李長楽が関与しているのでは・・と疑います。
未央は太武帝に直訴しましたが、李敏徳らの協力で太子妃殺しの疑惑はぬぐえたものの、李常茹の画策で涼の王女という事が暴かれてしまいます。未央は叱雲南のたくらみで自分の父親の涼王が汚名をきせられていると訴えましたが太武帝は未央を許さず、またも投獄されてしまうのでした・・。

暗い牢獄で涙を流す未央が本当に可哀想・・。拓跋濬から冷たい目で見られすべてを失ってしまった未央。これから未央の行く先に希望はあるのでしょうか。せっかく太子妃とも仲良くなったのに・・あの触れ合いはこの顛末を更に恐ろしくするためのエピソードに過ぎなかったなんて・・まったくこのドラマの脚本家を怒りたくなりますね!

太武帝は悪辣であるとわかった叱雲南を、護国公として昇格したように見せかけてその兵権を剥奪します。任地へと赴く道中叱雲南は襲われ、また李未央の護衛君桃と対決、二人とも川に落ちて死んだものとみなされます。そして李未央は君桃に暗殺を指示した罪で死罪を宣告されるのでした・・。

王女未央・第36話

李未央をなんとか助けたい拓跋濬。しかし太武帝は未央の延命を認めません。
そして南安王拓跋余が戦地から凱旋します。太武帝は南安王の武功を讃え、望みがあれば叶えると言います。拓跋濬は南安王に未央の処刑をやめるように頼んでほしいと懇願するのでした。すると南安王は未央を助ける代わりに李長楽を妻に娶れと拓跋濬に言うのでした。

なんとも非情な南安王拓跋余。拓跋濬が未央を愛していることを充分知りながら李長楽と結婚しろとは!おまけに拓跋濬はまだ知らないけれど太子妃を殺したのは李常茹と組んだ李長楽なのに!でもそれ以外に未央を救う術がないなんて・・

南安王は落ち目になった叱雲家の令嬢と拓跋濬が結婚すれば、拓跋濬の王位継承に不利になると踏んでこの提案をしたのでした。それを察した拓跋濬はそこまで王位のために計算する安南王に今は従うしかないと、未央のため李長楽との結婚を決意するのでした。

南安王は太武帝に未央の処刑を止める詔を発令するよう宮中に向かいますが、太武帝はなかなか同意しません。
その間に未央は刑場に連れていかれてしまいます。拓跋濬や李敏徳がいざとなったら戦おうと身構える中、刀が振り下ろされる一歩手前で南安王が現れて詔を伝えるのでした。
未央は処刑を免れましたが、しかし最下層の身分、奴婢となって宮中で下働きをするようになります・・。

王女未央・第34~36話の感想

なんというかすごい展開になってきましたね!ドラマの冒頭、主題歌と一緒に流れる映像で牢屋に入れられ、打たれるシーンがありましたから、いつかそうなるのはわかっていましたが・・。しかし太子妃が殺されてしまうとは・・そして拓跋濬と話も出来なくなってしまうとは。あんなに仲の良かった二人なのになんとも残酷なお話になってしまいました・・。涼の王女というのがばれて、奴婢になってしまった未央。これからずっとこんなところで働かされていくのでしょうか・・。いつも助けてくれた拓跋濬は李長楽と結婚してしまうし、李敏徳は柔然に去らなくてはなりません。いったい誰が李未央を救ってくれるのでしょうか?せめて早く李常茹や李長楽の悪事が露見してほしいものですね!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です