王女未央-BIOU-あらすじ-37話-38話-39話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-王女未央-BIOU-あらすじ-37話-38話-39話-感想つきネタバレありでご紹介!-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
南安王のおかげで死罪を免れた未央。しかし未央の免罪を頼んだ拓跋濬は、南安王から代わりに李長楽と結婚するよう要請されて泣く泣く従います。未央と拓跋濬の試練は続くのでした・・。

【王女未央-BIOU】(ネタバレあり)

王女未央・第37話

牢獄から解放されたものの奴婢となって浣衣局の洗濯係とされた未央。浣衣局では早速新人いびりをされますが勝気な未央は負けてはいません。そして弱い者いじめをする仲間を救い罰を受けそうになりますが、南安王に助けられます。しかし南安王から拓跋濬が李長楽を娶るという話を聞くとショックで意気消沈する未央。結婚は南安王の交換条件だったので拓跋濬の本意ではなかったのですが、拓跋濬を手に入れたことを勝ち誇る李長楽は嫌がらせに未央を婚儀に出席させることにします。

未央に拓跋濬と自分との結婚を見せて、もう拓跋濬は自分のものと誇示するいやらしい李長楽!でも突然の結婚がおかしいとは思わないのでしょうか?愛する人の顔を見ればすぐにわかりそうなものなのに、とにかく結婚さえすればなんとかなると思っているのかな。まあ自分を見限った太子妃を平気で殺せる女ですから、その神経はどこまでも太いのでしょうね!

李長楽は未央を妹として出席させると言いながら、婚礼の車に花嫁として乗る際、未央を台にしてその背中に足を乗せるという屈辱を与えます。それを見ながらもどうすることも出来ない拓跋濬。婚礼が終わると南安王が未央を慰めますが、未央の心は晴れません。その様子を李常茹が目撃して未央に激しい嫉妬を燃やすのでした。そして叱雲柔は娘の婚儀が終わると安心したように絶命します・・。

王女未央・第38話

李長楽は李家で亡くなった叱雲柔の供養をします。母親の位牌にむかって泣きながら自分が皇后の座につくことを誓うのでした。
未央は拓跋濬と李長楽の結婚の衝撃から立ち直れないでいました。そんな未央のところへ侍女だった白芷が送られてきます。未央は自分が元気がないのを心配して南安王が白芷を遣わした、と聞いて複雑な心境になりますが、それでも妹のような白芷が傍に来てくれたのを喜びます。未央の世話をしながら拓跋濬が結婚したことを慰める白芷に、自分は愛を失い、そして太子妃も君桃もいなくなってしまったとつぶやく未央なのでした・・。
一方拓跋濬は太子妃の位牌のそばに置かれた太子妃の嫁入り道具のことを知っていた李長楽に疑いの目を向けます。それは太子妃が殺されるまで出されたことがなかったもので誰もそれが嫁入り道具だとは知らなかったからです。知っているのは太子妃を殺害した本人のはずでした。
拓跋濬は事件の日の未央の目撃者を名乗りださせて、証拠隠滅のため誰が彼を襲うのか様子をみます。そして南安王の関与を知り、李長楽と南安王が太子妃の殺害を企んだことを知って憤ります。拓跋濬は力を得て太子妃の仇を討ち、未央の汚名を晴らすことを誓うのでした。
しかし未央に嫉妬する李常茹にそそのかされ未央を陰湿にいじめる李長楽には、本心を見透かされないよう自分も李長楽とともに未央を苛むふりをしなければなりませんでした・・。

未央を奴婢扱いして自分の靴を拭かせたり、歯向かえば拷問しようとする李長楽。そして拓跋濬は妻と一緒になって、未央を打てと命じます。拓跋濬の残酷な仕打ちに涙を流す未央があわれ!!本当は陰で助けてるんだけど・・それは表では言えない。このもどかしさはほんと視聴者泣かせです!

王女未央・第39話

王位継承から一歩遅れた拓跋濬を除いて、東平王と南安王の王位争いがし烈さを増していきます。東平王は勢力を増す南安王を抑え込むために、あるたくらみを仕掛けます。それは李未央も巻き込むものでした・・。
皇后の宴の日、皇后から衣を下賜された越夫人がその衣装を身にまとった途端に倒れて息絶えます。調べると衣には毒針が仕込んであったことがわかって浣衣局のものが取り調べられます。そして李未央の洗う衣類から毒が見つかり、李未央が犯人とみなされて太武帝の前に引き出されるのでした。
東平王は李未央に南安王が毒を渡した、と主張して二人の処分を求めます。李未央は自分が潔白であると主張して太武帝から3日で本当の犯人を見つけるように告げられるのでした。

またも李未央が犯人かと太武帝も少々げんなりしていますね。それにしても卑劣な東平王!こんな人が王になってもいい事なんて絶対しない。太武帝にもわかって欲しいですね!!

拓跋濬は未央がたくらみに巻き込まれたと感じ、本当の犯人を捜そうとします。しかし東平王は更に陰謀を巡らして、未央を自害させて犯行を認める遺書を遺そうとして未央の命を狙います。また白芷は李常茹になんとか未央を助けてもらおうとしますが、李常茹の不審な行動に疑いを持ち始めるのでした・・。

王女未央・第37~39話の感想

見ていてとてもつらい未央の試練の連続のような3話でした!拓跋濬と李長楽が結婚して勝ち誇る李長楽は李常茹から余計なことを吹き込まれては未央をいじめるし、身分の低い未央はそれに反抗できず、これまで守ってくれていた拓跋濬ももはや李長楽の夫になっていて未央のそばにはいません。本当に孤立無援になって心もズタズタなのに、さらに東平王の陰謀に巻き込まれてしまいます。白芷が一緒に働いているのがせめてもの救いなんですが、このドラマ突然大事な人が死んでしまうので、李常茹を疑う白芷も不安になります。なんとか早く誤解を取り除いて拓跋濬と未央が心から笑いあう場面が見たいです!!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です