王女未央-BIOU-あらすじ-43話-44話-45話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-王女未央-BIOU-あらすじ-43話-44話-45話-感想つきネタバレありでご紹介!-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
南安王の未央への求愛は続き、李常茹の未央に対する憎しみは増すばかり。そして今度は柔然の安楽王女というライバルまで現れます。邪魔な二人を省こうとする李常茹を未央は止められるのでしょうか・・?

【王女未央-BIOU】(ネタバレあり)

王女未央・第43話

李常茹は李未央が安楽王女の陰口をたたいたという噂を流し、それを知った安楽王女は怒って浣衣局を荒らします。何故そんな噂が流れたのかをいぶかる李未央。宮中で李常茹と会った李未央は、李長楽が罪から逃れるために白芷が殺されたときに李常茹も宮中にいたと言っている、という嘘を言います。李常茹を疑う李未央はそうやって李常茹の出方を見ようとしたのでした。

さすがに未央も李常茹を疑っているようですね。妹のような李常茹を敵とみなしたくない気持ちが十分にあるものの、いつまでも李常茹の罠にはまっているわけにもいきません。しっかり現実を見て欲しいです!

李常茹は未央が安楽王女と険悪な仲であるよう仕立てて、南安王の妃になる安楽王女を殺しその罪を未央に着せようとします。そして南安王の愛情を自分に向けようとするのでした。
李常茹は安楽王女が一人きりになったところを襲わせ、未央を呼び出し罠にはめようとします。しかし誘い出された未央は不審に思って途中で戻り、李常茹に出くわします。二人で少し話した後で浣衣局に戻った未央。
宮中は安楽王女が行方不明になったことで大騒ぎになります。殺された王女の遺体が発見され、傍に落ちていた浣衣局の札からまた未央が疑われるのでした。
安楽王女がいなくなった時に李常茹と会っていた未央は李常茹の証言があれば無実となります。でも李常茹は未央とは会っていなかったと言い、李長楽とともに未央を陥れるのでした・・。

王女未央・第44話

安楽王女を殺した罪で斬首されることになった未央。投獄された未央の元に拓跋濬がやってきます。出ていってと拓跋濬を拒絶する未央。しかし拓跋濬は未央を強く抱きしめるのでした。そして未央に自分の本当に気持ちを打ち明けます。未央はこれまで拓跋濬が自分を陰で守ってくれていたことを知るのでした。

やっと未央に本当の気持ちを伝えた拓跋濬。そして南安王に対抗する力をつけるまで未央を傷つけたことを詫びます。自分のことを信じていなかったと思っていた拓跋濬がそうではなく、昔のままだったことを知った未央の嬉しそうな顔!ああやっと心が通じ合えましたね!この二人はこうでなくっちゃ!!

そして処刑の前日未央は改めて太武帝に尋問されます。李常茹は前と同じように未央とは会っていないと言いますが、新たな証人がやって来ます。それはなんと侍女の格好をした安楽王女その人でした。本当は安楽王女は死んでいず、好きな男性と駆け落ちするために宮中を抜け出そうとしていたのです。そして安楽王女は未央と李常茹がその日会っているのを見たと言います。李長楽も常茹とは会った時間が違っていたと言い、李常茹は太武帝に嘘をついた罪で処罰されることになります。しかし牢へ連れていかれる直前、李常茹は自分は南安王の子供を身ごもっていると訴え、子供を生むまで罪を容赦されるのでした。実は未央は李敏徳や安楽王女の協力で芝居を打ち李常茹の陰謀を暴いたのでした。

王女未央・第45話

未央は李常茹のところへやってきて、ずっと妹のように思っていたのにどうしてこんなことをしでかしたのか、と理由を問い詰めます。李常茹は南安王が未央を愛しているのが許せない、そしてこれまでしてきたことに後悔はないと告げるのでした。未央はこれで李常茹との仲も終わりだと言って部屋を出ていきます。

李常茹がしてきた悪事、太子妃や白芷だけでなく李敏徳の母親の周夫人の死にも関与していたことを聞き、もう情けをかける必要はなくなったと実感する未央。それでも仲の良かった時代を思い出し重いため息をつきます。こんな風に人に裏切られるのは辛い事ですね~李常茹も南安王のことが無ければこんなことにはならなかったのに、残念です!

未央は太武帝から罪を着せられて苦しめたことを謝罪されます。そして見事に自分で李常茹の陰謀を暴いたことを称賛され、太武帝つきの侍女へと昇格するのでした。

一方李敏徳は柔然の焦統領から魏の軍事機密六鎮防備図を盗み出し、魏を責めることを要求されます。自分の父親の柔然王の指示だとわかっていても戦いは魏や柔然の民を苦しめるだけと拒む李敏徳。しかし焦統領は未央の命を奪うと脅して李敏徳を従わせるのでした。

王女未央・第43~45話の感想

ついに李常茹のこれまでの悪事を知った李未央。李常茹に怒りをぶつけて縁を切ると告げますが、やはりこれまで姉妹のように接していた李常茹に裏切られたことは大きなショックでしたね。でも李敏徳や君桃が戻ってきて、拓跋濬と元の関係に戻ったことでこの衝撃も乗り越えられるでしょう。自分を誠実に愛してくれている人たちを大切にしてほしいですね。
でもまだ諦める李常茹ではありません。南安王も未央を娶ることを諦めていないし、これまで同様油断なく過ごすことが大事ですね。まだ李長楽もいるし、叱雲南も戻ってきたからにはまた一波乱二波乱起こるでしょうから。
それにしても李敏徳はどうするんでしょうか?二つの国の間で板挟みになって可哀想ですね。そして皇女拓跋迪との恋の行方は??







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です