王女未央-BIOU-あらすじ-52話-53話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-王女未央-BIOU-あらすじ-52話-53話-感想つきネタバレありでご紹介!-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
拓跋濬と未央は拓跋濬の父親、太子を殺した黒幕が南安王である証拠の帳簿を太武帝に渡します。けれど太武帝は南安王の配下の相愛に刺されて亡くなってしまいました。そして拓跋濬は逆賊として捕らえられ、未央は南安王拓跋余の手中に・・。窮地に陥った二人を救う手立てはあるのでしょうか??

【王女未央-BIOU】(ネタバレあり)

王女未央・第52話

未央は瀕死の太武帝から拓跋濬に王位を譲るという遺詔を聞きます。しかし南安王は李家の祖母と母親の七姨娘、そして従妹の李常喜を未央の前に引き出して殺すと脅し、未央に南安王に譲位するという偽りの遺詔を公にするよう迫るのでした。

李家のおばあ様、未央の母親の七姨娘はわかりますが、仲の良くない李常喜までが囮にされるとは?李常喜って以前川に落とされたり、頬に傷をつけられたり、今回は南安王に腕を切られるしで、なんだか可哀想な役まわりですね~。まあ考えてみるとそもそも李家と未央は別に血のつながりはないんです。それにしても家人がさらわれてるのに李蕭然は何をしているんでしょうか?南安王のする事だから手出しができないってことなのかな??

太武帝の崩御後、南安王は高陽王、拓跋濬が柔然と結託して魏に謀反を起こそうとしたことで投獄したと発表します。そして高陽王妃李長楽がその証拠となる文(ねつ造した偽物)を携えて現れ証言するのでした。更に南安王は太武帝の最期を看取った未央に、太武帝の遺詔が自分への譲位だったことを告げさせ、自分が王位に就くことを強硬に臣下に納得させるのでした。
未央は拓跋濬がどうなっているのかわからず、気が気でありません。そんな未央に王妃になれと詰め寄る南安王。未央が南安王の冷酷さを非難するとまた李家の祖母たちを連れてきて脅しをかけるのでした。

李家の人間を盾に未央に脅しをかける南安王。でも李長楽こそが李家の本当の血縁なんですよね。勅令で李家の三人は解放されますが、李長楽が南安王に願い出たことなら李長楽も時にはいい事をしますね!まあ当然のことなんですが・・。

皇宮から出る李家の三人。未央は七姨娘に秘密裡に手紙を託します。その手紙は李常喜から李敏徳たちと一緒の君桃に届けられるのでした。そして李長楽から恨みの拷問を受ける拓跋濬に会った未央は、彼の命を助けるために南安王の王妃になることを決め、拓跋濬に別れを告げるのでした。

王女未央・第53話

未央の父親の汚名をそそぐ、李家を利用しない、拓跋濬を解放するという3つの条件を南安王が飲むことで婚姻を承諾した未央。しかし李長楽の激しい拷問を受けるなかで拓跋濬は正気を失ってしまいます。そんな狂気の沙汰の拓跋濬を見ても演技だと信用しない南安王。李長楽の侍女紅羅から譲られた叱雲家の毒薬を拓跋濬の前に差し出します。すると飴だと叫んでぺろりと飲んでしまう拓跋濬。一か月後に効くという毒薬を飲んだことでさすがに南安王は安心し、拓跋濬を解放するのでした。

李長楽の自分を愛さなかった夫への凄まじい拷問で正気を失った拓跋濬。にやにや笑ってみたり、自分の靴を放り出して剣がなくなったと泳ぐふりをしたりする様子がなんともコミカル!まるでジャッキー・チェンの映画みたいで深刻な場面なのについつい笑ってしまいます・・

未央が南安王の王妃になる日が近づきますが、李長楽は李常茹に呼ばれて山里の小屋へ。出産間近の李常茹は南安王の妃になる未央を自分の手で殺したいと李長楽に訴えます。王妃として権力者になる未央は李長楽を絶対許さないと言う李常茹。そして李長楽は出産を終えた李常茹を秘密裡に皇宮に住まわせます。
実は李長楽は紅羅に命じて未央の食事に毒を入れていました。この毒は拓跋濬が飲んだ毒と同じで解毒剤は一錠しかなく、李長楽は未央が一か月後に死んだとき、その罪を李常茹に着せようとして李常茹を皇宮に入れたのでした。

そして一か月後南安王と未央の結婚式が執り行われます。しかし途中で拓跋濬と李敏徳たちが現れ、南安王との戦いになります。拓跋濬と南安王は激しく争い、剣を飛ばした南安王は手を伸ばして取ろうとしますが、未央がその剣を更に遠くへと飛ばします。未央の裏切りを知る南安王・・そしてついに拓跋濬が南安王を制圧するのでした。未央は先帝が王位を譲ったのは南安王ではなく拓跋濬だったと大臣たちに告げ、臨終の際先帝から秘密の抜け道を教えられ、その道から拓跋濬達はここへやってきたと言うのでした。
しかし捕らえられた李長楽は二人とも同じ毒で犯されていると笑います。一粒しかない解毒剤・・拓跋濬は自分は飲んだと嘘をついて未央に渡すのでした・・。

王女未央・第52~53話の感想

未央は南安王の王妃になってしまうのか??と思われた矢先やっぱり戻ってきた拓跋濬!牢獄でひどい拷問を受けて気が違ってしまったと思いましたがそんなことはなかった。南安王も倒してめでたしめでたしになるかと思いきや、二人とも毒を飲まされて解毒剤は一錠しかない。自分よりも相手に譲ろうとする二人・・しかし拓跋濬は自分は飲んだから、と未央に飲むように催促します。そんな二人の愛の深さに黙り込む南安王。でもこのまま拓跋濬は本当に死んでしまうのでしょうか?二人永遠に一緒だと誓い合ったのにそれも空しくなってしまう・・なんて皮肉な運命!でもまだあと一話ある!きっと二人は運を切り開くはず。今までそうやって戦ってきたのだからきっと大丈夫ですよね!!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です