瓔珞-エイラク-10話-11話-12話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-瓔珞-エイラク-あらすじ-10話-11話-12話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

エイラク

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
妊娠している愉貴人や瓔珞を殺そうとしたり、その罪を皇后になすりつけようとしていた高貴妃。相当、あくどいですよね・・もう顔が意地悪にしか見えないww絶対に皇后よりも自分の方が上だと思っていそうで、傲慢な態度に毎回腹が立ちます!!

今回は10話からお伝えしていきますね♪

【瓔珞-エイラク】(ネタバレあり)

10話

瓔珞は傅恒に「阿満」の事を知っているかと聞いたが、知らないと言われたこと、しかし「阿満」という名前を聞いた時、表情がかすかに変わったことに気付き、なぜ知らない振りをするのか疑問に思っている様子。
同時に姉の死と関係しているのではと疑っている。
瓔珞は傅恒が殺したと思っているようですね・・

ある日、毎日、精神状態が不安定な愉貴人の心配や、乾隆帝が政治で忙しく愉貴人に会いに行っていないことを話している皇后や瓔珞。
そこに、突然、乾隆帝がやってくる・・瓔珞に話しを続けよと話すと「陛下は毎日、政にいそしまれています。あまりにお忙しいため、後宮への足が遠のき、妃嬪は寂しい思いをする。天かと民を思い、妃嬪には無情なのが明君でありましょう」と話す瓔珞。
瓔珞は乾隆帝の気分を損ねぬよう、嫌みを言ったのでしょうね~ww

すると「その声聞いたことがあるぞ!・・あの時の女官だ」と瓔珞に気付いた乾隆帝。
慌てて、挨拶をし、その場を去る瓔珞・・「瓔珞は聡明で心強い女官です。私に免じて許してやってくれださい」とお願いする皇后。
しかし、瓔珞がこんなに早く出世したことに何かを企んでいるのでは・・と心配している乾隆帝。

寒さが厳しくなり、豚の膀胱で作った湯たんぽを傅恒に渡す瓔珞。
最初は嫌がっていたものの、受け取る傅恒・・しかし、それを同僚の侍衛、海蘭察に見つかり、冷やかされてしまう。その上、「貸せよ」と湯たんぽの取り合いになり、膀胱が破裂し、熱湯が蘭察にかかってしまう。
昔は豚の膀胱で作っていたのでしょうか・・丈夫そうだけど・・ちょっと抵抗がww

そこで傅恒は瓔珞を呼び出す。
瓔珞は傅恒を驚かそうと後ろからそっと近づく・・すると急に傅恒が振り向き、驚いた瓔珞と共に抱き合いながら、転倒してしまう。
恋が始まる時に起こるハプニングwwですが傅恒が敵ですもんね・・

慌てて立ち上がる2人・・すると「豚の膀胱で負傷させたのはわざとなのか?」と同僚が怪我したことを伝えると「若様(傅恒)じゃなくて良かった」と安心する瓔珞。
「考えすぎか・・」と去って行く傅恒を見ながら「悪運の強い男・・次はそうはいかない」とやはり瓔珞の仕業の様子。
瓔珞は少しずつ、傅恒を痛めつけようとしているのかな?

一方、牢獄にいる弟が病にかかっていると聞き、お金を調達して欲しいと母に頼まれた嫻妃。そこで自分が嫁いだ時に持ってきた装飾品を売ろうと考え、侍女たちに持ち出すよう頼む。

しかし、その事に気付いた高貴妃が待ち伏せに「紫禁城には掟がある。宮中の財物を持ち出すことは大罪。誰の装飾品であろうと、宮門をくぐれば紫禁城の財物となる」と厳しく言い放つ。
事情を話し、大目に見て欲しいと頼む嫻妃・・すると態度で示せと勝ち誇った表情の高貴妃に、膝を曲げ「高貴妃様のお慈悲に請います」と話す嫻妃・・。
高貴妃は本当に嫌な女ですね~

「これからは姉妹のように助け合いましょう」と話す高貴妃に「それはまた別の話」と断ると、考えを一変し「持ち出した財物は掟に沿って、処分する」と去って行く高貴妃・・。

11話

落ち込み、外に出ない愉貴人を心配した皇后は御花園へ行こうと誘い出す。
しかし、御花園にはすでに高貴妃が愛犬を連れて、散歩に来ていた・・。
犬が苦手な愉貴人にわざと近づける嘉妃・・すると、付き添いで来ていた瓔珞が犬を蹴り飛ばし「陛下のお子を宿しおられる愉貴人に万が一の事があれば、飼い主である高貴妃様が罪に問われることに」と高貴妃を思ってやったことだと話す。
皇后も瓔珞の言う通りだと高貴妃に注意をする。
犬が一番可哀そうです・・

その事件依頼、寝付きの悪い愉貴人に“真珠粉”を瓔珞に届けさせる皇后。
ある日、いつものように届けると愉貴人の侍女、芳草の爪に黄色の粉が詰まっているのを発見する瓔珞・・「真珠粉は白いのに・・」と不審に思い、芳草を問い詰めると、母親が病気で治療費がなく、真珠粉を貝殻粉にすり替えたと白状する。

信頼している芳草を許そうとする愉貴人。
しかし「貝殻粉で作った丸薬の表面を白くし、本物と区別できぬように細工が・・。何を混ぜたの?」とさらに問い詰める瓔珞。
すると「・・怡嬪様の死後、愉貴人様は陛下の寵愛を争うこともなさいません。“愉貴人は皇子を産んでも寵愛を受けられず、奴婢も冷遇される”と嘉嬪様が・・」と白状する。
信じている侍女に裏切られるなんて、愉貴人が可哀そうです・・

どうやら染料を混ぜた様子・・お腹の子に影響を与える染料を入れたことを注意する瓔珞。
そこで「この裏切者は手元に残し、毒を服用している振りをし続けてください」と愉貴人を説得し、なにやら考えている様子の瓔珞・・。

皇后が開く茶会当日。
「福建より荔枝が献上されたので、皆さんも是非ご賞味を」と乾隆帝に贈られた荔枝を振る舞う皇后。

一方、嘉嬪がここで芳草に貝殻粉を渡すつもりのようだが、何やら企んでいる様子。
「すべてが順調に進んでいる」と高貴妃に報告する嘉嬪・・。

12話

茶会には乾隆帝も参加している様子。
荔枝の世話を任されていた瓔珞・・しかし何者かによって熱湯がかけられ、落果していた。
そこで瓔珞は策を考える・・。
嘉嬪の仕業なのでしょう・・

一方、茶会では皇后が誕生日に般若心経が彫ってある如意棒を贈ってくれた嫻妃を褒め、恩賞を贈ることに。
お金の工面に苦労していることを知っていた皇后の気遣いだった。
皇后は自分の損得を考えずに行動できる素敵な女性ですね♪

その頃、瓔珞が高貴妃を恐れ、茶会に出席していない愉貴人の元へ。
行きたくないと拒否する愉貴人に「怖がるほど、相手は図に乗るものです。お子のためにも、怡嬪様のためにも、自ら武器を取り、敵と戦うのです!」「あなたの弱さ、あなたの涙、お腹の子、全て武器です。やり返すなら今日しかありません」と諭す瓔珞。
瓔珞は一体何をしようとしているのでしょうか?

愉貴人を連れ、茶会に登場する瓔珞。
「皇后様、(荔枝を)お摘みください」と布をかぶせたものを差し出す瓔珞。すると中には高貴妃の愛犬が・・暴れ出す犬・・怖がる愉貴人。
犬が果実を食べたことにしたんですね!

すると「御花園での一件では物足りず、私を殺すおつもりですか?」と高貴妃に言う愉貴人・・「何の話だ」と食いつく乾隆帝。
すると純妃が全ての事情を話し、愉貴人が眠れないほど病んでいると話す。
乾隆帝の前、高貴妃も嘉嬪も下手な真似は出来ませんよねww

「陛下、お助け下さい。このままでは、私も子も命を落としてしまいます」と泣きながら、懇願する愉貴人。
・・乾隆帝の前に跪き「私には何のことだか分かりません。聞き分けの良い犬ですし、御花苑での事は誤解です」と釈明する高貴妃。
すると「荔枝の実が落とされても、誤解だと?犬を放たぬよう忠告したのに・・陛下の贈り物を台無しにするなんて」と怒る皇后。
皇后もナイスアシストです!

そこに「私が犬を見張るように言われていたのに・・全て私の責任です」と嘉嬪が出てくる。皇后は嘉嬪と高貴妃に、愉貴人への謝罪をするよう求める。
嫌々ながらも、愉貴人に謝罪する2人・・その結果、嘉嬪は嘉貴人に降格する。
瓔珞は果実の事も、愉貴人の事もすべて解決しましたね!

その後、全ての経緯を皇后に説明する瓔珞。
すると「聡明なあなたに教養と礼儀を教えてあげましょう。天性の才能と賢さを無駄にしてはいけない」と話す皇后。

高貴妃の犬を殺処分するよう李玉に命じる乾隆帝。
しかし李玉は蘭察に頼んでしまう・・それを知った瓔珞は「恨みを晴らしてから殺す」と引き取りたいと申し出ると犬を渡す蘭察。

その後「証拠として毛皮を持ってきました」と犬を殺し、埋めたと話す瓔珞。
しかし、その毛皮の一部に黒い斑点が・・不審に思う傅恒・・。

瓔珞〈エイラク〉~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ 10話・11話・12話 感想

煌びやかな世界だけど、いつも誰かが自分の命を狙っている状況の宮中・・なかなか心休まる時なんてなさそうですね~。高貴妃のような傲慢な人物がいると瓔珞のように賢く立ち回らなければ、速攻で始末されてしまいそう・・。本当に怖い世界だなと見ながら、何度も思ってしまいます。
そんな中、本当に瓔珞は度胸と才能、頭の良さでうまくピンチをチャンスに変えているようです♪皇后の信頼もかなり厚いようなので、もっと出世しそうな予感がしますよね!




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です