瓔珞-エイラク-43話-44話-45話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-瓔珞-エイラク-あらすじ-40話-41話-42話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

エイラク

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
瓔珞は皇太后に気にいられ、侍女から貴人に昇格しましたね♪
貴人になった今、乾隆帝と夜を共にすることは逃れられないでしょうが、きっと瓔珞には何か企んでいることがあるはず!自分の欲のために皇后や永琮の命を奪った奴らに制裁を加えて欲しいです。

今回は43話からお伝えしていきますね♪

【瓔珞-エイラク】(ネタバレあり)

43話

人が変わったように調子に乗っている純貴妃を抑え込むために、瓔珞が貴人になったことを喜ぶ嫻皇后。
そこで瓔珞に延禧宮が与えられるも、掃除の行き届いていない荒れた宮だった。

瓔珞の元に4人の大艦と4人の侍女が・・その中には皇后に一緒に仕えていた琥珀もいた。
しかし「陛下に寵愛を受けていない妃嬪だから恐れることはない」と憎まれ口を叩く琥珀・・「皇后様がいない今、慎重にならなければ」と琥珀の嫌味にも耐える瓔珞。
琥珀は瓔珞を馬鹿にしているようですね~

ある日、明玉を連れ、皇太后の元へ行く瓔珞。
そこで変装して、皇太后に面白い話を披露する瓔珞・・喜ぶ皇太后・・そこに乾隆帝がやってきて「はしたない」と瓔珞を追い返してしまう。
しかし、皇太后は瓔珞を気にいっている様子。
皇太后は今までにいないタイプの瓔珞を気にいっている様子♪

それ以降も皇太后に会いに行く瓔珞・・そこでいつも乾隆帝にすれ違うも、瓔珞を相手にしない乾隆帝。
すると瓔珞は「今日は風邪気味だから休む」と皇太后のところへ行かないことに・・。
瓔珞の作戦でしょうか?

一方、瓔珞は琥珀の持ってきた薬を飲もうとするも熱くて飲めない。
すると「文句があるなら飲まないで」と取り上げる琥珀・・それを見舞いに来た乾隆帝に見られてしまう。

「魏貴人は女官の出身だが、朕の貴人だ。侮辱は許さぬ」と杖刑80回の罰と辛者庫送りを命じる乾隆帝・・連行される琥珀。
そんな罰を受ける琥珀を見ながら「無礼を働けば、同じ目に遭うわよ」と他の侍女たちに忠告する明玉。
瓔珞の作戦勝ちですね!乾隆帝の嫉妬を勝ち取ることが出来ましたね!

ある夜、瓔珞の元を訪れる乾隆帝。
月を眺める瓔珞の元へ近づき、抱き寄せ、唇を重ねる乾隆帝・・そのまま一夜を共に過ごすことに。

部屋に戻ってきた瓔珞・・明玉は自分のせいで瓔珞を紫禁城に閉じ込めることになったことを悔やんでいる様子。
「強くなって、あなたの右腕になる。何でも協力する」と瓔珞が寵愛を受けたことを喜び、誓う明玉。
その後、3夜連続で瓔珞の元へやってくる乾隆帝・・。
乾隆帝は瓔珞の虜になった様子

44話

ある日、嘉嬪は乾隆帝に「新参者の魏貴人が陛下の寵愛を受け、私に盾突くのです」と嘘を言い、泣きつき、瓔珞は傲慢だと文句を言い始める。
そんな嘉嬪を慰め、なんとか帰らせる乾隆帝・・乾隆帝は瓔珞を夜を過ごす妃嬪から外すよう命じる。
嘉嬪の言葉を信じてしまう乾隆帝・・

一方、瓔珞はブランコを作らせ、庭で楽しそうに過ごしている。
そんな瓔珞を見た乾隆帝は、会わずに帰ってしまう・・明玉が乾隆帝が来たことを知らせるも気にせず「もっと押して!」とブランコを楽しんでいる瓔珞。
瓔珞は乾隆帝を相手にしないのは、なぜでしょう?

屋敷に戻っても苛立っている乾隆帝の脈を測ろうとする葉天士。
しかし、機嫌が悪く、診察を拒否する乾隆帝・・すると「膝にひどいあざがあるのに、診察させてくれない魏貴人と同じですね」とつぶやく葉天士。

その言葉に驚き、事情を聞くと「魏貴人は嘉嬪様に罰せられ、2刻も跪いておられ、膝を痛めて長らく療養されておられた」と話す葉天士の言葉に驚く乾隆帝。
・・その後、乾隆帝は瓔珞に贈り物をし、濡れ衣を着せたことを謝罪するも、皇帝という立場もあるので、瓔珞から訪ねて来て欲しいと李玉に伝言させる。
しかし、風邪が治っていないので無理だと明玉が口を挟み、瓔珞も気のない返事をする。
このままでは乾隆帝に愛想をつかされるのでは?

その事を報告すると激怒する乾隆帝。
そんな瓔珞を見て「一旦、寵愛を失えば、どうなるか‥楽しみね」と高笑いする嫻皇后。
一方、純貴妃も瓔珞が作戦を失敗させたと喜んでいる様子。

ある日、瓔珞に贈った絵が皇太后の元へ、瓔珞から贈られたと知り、激怒した乾隆帝は瓔珞の元へ。
会うなり、「濡れ衣だったのなら弁解すればいいものの、冷遇されたと朕を責めるのか」「妃嬪や皇后でさえも、朕に従順なのに気まぐれな行動を取るのは朕の気を引くためだろ」と怒りをぶつける乾隆帝。

「お見通しなら、なぜお怒りなのですか?」と話す瓔珞を布団に押し倒し、首を絞めようとする乾隆帝。
すると苦しそうにしだす瓔珞・・慌てて「痛かったか?」と手を離す乾隆帝・・瓔珞は笑い出し、乾隆帝をからかった様子。
「これ以上、怒らせたら容赦しない」と怒る乾隆帝の頬にキスをする瓔珞。
部屋から出てきた乾隆帝は「魏貴人を魏嬪に昇格。嘉嬪を1か月謹慎“女則”の書写を100回」命じる。
瓔珞の作戦勝ちですね・・乾隆帝は瓔珞にどんどんはまっている様子・・

戦から無事に帰ってきた傅恒・・爾晴は子どもを産んでいたものの、その子どもを見ようとも抱こうとしない。
そんな爾晴は「瓔珞は陛下の令嬪よ」と傅恒に言い放つ・・急いで皇宮へ急ぐ傅恒。
・・輿に乗る瓔珞を見た傅恒は爾晴の話が本当だったことを知り、涙を流す。
今更、後悔しても遅いのでは・・

屋敷に戻った傅恒は戦で勝利をおさめ、瓔珞を取り戻すつもりだった様子。
そんな傅恒を心配している青蓮・・すると「姉上が言っていた。必ず後悔するだろうと・・後悔しても仕切れぬ・・」と嘆く傅恒。

45話

純貴妃の元を訪れる乾隆帝。
そこで傅恒の功績を褒め「令嬪(瓔珞)にも褒美を。傅恒とは侍女時代、親しかった様子・・きっと心配していたでしょうから」と乾隆帝に話す純貴妃。
それを聞いた乾隆帝は怒って帰ってしまう・・純貴妃の作戦だった様子。
純貴妃、腹黒くなりましたね~

一方、嘉嬪も「令嬪は不貞を働いています」と追い打ちをかけるように乾隆帝に言うとさらに激怒してしまう。
嘉嬪は「陛下は令嬪への怒りを私にぶつけただけ。最愛の寵妃を臣下に奪われて黙っていると思う?」と侍女につぶやく。

その後、嫻皇后の元へ行き、瓔珞と傅恒の話を聞く乾隆帝。
すると「元皇后の崩御以来、令嬪と傅恒殿は会っていません。陛下の妃嬪となり、慎重に行動しています」と話す嫻皇后。
すると「今後、この話題を口にした者は打ち殺す」と言い、去って行く乾隆帝。
・・「純貴妃に最強の敵が現れたようね」と笑う嫻皇后。

御花園で散策をしていると前から傅恒が・・逃げては噂になるだけと堂々としている瓔珞。
「今後、あなたとは関わりたくない」ときっぱり話す瓔珞・・しかし諦めきれない様子の傅恒。そこに、2人が一緒にいることを知っている純貴妃が乾隆帝を誘い、やってくる。
その光景を見た乾隆帝は激怒し、帰って行く。
純貴妃の作戦はうまくいくのでしょうか?

純貴妃は皇太后のために、思い出の江南の町を宮中に再現する。
太監や女官たちが民に扮し、賑わいを見せている様子・・そんな街中を散策していると瓔珞が民に扮し、お酒をふるまっている。

驚く乾隆帝や皇太后・・しかし「こんな考えを行動に出来るのは令嬪だけね」と笑い、楽しそうな皇太后。
そんな瓔珞から目を離せない乾隆帝は「酒代だ」と自分の王佩を渡す。
怒りながらも乾隆帝は瓔珞が気になって仕方ないのですね

その夜、瓔珞の元へやってくる乾隆帝。
瓔珞は跪き「陛下は女狐に夢中で私のことなど眼中にありません。陛下を愛するが故に罪を犯したのです。令嬪はクチナシの花が好きだとか。そして傅恒もクチナシの花がお好き」「あの2人は男女の仲に違いないのに、陛下は令嬪をご寵愛に」と嫻皇后の真似をする。
一体なんの真似でしょう?

次は「令嬪と傅恒は顔見知り。偶然会って、話していただけ。好きだったとしても過去のことですわ」と純貴妃の真似をする瓔珞。
瓔珞の真似に「後宮に入って間もないのに、よく把握しておる。確かに皆そのようなことを話していた」と話す乾隆帝。
全て妃嬪たちの陰謀だと伝えたかったんですねww

瓔珞は乾隆帝の膝に手を乗せ「私を信じていただけますか?でないと、いくら私が強くても噂に潰されてしまいます」と・・。

瓔珞〈エイラク〉~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ 43話・44話・45話 感想

貴人から令嬪に・・どんどん昇格していく瓔珞!あんなに瓔珞を嫌っていた乾隆帝を虜にさせるとは!そのテクニックを伝授して欲しいくらいですww
それにしても傅恒に嫉妬したり、夜は瓔珞の元へ連夜行くなど、かなり瓔珞のことを寵愛しているようですね♪きっと乾隆帝にとって、瓔珞は今までの妃嬪とは違うのでしょう・・これから瓔珞が力をもっとつけていくのも時間の問題かもしれませんね。
静かに準備をし、機会を狙っている瓔珞の復讐劇がそろそろ始まりそうな予感です!




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です