瓔珞-エイラク-46話-47話-48話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-瓔珞-エイラク-あらすじ-46話-47話-48話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

エイラク



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
乾隆帝から寵愛を受ける瓔珞。あんなに嫌っていたのに、あれよあれよという間に、瓔珞の虜になり、嫉妬心を爆発させる乾隆帝・・あんなに愛されてみたいものですね~ww
さぁ、瓔珞は乾隆帝の心を掴みとることは出来るのでしょうか?

今回は46話からお伝えしていきますね♪

【瓔珞-エイラク】(ネタバレあり)

46話

皇太后のために江南の街並みを再現した純貴妃。
しかし、そこに商品として並べられていたのは、皇太后や皇后、そして妃嬪たちが盗まれたと思っていた盗品があった・・「何も知らない」と話す純貴妃に「誰かに指示したのでは?」と疑う妃嬪たち。

すると「準備で忙しい中、純貴妃様もお気づきにならなかったのでは?」とかばう瓔珞。
・・このままでは皇太后の信頼を失ってしまうと悩む純貴妃に「私がいつか瓔珞を懲らしめます」と何やら企んでいる様子の愉妃。
・・盗品を紛れ込ませたのは、瓔珞の指示で行った小全子の仕業だった。
瓔珞は純貴妃を陥れるために純貴妃側だった小全子を自分の味方につけたようですね!

一方、爾晴の息子、福康安を少しずつ可愛がり始めた傅恒。
そこで爾晴は傅恒との関係を修復しようと、夜、傅恒の寝室へ忍び込むことに・・。
「復讐は果たしたわ。これからは嫁として、妻としての務めを果たす」という事を聞くから、傅恒との子どもを授かりたいと訴える爾晴。
しかし「君は道を踏み外した。もう富察傅恒の妻ではない」と去って行く傅恒・・。
この夫婦がいつか夫婦として成立する日がくるのでしょうか?

富察皇后の忌日。
瓔珞は弔いにやってきた傅恒を呼び止め、話をすることに。
「昔のことは忘れたわ。もう都を離れたら?」と話す瓔珞に「都にいれば、君が困っている時にいつでも助けられる。何をしようとしているか分からないが、君が幸せであること、思いのままに生きること・・それが姉上の願いだ」と言葉を掛ける傅恒・・。
傅恒は今も瓔珞を想っているんですね・・

するとそこに乾隆帝と嘉嬪がやってきて「令嬪は今もなお未練があるようです。富察皇后様を弔う日に逢引きなと不届き者だわ」と非難する。
そして傅恒の足元に落ちていた簪を見つけ「動かぬ証拠よ」と強気な嘉嬪・・。
嘉嬪が瓔珞を陥れようとしているようですね・・

すると瓔珞が突然笑い出し「芝居が下手すぎて見ていられない」と言って、小全子を呼ぶ。
・・小全子は「これは全て嘉嬪様の企みです。令嬪様の簪を盗むよう指示されました」と乾隆帝に自白する。

否定する嘉嬪・・しかし乾隆帝は「今日より、嘉嬪は儲秀宮に幽閉する」と命令し、去って行く。
嘉嬪は「陛下は逢引きを目撃した。瓔珞・・お互い再起は望めないわ」と言い放つ・・。

47話

乾隆帝は嫉妬から、瓔珞に冷たい・・するとそれを不安に思った侍女や大艦たちは他の部署へ移る・・それだけでなく、食事も粗末になっていき、瓔珞への待遇は悪くなる一方。
瓔珞はこのまま乾隆帝に見捨てられてしまうのでしょうか?

そこに純貴妃が訪れ、嫻皇后から頼まれた刺繍を仕上げて欲しいと瓔珞に依頼する。
ひと月の間に仕上げることを条件に引き受ける瓔珞・・。
その後、見事な観音像の刺繍を仕上げ、純貴妃は皇太后へ渡しに行く・・その刺繍を見た皇太后や乾隆帝は、感嘆し、繍坊の女官に褒美を与えることにする。どうやら瓔珞が刺繍したことは隠している様子の純貴妃。

今もなお、瓔珞を恨んでいる弘昼は、瓔珞や明玉に嫌がらせをする。
「令嬪といえど、陛下の寵愛を失えば、野良犬同然だ」と全く反省していない弘昼・・そこに傅恒がやってきて、「功績を重ね、陛下の信頼を取り戻したのに、また昔に戻りたいのか!」と止めに入る。
しかし「いつまで瓔珞を守れるかな」と去って行く弘昼・・。
弘昼はまた何をしでかすか分からないですね・・

純貴妃に般若心経の刺繍を頼まれた瓔珞は、冷遇されているため、火鉢もなく、寒くかじかむ手を温めながら刺繍をしていた。
そんな瓔珞を遠くから見ている乾隆帝・・。
瓔珞には会わずに帰ってきた乾隆帝だが、灯りや布団を瓔珞の元へ届けるよう指示する。
乾隆帝はやはり瓔珞を想っているものの、嫉妬していることを認めたくないようですねww

瓔珞から布団などのお礼がないことに苛立つ乾隆帝。
そこで瓔珞を呼び出すも宮殿にはいない様子・・すると乾隆帝の傍にいた大監が「お会いしとうございました」と抱きついてくる。
今までやられっぱなしだったのは、すべて瓔珞の思惑通りだったようですね~

驚く乾隆帝・・その大監はなんと瓔珞だった様子。
瓔珞を膝の上に乗せる乾隆帝・・「陛下、過去は過去、今は今・・とお考え下さい。陛下の女子となった以上、決して陛下を裏切ることは致しません」と話す瓔珞・・。

48話

瓔珞は乾隆帝に「私の主は生涯ただ1人です・・夫も1人です」と話し「けれども、私をまた疑うようなことがあれば、陛下には二度と会いません」と強気な発言をする。
乾隆帝は「朕にそんな口を利けるのかそなたぐらいだ」と言うと「私は唯一無二の存在です」と話す瓔珞・・。
瓔珞は嘉嬪や純貴妃にやられているように見せかけて、乾隆帝にとって唯一無二の存在になるために仕組んでいた様子

そして、荒れている手を見せ「冷遇されたせいで皆に嫌がらせをされました」と話す瓔珞。
乾隆帝は瓔珞の手を包みながら「約束する。今日より、そなたを誰にも虐めさせない」と話し、瓔珞の悪い噂を流したやつも死罪にすると話す。
きっと乾隆帝も瓔珞の作戦に気付いているんでしょうが、それがまた心地いいのでしょう・・

その後、乾隆帝にありのままの感情を出し、接する瓔珞。今までの妃嬪なら殺されていてもおかしくないが、乾隆帝は瓔珞のそんな態度に寛大の様子。
その光景を見ていた李玉は「皆、陛下を至高の存在として崇めるが、令嬪様だけは接し方を変えない。感情のままに振る舞い、不機嫌な姿も見せる」と驚く。

乾隆帝の寵愛を受ける瓔珞に不満をあらわにする妃嬪たち。
しかし純貴妃は「皇后様は品位を保たねばならず、私たち妃嬪は陛下を楽しませねばなりません。その技量のない者が何を言おうと無意味です」と冷静に話す。
そんな純貴妃を褒める嫻皇后・・するとそこに瓔珞を「令嬪から令妃に昇格させた」との知らせが・・!
悔しさから手巾を握りしめる純貴妃・・ほくそ笑む嫻皇后。
瓔珞は今までの妃嬪とは違うやり方で、乾隆帝の寵愛を受けている感じがしますね!

ある日、福康安が溺れている所を助けた侍女の青蓮。
しかし爾晴は傅恒と青蓮の関係を疑っており「福康安を殺そうとした」と疑惑をかけ、屋敷から追い出すことに。
爾晴は相変わらずのようですね・・

その後、街で客を取れないと暴行を受け、逃げ出した妓楼と出会う傅恒。
その妓楼は実家に帰ったはずの青蓮だった・・青蓮を保護するも、自害しようとする青蓮。
・・「若様・・」と呼ぶ青蓮に「誠意を持って埋め合わせをする。他に望みがあれば言ってくれ」と話す傅恒。
すると「若様、手を握ってもらえませんか?」と手を出す青蓮・・その手を握る傅恒・・。

瓔珞〈エイラク〉~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ 46話・47話・48話 感想

瓔珞の最終目標は純貴妃や嫻皇后が思っているものよりも、予想外な所にありそうな気がします。乾隆帝に嫌われ、下手すれば殺されてしまうかもしれない行動で乾隆帝の関心を惹き、今までの妃嬪とは違う唯一無二の存在になることに成功した瓔珞・・もう乾隆帝は瓔珞なしでは生きられなくなりそうですね~ww奴婢から令妃にまで上り詰めた瓔珞・・今度はどこを目指しているのでしょうか?
そして、爾晴は相変わらず、嫉妬心にむしばまれているようですね・・。あんなに聡明な侍女だったのに。傅恒と夫婦になることは出来るのでしょうか?




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です