瓔珞-エイラク-58話-59話-60話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-瓔珞-エイラク-あらすじ-58話-59話-60話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

エイラク



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
乾隆帝の誤解を解くために慶貴人に手助けをしてもらった瓔珞・・そして皇太后とともに静養地へ向かった瓔珞・・なにか考えがあっての行動なのでしょうか?
嫻皇后のこのままやられっぱなしの瓔珞ではないと思っているので、今後の展開が楽しみですね♪

今回は58話からお伝えしていきますね♪

【瓔珞-エイラク】(ネタバレあり)

58話

乾隆帝に会わず、皇太后たちを乗せた馬車は走り去る。
そんな馬車の中で談笑中の皇太后と劉女官、そして瓔珞・・どうやら皇太后は病になった振りをして、嫻皇后の警戒を緩め、乾隆帝の同情を引くように仕向けた作戦だった様子。
そして瓔珞に「陛下が“会いたいのに会えない”と思うよう仕向けなさい」と再起を狙うよう助言をする皇太后。
嫻皇后よりも皇太后の方が上手だったようですね!

静養のためと称し、円明園へ向かった皇太后たちの様子を、月に一度、乾隆帝に知らせる瓔珞。
すると、ある月の手紙には「安」の一文字だけ・・気になった乾隆帝は李玉に探らせると瓔珞や皇太后が体調を崩していたと報告を受ける。

それから月日がさらに経ち、「妃嬪なら皇宮に戻られねばならない。先延ばしにすれば、本当に忘れられてしまう・・陛下が文の返事をよこさないのがなぜか考えなさい」と瓔珞に忠告する皇太后。
・・そんな時、傅恒が円明園にやってきて「彼女の出現で、君の今までの努力が水の泡になりそうだ。早く戻った方がいい」「美貌、忠誠、謙遜、正直、勇敢・・全てを兼ね備えた女子が陛下の傍にいる」と話す。
その女子とは湖広総監の娘で“沈壁”というらしい・・。
瓔珞よりも寵愛を受ける妃嬪が現れたということでしょうか?

皇宮に戻った瓔珞は嫻皇后の元へ。
すると嫻皇后は沈壁の話を始める・・「彼女の出自は名門。当初のあなた以上に寵愛されているわ。だから、あなたと結束して対抗するの」と瓔珞を取り込みたいと話す。
断り、出て行く瓔珞・・しかし「順嬪(沈壁)を見れば、おとなしく私に従うはず」と自信ありげな嫻皇后。
なんとも都合のいい話ww

瓔珞は楽しそうにお茶を飲む乾隆帝と沈壁の姿を目撃し、すぐに考え直し、嫻皇后の元へ。
「手始めに何をすれば」と協力することを申し出る瓔珞・・すると「あなたを昇格させる」と話す嫻皇后。
2人は「共に頑張りましょう」と結束することに・・。

59話

円明園で血の写経をし続けた瓔珞は、体力がなくなっている様子。
そんな瓔珞の腕に傷があるのを見た乾隆帝は写経を辞めるよう、命令するも「皇太后様との約束です」と従わない瓔珞。
この2人は素直になれないようですね~

続けて瓔珞は「今宵のお越しは誰もが知っています。このまま帰られては、私の居場所はなくなります」と言うと「今夜だけはここに泊まるが、期待はするな」と冷たい態度の乾隆帝。
乾隆帝は本当に瓔珞への気持ちがなくなってしまったのでしょうか?

・・乾隆帝の寝床に「ねずみが出た」「足が冷える」とあれこれ言い訳をし、忍び込む瓔珞・・しかし冷たい反応の乾隆帝。
すると瓔珞は乾隆帝に抱きつき「私の母のように難産で命を落とすかもしれないと思うと、子を産むことが怖くて、避妊薬を飲みました」と話す。
その事は理解してくれた様子の乾隆帝だったが、本当は一番聞きたいことがある様子。
一体何が聞きたいのでしょうか?

瓔珞は順嬪の教育係に任命された様子。
すると「陛下は欲しいものを何でもくださる。でも、私は宮殿を出たいの・・宮殿の外に出たいと言ったら、許されると思う?」と無邪気に聞く順嬪。

そこで順嬪から帯飾りを見せられ、乾隆帝が“静影沈壁”と自ら彫ってくれたと聞く瓔珞は機嫌が悪くなり、帰ろうとする。
すると「この帯飾りのせいで怒ったの?」と聞く順嬪に「あなたが嫌いなの」と答える瓔珞。
しかし「話し相手が欲しいの。見せびらかすつもりではなかった」と話す順嬪・・順嬪は瓔珞と仲良くなりたいと思っている様子。
順嬪はなんだか思っていたよりも、良い子そうですね♪

和安公主の法要に合わせて、皇太后が皇宮に帰ってくる。
そこに妃嬪たちが写経したものが次々と祭壇に供えられる・・順嬪も自分の写経を供えようとした瞬間、祭壇の花が燃え始め、その火は祭壇へ・・。

すると薩満は「皇太后様は公主の浄土への転生を念じ、功徳を積んでこられました。しかし、その転生が叶うという時、この妖魔が台無しに」と順嬪を指さす。
嫻皇后の仕業でしょうね

「でたらめです」と訴える順嬪・・しかし、妃嬪たちは「妖艶すぎる美貌で陛下を惑わした。人ではない」「情けは無用。今後も災いが起きるかも」と煽る。
・・皇太后は太監に連れていくよう命じるも「私は血の通った人間です」と訴える順嬪。
そんな順嬪の顔を見た皇太后は「ついてきなさい」と・・。
今の時代では考えられないですが、この時代では死罪になりうる可能性も・・

皇太后は部屋に入り、順嬪に生年月日を尋ねる・・その答えを聞いて驚く皇太后。
・・皇太后は瓔珞に「和安公主が病になった時、私は各寺を訪ね、病の治癒を願い、私の寿命を10年ささげると誓った。するとある僧侶から“体に印を残せば、来世で再び巡り会える”と言われ。公主の唇の下に刺し傷を2つ開けた・・その傷が順嬪にもあった」と転生だと話す。
公主の生まれ変わりが、順嬪だということでしょうか?

「転生などあり得ぬこと」と否定する瓔珞・・そこに乾隆帝が順嬪の安否を心配して、息をきらしやってくる。
「沈壁は妖魔などではない」と主張する乾隆帝は、順嬪を連れて出て行こうとする・・そんな2人を呼び止める皇太后。

60話

皇太后は順嬪に「初対面とは思えぬ。これからも遊びに来て、話し相手になっておくれ」と話す・・「喜んで」と答える順嬪。
しかし、乾隆帝は祭祀を台無しにした順嬪を皇太后が許した理由が分からないと考え込んでいる様子。

すると順嬪が真相を話し始める。
・・“斬首よりましでしょ”と言って、瓔珞が順嬪の唇の下に鍼で切り傷をつけ、生年月日を聞かれたら、正確にこう答えなさいと教えてくれたと。
「やはりそうか」と乾隆帝は、皇太后を知り尽くしている瓔珞だからこそ、解決出来たと理解するも「いい気味だ」と話す。
瓔珞は皇太后の性格を熟知しており、嫻皇后の悪だくみに備えていたようですね!

そんな乾隆帝に「陛下がわざと私を寵愛しても、令妃が動じないからへそを曲げているのですね。私には目も心もありますから、見抜けます・・陛下のお心には他の女子がいたのですね」と話す順嬪。
そして「令妃は冷淡に見えて心が温かく、陛下の最愛の人です。令妃と仲良くなりたいのです」と瓔珞の気持ちを確かめると提案する。
乾隆帝は瓔珞を今も大事に思っていることに気付いているなんて、順嬪はかなり賢いようですね!

「そなたを利用したのに、怒らぬのか?」と聞く乾隆帝に「陛下は私によくしてくださいます。陛下には幸せになっていただきたいのです」と答え、笑う順嬪。
順嬪は欲に惑わされることなく、善悪を見極められそう!

一方、嫻皇后が瓔珞を呼び出していた。
「順嬪は曲者。信じないなら、今日の親切心は高い代償を払うことになるわ」と忠告する嫻皇后。
・・瓔珞は明玉に順嬪を助けるのは「自分のためだ」と話す。

その後、「大師が言うには転生はあり得ないと。順嬪の顔の印はそなたが?」と瓔珞に問う皇太后。
否定する瓔珞・・するとそこに順嬪がやってきて「皇太后様、私は嘘をつきました。私は確かに妖魔なのです」と謝罪する。
順嬪は一体どうするつもりなのでしょう?

「私は成長するにつれ、自分は水晶の部屋にいると主張し、操り人形を探すように叫んでいたそうです。通りがかった僧侶のお陰で治りましたが、あの日、薩満様に言われ怖くなり、否定してしまいました。人とは違えど、人に害を及ぼすことはありません」と涙を流し、話す順嬪。
すると順嬪の手を取り「人生にこんな再会があるなんて」となだめる皇太后。
順嬪の話が何を意味するのか全く見当がつきません

不思議に思った瓔珞はその後、順嬪を問い詰めると、公主が瑠璃を部屋中に入れ、水晶の部屋のようだったことや、操り人形をも見て、踊っていたことなどを乾隆帝が教えてくれたと。
「瓔珞がついてくれた嘘を水の泡にはしない。陛下は私を、私は瓔珞を守る」と瓔珞の手を握る順嬪・・その手を握り返す瓔珞。
公主の生まれ変わりだと信じ込ませるための作戦だったんですね!

瓔珞は、想い合う明玉と海蘭察の結婚を応援し、2人は愛を誓いあう。
しかし、明玉の体には以前、純貴妃に入れられた針が残っていた様子で、何度も激痛に襲われる。
あの時の針が・・

すると明玉は瓔珞に「あなたに仕えたいから、結婚したくない」と言い出し、瓔珞を困らせる。
そんな明玉に「何があったの?」と聞く順嬪・・すると「以前入れられた針がもうすぐみぞおちに達するはず。そうすれば、私の命はいつ絶えるか分からない」と打ち明け、それを瓔珞が知れば悲しむから内緒にして欲しいと頼む明玉。
針を取り出すことは不可能なのでしょうか?

部屋を出た順嬪は瓔珞に「私のために皇后様を怒らせたから、報復で明玉に危害が及ばないよう、嫁がせるのね。瓔珞、守ってくれたことが絶対に忘れない・・皇后様に手出しがさせない」と誓う。
順嬪がかなり心の強い女性のようですね!

ある夜、順嬪は瓔珞の屋敷に忍び込む。
そこで「瓔珞は心がとても温かいのに人を拒んでばかり。時には女子の弱さを見せるのも大切よ。強がりで弱さを隠すのは損するわ」と助言する順嬪・・。

瓔珞〈エイラク〉~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ 58話・59話・60話 感想

瓔珞に最大のライバル順嬪が出現!!これは大ピンチ!と順嬪をかなり警戒しながら見ていた私ですが、瓔珞の本当の性格を見抜き、乾隆帝の本心も気付いた上で瓔珞との仲を取り持つ順嬪を見て、好感度があっという間に上がってしまいましたww
それにしても好きな人に嫁げるという幸せな時期のはずの明玉が、純貴妃の針のせいで・・死を覚悟しているなんて。純貴妃が許せないですね!どうにか針を取り除くことは出来ないのでしょうか?瓔珞に仕え、一生懸命に生きてきた明玉が好きな人と結婚できずに死んでいくなんて見たくありません・・。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です