瓔珞-エイラク-61話-62話-63話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-瓔珞-エイラク-あらすじ-61話-62話-63話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

エイラク



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
瓔珞と乾隆帝は、お互いに素直になれず、気持ちと裏腹なことばかり言い合っているようですね!2人は性格が似ているのかもしれませんww順嬪の助け船により、この2人の距離が再び近づくことはあるのでしょうか?

今回は61話からお伝えしていきますね♪

【瓔珞-エイラク】(ネタバレあり)

61話

結納の品を海蘭察に送り返し「あなたが出征したら、いつ戻るか分からないし、あなたに近づいたのは情報を得るため」と結婚を断るために嘘をつく明玉。
しかし、そんな明玉の目には涙が・・「君の話は全部、嘘だと分かっている」と海蘭察が説得するも、何も言わずに去る明玉。
明玉は本当にこのまま結婚しないつもりなのでしょうか?

他の皇子と共に勉強している傅恒の息子、福康安。
しかし、乱暴で他の皇子から煙たがられている様子・・その事を知った傅恒は福康安を叱る。
そんな福康安の元に順嬪が近付いてくる・・「父君とは少しも似ていないのね」と話し去って行く順嬪が手巾を落として行く。
その手巾を見た傅恒は、刺繍を見て瓔珞のものだと気付く・・以前、瓔珞は傅恒に贈った香り袋にも同じ刺繍がしてあったからだ。
どうして順嬪が瓔珞と同じ刺繍の手巾を持っているのでしょうか?

どうやら以前、崖から落ちそうになった順嬪を傅恒が助けたことがある様子。
順嬪は「私の命を助けてくれたこと、一生忘れないわ。私はあなたに幸せになって欲しいと心から望んでいるの」と傅恒に話す。
順嬪が何か企んでいるような気が・・

ある日、明玉が部屋から出てこないため、探しにむかう瓔珞。
すると瓔珞のデザインした花嫁衣裳に身を包み、ハサミを胸に刺し、亡くなっている明玉を発見する。
明玉がなぜ・・

号泣し、悲しみに暮れている瓔珞・・駆けつける海蘭察。
葉天士は乾隆帝に「明玉さんの体の中の針は臓腑に達し、手の施しようがありませんでした。明玉さんに口止めされていたので言えなかった・・しかし自害するとは・・」と話す。
海蘭察も「急かさず、話を聞いてあげればよかった」と悔やみ、泣いている・・。
明玉は自害したのですね・・なぜでしょう・・そこまで追い詰められていたとは

翌日、瓔珞の姿が見当たらず、心配している順嬪。
そこに傅恒が現れ、瓔珞がいないことを知るも「私はただの大臣」と関係ないと去って行く・・その姿を見てほくそ笑む順嬪。
ちょっと待ってください!順嬪がなんだか怪しくなってきました・・

傅恒は仏堂へ向かう・・そこには瓔珞の姿が。
「話を聞いてあげればよかった」「明玉の輿入れには赤い衣装を着せたかった・・私の着られなかった花嫁衣裳を」「私の身勝手さが明玉を死へと導いてしまった。心から明玉に謝りたい」と嘆く瓔珞。
・・そんな2人を見ている乾隆帝。
傅恒には瓔珞の気持ちや行動がお見通しなのですね・・

一方、順嬪は乾隆帝に自分の刺繍を見せる。
そして「令妃様の手巾にこの刺繍がしてあり、素敵だったから欲しいとねだったけど、くれなかったので自分で刺繍したんです。そういえば、傅恒様の香り袋にも同じ刺繍がしてありました」と順嬪が話すと、機嫌が悪くなる乾隆帝・・。

62話

瓔珞は明玉の婚礼祝い品を見ていると、順嬪からの贈り物を発見する。中身を見るとそこには明玉が自害する時に使った金のハサミが入っており、順嬪を怪しむ瓔珞。
明玉の死にも順嬪が関係しているのでしょうか?

瓔珞はそのハサミを持って、順嬪の元へ。
「私に近づいた目的は何?」と聞く瓔珞に「友達になりたかった」と答える順嬪。
するとハサミを手に取り、「なぜ死を迫ったの?」と脅す瓔珞・・「明玉が選んだの。でもこれで苦しまずに済むじゃない」と言い放る順嬪。
順嬪は明玉を追い詰めた犯人だったようです

「明玉はあとどれくらい持つかわからなかった。安らかに死なせてあげたのに、なぜ恨むの?」「あなたは神ではない。皆を幸せになどできないのよ」と話す順嬪に激怒する瓔珞。
すると「明玉を見殺しにした私が許せないのね」とハサミを自分の胸に突きつける順嬪・・止める瓔珞・・もみ合いになり、転んだ拍子にハサミが順嬪の胸に・・。

そこに皇太后が入ってきて、瓔珞は捕らえられることに・・助けを求めるも無視する皇太后・・瓔珞は順嬪の狙いが何かを悟る。
・・幸い、順嬪の傷は浅く、命の危険はない様子。
皇太后はあんなに信用していた瓔珞よりも、順嬪を可愛がっている様子

皇太后は「和安を傷つけた者は許さない」と順嬪が我が子の生まれ変わりだと信じている様子で瓔珞には厳罰を望んでいる。
一方、順嬪を見舞う嫻皇后。そこで明玉の死をきっかけに皇太后のお気に入りになった順嬪のしたたかさを嫌味混じりで褒める・・すると「私たちの敵は同じ。手を組みましょう」と提案する順嬪。
順嬪は何か目的があって、瓔珞に近づいたのですね

皇后は小全子を脅すと、「令妃様は順嬪様を排除したがっていた」とありもしない事を次々と言い出す。
そこで皇后は瓔珞に仕えていた太監や女官たちを連行することに・・。

そこに瓔珞が来て「順嬪と手を組んだのですね」と察すると「ここまで落ちぶれた理由をよく考えなさい」と出て行く嫻皇后。
嫻皇后は自分を裏切ったことが許せないようですね!

その後、傅恒に「あなたの愛する瓔珞はもはや虫の息よ」「大勢を怒らせてきたから、すっかり落ちぶれたわ。軟禁されて水しか与えられず、いつまでもつか」と話す順嬪。
続けて「あなたは“後悔はない”と自分を正当化させてる。瓔珞の幸せな人生を壊したのは、あなたよ」と怒鳴る順嬪。
順嬪はなぜ傅恒に瓔珞の話をするのでしょう

今にも倒れそうな瓔珞・・袁に「毎日、1杯の粥だけで私を殺すつもり?」と聞く瓔珞に「なぜ、私が聞きたい言葉を言わない」と話す袁。
「許しを請えと?お断りよ」と答えると「もう粥も与えるな」と小全子に命令する袁・・。

63話

衰弱している瓔珞の元に順嬪が水を持ってくる。
すると瓔珞に「全てはあなたを助けるため」「追い詰めないと、この生活を捨てないでしょう?」と話す順嬪。
助けるためとは一体何の話なのでしょう・・

続けて「傅恒殿がいなければ、私は崖から落ちていた。あんなに優しくて若く、端正な顔立ちの傅恒殿は女子にとって理想の夫」と助けてくれた傅恒への恩返しだと話す順嬪。
傅恒と瓔珞の仲を取り持つということでしょうか?

すると傅恒と一緒に逃げるよう促し、協力すると話す順嬪。
・・瓔珞は目を閉じたまま、順嬪の言葉を聞いている。
その後、傅恒の前に現れた順嬪は瓔珞の耳飾りを見せ「令妃は承諾したわ。あなたは令妃を二度も裏切るの?」と話し「来月10日、皇太后様は侍衛を伴い、お出かけになる。宮中の警備が緩くなった時こそが好機」と伝える。
順嬪は本当に2人の事を助けるつもりで行動しているのでしょうか?

皇太后が出かける当日。
「門を閉めよ」と命令する乾隆帝・・どうやら順嬪が瓔珞と傅恒が駆け落ちしようとしていると密告した様子。
やはり順嬪は瓔珞たちを陥れようとしているようです!

瓔珞が乗っているであろう荷車が乾隆帝の養心殿の前に。
「命だけはお助けを」と瓔珞の心配をする振りの順嬪・・李玉が桶の布を取ると、中からは瓔珞ではなく小全子が現れる。
さすが瓔珞、順嬪の行動を疑っていたのですね!

小全子は「令妃様を陥れる者が宮中にいるそうで、その者をおびきよせるために、令妃様の命で隠れていました」と話す。
するとそこに瓔珞が現れる。

「順嬪は私に駆け落ちを勧め、証拠を押さえようとしました」と話す瓔珞。
しかし順嬪は「私と令妃のどちらが嘘つきか、傅恒殿が西直門で待ってるかどうかでわかるはずです」と反論する。
傅恒が瓔珞を待っていたらどうしよう・・

するとそこに傅恒が現れ、付き添いの侍衛が「傅恒殿に神武門で遭遇しました」と証言・・傅恒は「順嬪に令妃と駆け落ちせよとそそのかされ、陛下にその事をお伝えするつもりでした。ですが証拠がないゆえ、承諾する振りをしたのです」と経緯を説明する。
さすが聡明な傅恒です!

慌てた順嬪は「私に同情させ、駆け落ちの手助けをさせた。全て、あなたと傅恒殿が私に疑いがかかるように陥れたのでしょう?」と涙ながらに話し「陛下さえ信じてくださるなら、万人に疑われてもかまわない」と乾隆帝に訴える。
順嬪をいい子だと思っていたのに!

すると乾隆帝は「順嬪の過去を調べさせた。愛必達は失踪していた娘を見つけ出し、入内させたいと言っていたが、その娘が拒んだ・・そして15歳の時に養父の勧めで結婚。しかし、この美貌を愛必達が利用しないわけがない」と順嬪が入内していた頃から疑っていた様子の乾隆帝。
その娘とは順嬪のことなのですね・・

すると諦めたのか順嬪は「そうよ。結婚して、子どもまで産んだ女子を入内させるなんて。どれだけ拒んでも無駄でした」と話す。
そして傅恒に「死ぬつもりでいたのに・・あなたのお節介で私を底なし沼に突き落とした」と話し、傅恒と瓔珞を騙し、陥れようとしていた事を白状する。

瓔珞〈エイラク〉~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ 61話・62話・63話 感想

美しく、瓔珞を慕い、いい子だと思っていたのに・・まさか瓔珞と傅恒を陥れようと虎視眈々と準備をし、機会を狙っていたとは!順嬪のしたたかさにまんまと騙されてしまいました。しかし、衰弱しながらも頭の方は冴えていた様子の瓔珞、順嬪に騙されることなく、逆手にとって逆転するとは・・さすがの一言です!!
紫禁城に来たくなかった順嬪・・夫と子どもと離れ離れになるんですもんね・・死のうと思う気持ちも分かるような気もします。だからといって、復讐する相手が助けた傅恒や瓔珞ではないですよね!順嬪はこれからどうなってしまうのでしょうか?




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です