瓔珞-エイラク-64話-65話-66話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-瓔珞-エイラク-あらすじ-64話-65話-66話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

エイラク



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
瓔珞と傅恒を陥れようとして、逆に追い込まれてしまった順嬪。しかも結婚歴も出産歴もあるなんて、驚きでした!嫌々ながらに入内した順嬪の行く末は一体どうなってしまうのでしょうか?

今回は64話からお伝えしていきますね♪

【瓔珞-エイラク】(ネタバレあり)

64話

全てがばれてしまった順嬪は「道ずれにしてやる」と簪を乾隆帝に・・そこに傅恒がかばい、肩に簪が刺さり、負傷してしまう。
侍衛に捕らえられる順嬪・・「みんな死ねばいい。あなた達は罪深いくせに、どうして裁きを受けないの?」と叫びながら、連行される。
順嬪は最初から復讐するために入宮したのですね・・

その後、乾隆帝は瓔珞に「いつから知っていた?罠にかかったふりをしたのは、朕を焦らせるためなのか?」と聞く・・しかし「陛下こそ、順嬪を疑いながらも静観されていたのは私が傅恒と逃げるか試したのでは?」と聞く瓔珞。

続けて「陛下が順嬪を寵愛なさったのは、私を嫉妬さえるため。順嬪の付けている装飾品を見れば、私が嫉妬すると・・」と話す瓔珞・・それを認めない乾隆帝。
そんなやりとりをしていると、順嬪は公主ではないと皇太后にばれてしまったと報告を受ける2人・・。
乾隆帝と瓔珞は仲直りしたようですね♪

皇太后の元へ向かう乾隆帝と瓔珞。
「決して許せぬ!」と激怒している様子の皇太后に「瓔珞は順嬪を守るため、朕は母上を喜ばせるために嘘をついていました」と謝罪し、説明する乾隆帝。
皇太后は乾隆帝は許すが、瓔珞を許すことは出来ないと怒りが静まらない・・。
皇太后の怒りを鎮めることができるのでしょうか?

すると瓔珞は急に苦しみ出し、倒れてしまう。
・・葉天士が診察をすると「皇太后様、陛下、お喜びを・・令妃様はご懐妊です」と瓔珞の妊娠を告げる。
懐妊の報告にすっかり機嫌をよくした皇太后は瓔珞を許す。
瓔珞が妊娠!もしかしたら瓔珞は気付いていたのかもしれませんね!

一方、袁は瓔珞に食事を与えぬよう指示した罪で、捕らわれている様子。
そこで李玉から瓔珞が妊娠していることを聞き、驚く袁と嫻皇后・・。
そして嫻皇后の前でわざと袁を捕まえたという事は、瓔珞の件で嫻皇后に怒っているという乾隆帝の意志表示だと悟る嫻皇后。

瓔珞は監禁されている順嬪の元へ。
すると順嬪は歌いながら、舞っている・・。
順嬪は一体どうしてしまったのでしょう・・

順嬪は「愛必達は兄が敗戦し、処刑されたことで出世の道が絶たれることを恐れた。そこで陛下に献上する女子を探し続け、私が候補になった」と話し始める。
「愛必達は私を泥酔させ、馬車に乗せた・・そして目覚めた私に“息子の無事を願うなら大人しく従え”と」・・しかし息子が亡くなったと聞き、自分も自害しようとしたところを傅恒が助けたと。
順嬪は壮絶な人生を送ってきたようですね・・

最後に順嬪は「2人の男に愛されて幸せね。私は誠意を尽くした・・でも陛下の心は動かず、傅恒も最後まであなたを守った」と言い、再び、舞い始める・・去って行く瓔珞。

嫻皇后や舒妃が、瓔珞に懐妊祝いの挨拶にやってくる。
すると嫻皇后は「あなたがいくら寵愛を得ようと、皇后の座は奪えない」と宣言する。しかし瓔珞は「命を狙い合うより、各自の安泰のために手を引きましょう。ただ一つだけ約束してください・・いついかなる時でも、紫禁城の子全てに手は出さぬと」と話す。
皇后は「約束する」と瓔珞に誓う・・。
しばらく紫禁城には平穏が訪れそうですね!

・・10年後。
第五皇子の永琪、第四皇子の永珹、第十二皇子の永璂は弓の稽古をしている。
永琪が文武両道で優秀だと誰もが認めている様子。
みんな大きくなりました♪

一方、令妃から令貴妃になった瓔珞は、第七皇女と第九皇女、第十五皇子を産み、乳母たちに育ててもらっているものの、いつも母である瓔珞を慕い、延禧宮に集まり、にぎやかな様子。
自分らしく生きている瓔珞を羨む嫻皇后・・。

65話

10年経った今でも美貌と若さを保ち、ブランコに無邪気に乗る瓔珞。
そこに小言の多い第五皇子、永琪がやってくる・・また小言を言われると大きな箱に隠れる瓔珞。

するとそこに乾隆帝がやってきて、箱の上で永琪と碁を打ち始めてしまう。
終わらない碁に「まだ終わらないの?」と瓔珞は箱の中から出てきてしまう・・「そなたは母親だ。皆の笑い者になるぞ」と注意する乾隆帝。
瓔珞は自由奔放すぎて、心配なのでしょうねww

永琪は「母親代わりとして育ててくれた義母上には健康でいて欲しい」と言って去って行く。乾隆帝はそんな2人のやり取りを見ながら「いつまでもそばにいてくれ」と瓔珞の手を握る。
永琪は瓔珞を慕っているのが伝わってきますね!

一方、最近、怒りっぽくなり、口論が絶えなくなった嫻皇后との仲を悩む乾隆帝。
すると「女子は一定の年齢になると容姿に衰えが見え始め、情緒が不安定になるのですよ」と助言する瓔珞。
そしてお互いに「老けた」「老けてない」と頬をつねったりして、楽しそうな乾隆帝と瓔珞・・2人を見ている嫻皇后。
嫻皇后はかなり嫉妬深くなっている気がします・・

嫻皇后はすっかり自信をなくしているようで「威厳に満ちた皇后が朽ちていると皆が笑っている。あと数年でしわが深くなり、頭が真っ白に、肌の輝きも失う。陛下に捨てられ、奴婢も私を哀れむのよ」と自暴自棄になっている様子。
こういう所が乾隆帝を遠ざけていることに気付いていないようですね・・

すると袁が「皇后様は陛下を傷つけることを恐れています。なぜ普通の女子のように感情に左右されるのですか?」と後継者を決めるために動くときだと諭す。
しかし「余計なことを」と袁に罰を与える嫻皇后。
袁は何かを企んでいるようですね・・

自分で動くことを決意した袁は弘昼に「皇后様と第十二皇子を助けられるのは和親王、あなただけです」と懇願する。
続けて、2人を助けることは自分を助けることになる・・傅恒を負かすことができ、陛下の信頼を勝ち取ることが出来るとそそのかす。

66話

ある夜、布団の引っ張り合いをする乾隆帝と瓔珞。
すると、以前皇后に瓔珞の奔放な子育てを指摘されていたことを思い出し、伝えると「皇后様は私の放任のせいで、子どもが礼儀しらずだと仰せなのですか?」「2人の娘は政略結婚をする運命なのだから、今は自由に楽しく過ごさせてあげたいのです」と話す瓔珞。
乾隆帝と瓔珞は今も仲がいい様子♪

納得する乾隆帝だが、第十五皇子について「朕の息子だ。なぞ学業をおろそかにさせる」と指摘すると「私の息子でもありますから、思うように育てます」と言い返す瓔珞。
続けて「第五皇子、永琪が一番優秀なことは皆が周知のこと。だからこそ、永琰には楽しい子ども時代を過ごさせてあげてください」と話す瓔珞・・。
瓔珞は体の弱かった永琰の健康だけを願っているようですね!

ある日、皇子たちは銃の練習に励んでいる様子。
すると、永琪が銃を撃つと火縄から火が移り、永琪の腰につけている火薬に引火してしまう・・慌てて乾隆帝や皇子たちが駆け寄る・・その様子を見ている袁・・。
袁が何か仕掛けたのでしょうか?

治療するもかなり重症のようで、右足に障害が残るかもしれないと診断される永琪。
瓔珞は永琪の使用した銃を見に演習場に・・傅恒から「風で火の粉が弾帯に引火したのではないか」と推測する。
永琪に障害が残れば、帝位につくのは難しいかも・・

しかし瓔珞は「永琪は慎重な性格・・半年前から練習し、準備していた」とこれが事故ではないのではないかと疑う。
その後、永琪の見舞いに行くと、永琪が自分の足が元通りにならないことを覚悟している様子。そんな永琪に犯人を捜し出すと言うと「連中が狙ったのは足ではなく、私に対する父上のご寵愛です。追及すれば兄弟にも被害が及ぶ」と自分が帝位を継げないことを悟っている永琪。
そんな永琪の頭を撫でてあげる瓔珞。
永琪は全て分かっているようですね・・皇子として産まれた宿命なのでしょうか・・

一方、魔の手は永珹の元にも。
侍女の珍事が団子を差し入れる・・口にしようとする永珹を突然止め「私にはやはりできません・・団子には毒が入っています」と涙ながらに謝罪する。
そして「第五皇子と第四皇子のあなたがいなくなれば、第十二皇子の敵はいなくなります」と聞き「義母上が私を毒殺しようと?」と信じられない様子の永珹。
本当に嫻皇后が?

その頃、嫻皇后に「あなたの仕業なの?」と永琪の件を問い詰められている袁。しかし袁は「第四皇子の仕業です」と話し始める・・「10日前に第四皇子の側近が武備庫にいました」と証言する。
こちらは永珹のせいにしている・・黒幕は袁のようです!

乾隆帝の元に向かう永珹・・そこに嫻皇后もやってくる。
永珹を見るなり「不届き者!」と平手打ちをする嫻皇后・・「父上、義母上に殺されます」と大声で助けを求める永珹。
嫻皇后と永珹の言い分・・どちらを信じるのでしょうか?

出てきた乾隆帝に「義母上(嫻皇后)に毒団子で殺されそうに・・第五皇子の次は私の命を狙っています」と訴える永珹。
しかし乾隆帝は「なぜ武備庫に側近を行かせた」と聞く・・永珹は「第五皇子に恥をかかせようと壊しただけで、命を狙ったわけではありません」と無実を訴える・・。

瓔珞〈エイラク〉~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ 64話・65話・66話 感想

瓔珞も子どもを産み、それぞれの皇子も大きくなりましたね~!休戦しているとは言っても、やはり後継者争いは何年たっても終わらないものなんですね。嫻皇后は瓔珞との約束を守って、子どもたちには手を出していないのに、まさか袁がこんなに野心家だったとは!永琪や永珹の命を狙い、いろんな人の醜い気持ちを無理矢理引き出し、争わせるとは・・乾隆帝がしっかりと見極めてくれることを祈っています!




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です