花と将軍-あらすじ-19話-20話-21話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-花と将軍-あらすじ-19話-20話-21話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

花と将軍



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
葉昭から玉瑾の正室になるように言われた惜音。しかし惜音はそんなことを望んではいませんでした。惜音の想いが自分にあるとわかった葉昭ですが、思いつめた惜音は自殺を図ってしまいます・・。

【花と将軍】(ネタバレあり)

花と将軍・第19話

玉瑾は惜音を葉昭の気をひこうと自殺を図ったあざとい女だと罵り、惜音のそばについている葉昭に自分も自殺すると騒ぎます。葉昭は二人の間の板挟みになって戦いよりも大変だとぐったりしてしまうのでした。

葉昭役のマー・スーチュンですが、きりっとしているわけでもなく特別男っぽい雰囲気の人ではないと思うのですが、この難しい大将軍の役をしっかり演じていますね!!背は高そうですが、葉昭を慕う惜音役の女優さんと向かい合うと無理なくラブシーンもこなせて演技達者だなあとつくづく感心してしまいます。最近日本では女の子みたいにかわいい男の子が人気ですが、ジャニーズ系に見えなくもないですからねえ・・

憂さ晴らしに杏花楼に出かけた玉瑾。そこで酒を飲みながら娘を嫁に貰ってくれと頼んでいる秋老虎と胡青の二人に出くわします。早速席に呼ばれる玉瑾ですが、胡青から玉瑾の怒りは当然だが葉昭の気持ちもわかってやってくれと懇願されます。葉昭は戦いで両親や多くの親せきを失くし、残っているのは祖父や義姉、惜音くらいしかいず、孤独な葉昭にとって惜音は大事な血族だと胡青は言うのです。胡青の心のこもった物言いに玉瑾も考え込むのでした。

花と将軍・第20話

自分が男のふりをしていたことで惜音を苦しめたと思い悩む葉昭。死んだ父親の剣で鍛錬に没頭して邪念を払おうとします。すると剣を振るううちに葉昭は父親の、自分に恥じぬ選択をしろ、という声を聞くのでした。そして葉昭はついに決心をします。
夜になると葉昭は惜音の部屋を訪れ、荷物をまとめるように言います。これから一緒に遊覧の旅をしようと惜音を誘い、笑顔になった惜音にそれから擁関に送ると告げます。そして自分と玉瑾との過去を告白するのでした。葉昭は小さいころからずっと玉瑾が好きでしたが、ある日玉瑾を川に落としてから玉瑾が虚弱になってしまった、そして母親の過剰な保護から逃れられなくなり男としての夢も潰れてしまった、と言い、これ以上玉瑾を苦しめない、と言うのでした。それは惜音よりも玉瑾が大事だという事で惜音は葉昭の頬を打ちます。でも葉昭はもう決めたことだと惜音に背中を向けるのでした。

やはり葉昭が玉瑾を背負っていた年上の少年だったのですね。そしてずっと川に落としたことを悔やんでいたのですね・・。そんなことを知らない玉瑾はそれを知ったらどう思うのでしょうか・・

惜音は雍関まで送ると言う葉昭を断って、侍女と帰っていくのでした・・。
そして軍に戻った葉昭ですが、新兵の間で問題が起きます。名家の子息たちの思い上がった振る舞いに葉昭は腹を立てるのでした。

花と将軍・第21話

葉昭は軍紀を破った郭有徳を斬首の刑に処します。自分の甥が処刑されたことを知った郭皇后は葉昭を恨むのでした。
そして劉皇太后が摂政の位を退き、皇帝仁宗の親政が始まりました。仁宗は忠義に厚い范仲淹を重用して政治を行います。しかしそれを快く思っていない者がいました。宰相の呂と劉太傅でした。
そんな時仁宗の寵姫、張貴姫と郭皇后の間で争いが起こり、皇后は止めに入った仁宗の首に傷を負わせてしまい、仁宗の怒りを買うのでした。
郭皇后の兄は宮廷の権力者の郭福山でした。呂宰相は皇后を妹にしている郭福山を目障りに思っていたので、この事件を機に皇后を廃位にして兄妹もろとも、そして郭福山と親しい范仲淹や葉昭まで権力の座から降ろしてしまおうと画策します。劉太傅は朝議で仁宗に皇后を廃するよう上奏します。そして呂宰相もそれを支持するのでした。

宋の時代、劉皇太后が摂政となって皇帝仁宗を傀儡にしていたことは歴史の真実のようで、中国の他のドラマでも題材になっていました。しかしこのドラマでは仁宗には祈王という兄がいることになっています。どうして弟の仁宗が皇帝になったのか・・父親の皇帝に気に入られたのか・・これからその理由も明らかになるのでしょうか?

花と将軍・第19~21話の感想

玉瑾の屋敷を騒動に巻き込んだ惜音も雍関へ帰っていきました。葉昭の大切な従妹でしたが、葉昭に恋心を抱いていたのでは玉瑾も心穏やかに過ごすことが出来ないし、葉昭もどうしてやることも出来ないので仕方ないことですね。
そして惜音がいなくなったのを境に、葉昭の軍では新兵の問題が起き、劉皇太后が摂政を退いたことから仁宗の親政が始まると宮廷では権力闘争が幕を開けます。葉昭もそして玉瑾も無関係ではいられず、“花と将軍”も歴史ドラマのような展開になっていくようです。
それにしても惜音は可憐で美しかったですね。これでドラマから消えてしまうのかと思うと残念です。雍関で幸せな結婚をして欲しいものです!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

2 件のコメント

  • わたしもいまBSでみてハマってます!最初はただのラブコメかと思いきや、かなり話のスケールも大きくて、なにより映像がきれい!!
    主役の葉昭可愛いのにカッコよくてせきいんさんが惚れるのもわかってしまうくらい。
    あと胡青の秘めた片想いも切なくて、、、とはいえ登場人物が多くわからないところもあり貴方のあらすじみながら復習させてもらってます^_^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です