花と将軍-あらすじ-40話-41話-42話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-花と将軍-あらすじ-40話-41話-42話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

花と将軍



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
楊氏の策略で健康を害してしまった葉昭。このまま楊氏の思惑通りに玉瑾の正室の座を追われてしまうのでしょうか?

【花と将軍】(ネタバレあり)

花と将軍第40話

楊氏から葉昭が血を吐いたと聞かされた趙太妃。いくら子宝を授かるよう体質改善の薬を飲んでも血を吐くようでは仕方がないと憤ります。そして葉昭を呼び出すのでした。
葉昭は趙太妃から跡継ぎを早く授かるように配慮するのが正室の務めだと言われ、体調が悪いなら玉瑾と共寝するのを楊氏に譲るよう命じられます。
葉昭は動揺しますが、跡継ぎのために趙太妃の言葉に従うのでした。

体の調子が悪い時に更に辛い試練を与えられてしまった葉昭・・しかし趙家の跡継ぎが絶えることは正室の怠慢と言われては従う他ありません。もともと大将軍である葉昭は責任感が強い人間です。玉瑾と離れることがどんなに寂しくても耐えますが、葉昭だって一人の女性・・・可哀想です!

一方祈王の屋敷の惜音は、いよいよ哈爾墩と西夏に出発しようとしていました。別れの挨拶をする惜音に祈王妃は何かできることないか、と訊ねます。すると惜音はここでは口がきけずに“だんまり”と呼ばれている小麻雀を一緒に連れていきたいと頼みます。よかろうと許可する祈王に頭を下げる惜音。しかし惜音は旅の途中で小麻雀を逃し玉瑾の屋敷に行くよう命じるのでした。

そして葉昭はさらに容体が悪化。心配する玉瑾に自分は一人寝がいいと言います。しかし玉瑾は楊氏と共寝をしようとはしません。そして葉昭が心配になった楊氏は祈王妃に処方箋について訊ねるのでした・・。

花と将軍第41話

祈王妃と楊氏の会話を聞いて楊氏に疑いを持った海夫人。葉昭を見舞いに行った際、その話をします。玉瑾と葉昭は楊氏を見張り、葉昭の薬を煎じている楊氏が別の薬を混ぜているのを見て問い詰めます。すると楊氏は血を吐いて息絶えるのでした。
そして楊氏の持っていた薬を軍医の王に診て貰うと、葉昭が飲んでいた薬は強い毒だったことがわかります。

楊氏はあくまでも避妊薬だと思っていて葉昭を殺めるつもりはありませんでした。しかし祈王妃の方は一枚上手で、わざと避妊薬と言って楊氏に処方箋を盗ませて邪魔な葉昭に毒を飲ませていたのですね。祈王夫婦は二人とも恐ろしい人間だったのでした!

王軍医から解毒して毒が消えるまで養生するよう言われる葉昭。楊氏の陰謀を知らされた趙太妃は自分が楊氏に騙されていたと葉昭に謝るのでした。

その後玉瑾の屋敷の門の前にものを言えない若者が現れ、何かを訴えます。玉瑾が若者を見て小麻雀と呼ぶと、若者は惜音の手巾を差し出すのでした。
手巾には祈王が謀叛を起こすと書かれていて玉瑾たちを驚かせます。そして葉昭は小麻雀から惜音が西夏に行ったことを知るのでした。

花と将軍第42話

西夏に到着した惜音。野利王后や娘の銀川たちは惜音を歓迎します。
一方玉瑾の屋敷には葉昭の叔父で惜音の養父、柳天拓大将軍がやって来ます。雍関に戻らない惜音がまだ葉昭といると思っていた柳天拓は、惜音の姿が見えないのを訝しがります。
そして惜音が屋敷にいないと知って烈火のごとく怒るのでした。しかし葉昭は柳天拓の怒りが治まると惜音を必ず連れ帰ると誓うのでした。

柳天拓は武人だけあって猛々しい性格のようですね。惜音はもう戻れるような場所でない西夏に行ってしまったのだから、いくら葉昭を怒っても仕方ないです。それでも怒らずにいられないほど惜音を娘として愛していたんでしょうね。でも何故居平関を防衛している大将軍が都にやって来たのでしょう?

柳天拓大将軍は仁宗から都に帰還するよう命じられたと詔を見せます。しかし玉瑾はその詔が李親方の作った偽物だと見抜きます。そして仁宗に拝謁した柳天拓はやはり仁宗から何故任地を離れて都に来たと怒られるのでした。偽の詔を信じてしまったと、仁宗へ詔を差し出す柳天拓。その詔を見た仁宗は愕然とします。本来なら斬首の罪を犯した柳天拓ですが、仁宗は何者かに謀られた柳天拓を牢へ送るのでした。
そして将軍のいなくなった居平関は西夏に攻め込まれ、仁宗は范中淹を軍の将として応戦させますが謎の頭痛を発症して倒れてしまうのでした・・。

花と将軍第40~42話の感想

祈王の悪だくみがつぎつぎと仕掛けられ、仁宗まで命の危険にさらされてしまいましたね。祈王妃は夫の祈王が、野望が達成されたら行方の分からなくなった息子を探すと言う言葉を信じて協力しているのでしょうか?それでも葉昭を殺そうとしたり、悪だくみに加担させられた楊氏を口封じに殺したりと、その上品な風貌から想像もできないほど残酷なことをやってのけてしまう祈王夫婦。仁宗の頭痛も皇后に入れ知恵した祈王妃の謀でしょうし、仁宗も兄だと思って遠慮しているとどこまでも踏みつけられそうです。
もう祈王の謀反の意志は把握しているのだから、強硬な手段をとってもいいはずなのですがまだ及び腰ですね・。
西夏の侵攻も激しくなって、宋の国の存続まで危ぶまれ心配です!!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

2 件のコメント

  • 私もずっと韓国ドラマを観てきましたが、ふとりびおうを観て、二作目花と将軍を、観ています。時々ひとりこれはないねと思いながら、少しずつハマってます!
    これからが、楽しみです~
    また、面白いのがありましたら、お願いします~

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です