花と将軍-あらすじ-52話-53話-54話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-花と将軍-あらすじ-52話-53話-54話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

花と将軍



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
折角居平関を奪回したのに妊娠がわかった葉昭。宋の国の危機を救わなければならない立場でありながらお腹の子を母親として守らなければならず、悶々とします。葉昭はどうするのでしょうか??

【花と将軍】(ネタバレあり)

花と将軍第52話

仁宗から葉昭が懐妊したことを知らされた玉瑾は、父親として力にならなければと虚弱な身を顧みずに葉昭のいる戦地へ向かいます。
一方葉昭に逆襲され物資も不足している西夏は、とりあえず宋に和議の申し出をします。しかしそれは宋を油断させて伊諾に葉昭の軍を急襲させようという陰謀なのでした。その話を盗み聞いた惜音は密かに胡青と会って伝えます。そして宋から和議の使者としてやってきた海威寧にも挑発するような行動で近づきながら葉昭への文を託すのでした。

このドラマは終わりの部分になってからは葉昭と玉瑾よりも惜音が主役のように活躍してきていますね!でもこの西夏という異国の地で自分の美貌だけを頼りに宋のために献身しているけなげな惜音。このまま西夏で散ってしまうのではあまりに可哀想です・・最後には愛する葉昭に会うことができるのでしょうか??

そしてかねてから惜音同様に葉昭に想いを寄せている西夏王の娘の銀川は、腹違いの兄の伊諾から和議の使者になれば葉昭の軍営に行けると言われます。葉昭に会えると知って喜ぶ銀川。娘に甘い父親の王に自分を使者にするよう頼むのでした。

花と将軍第53話

銀川は西夏王から使者になる許しを貰って喜びます。

そして惜音から託された文を葉昭に手渡した海威寧。文を読んだ葉昭は、惜音が死を覚悟で宋を救おうとしているのを知るのでした。そして葉昭は自分の家族や数多くの兵が犠牲となり、今や惜音までが国のために死のうとしている、自分も全力で国を守らなければと強く思います。葉昭は軍医を呼び、堕胎の薬を頼むのでした・・。

お腹に子供を宿したままでは大将軍として満足の行く職務ができないと思う葉昭の悲しい決断ですね・・。でも葉昭を助けようとして玉瑾が近くまでやってきているのです。もう少し待って二人で相談してからの方が良いのではないのでしょうか??玉瑾になんとか間に合って欲しいです!

西夏にいる胡青は西夏王から祈王への手紙を託されます。その内容は西夏の軍への兵糧の援助要請と、宋に奇襲をかけるため前線に軍を送るというものでした。胡青はそれを読み、祈王が西夏の攻撃と同時に謀反を起こす、と范仲淹に手紙を送るのでした。
そして軍医が用意した堕胎薬に口をつけようとする葉昭ですが、ちょうど葉昭の軍営に到着した玉瑾のおかげで飲むのは中止になります。
その後銀川が和議の使者として葉昭の軍営にやって来ます。しかし伊諾の軍営に戻った銀川は伊諾の謀を知ってしまい葉昭の肩を持ちます。そのことで伊諾の怒りを買ってしまった銀川は牢に閉じ込められるのでした・・。

花と将軍第54話

美しい惜音に惑わされる西夏王を見て嫉妬に燃える野利王后は惜音の命を狙おうとます。それを知って必死で母親を止める哈爾墩。王后は息子のためにこれ以上惜音が西夏王に近づかないなら・・と言います。安心する哈爾墩ですが王后の怒りは収まらない様子でした。そして命の危機を感じた惜音は王妃の没蔵黒雲に助けを求め、野利一族を倒す好機だと考えた王妃は求めに応じます。
ついに惜音の部屋に王后の刺客が現れ王妃の弟が捕えます。報告を受けた西夏王は首謀した王后を自害させようとします。しかし王后の叔父が代わりに自害したことで、王后は奴婢の身分に落とされるのでした。

王后にしてみれば自分の弟の妻を王妃にし、息子の婚約者まで寵愛する西夏王の行動を許せないのは当然の話と言えますね・・。そして惜音を愛しながらも叔父の自害や母親の行く末に涙を流す哈爾墩。惜音は自分の婚約者の苦しみを見て何を思うのでしょうか?哈爾墩がいくら惜音を想っても惜音にとっては敵国の憎むべき太子なのでしょうか?それにしてもいくら王といっても傲慢すぎる西夏王ですね・・

一方宋ではいよいよ祈王が謀反の動きを起こし、祈王と結託する劉太傅は仁宗を暗殺するために宮中に兵を送り込みます・・。

花と将軍第52から54話の感想

ずっと西夏が舞台になっているので、西夏の登場人物たちにも敵国とはいえ愛着がわいてしまいます。みな全くの悪人ではないのに残酷な殺し合いをしてしまうのが人間の悲しいところでしょうか・・・。それにしてももし西夏王がこれほど女好きでなければ惜音のような二心のある女性に一族の関係を乱されることはなかったでしょうに。もし哈爾墩が惜音を西夏に連れてこなければ・・胡青がおかしな情報を西夏王や伊諾に吹き込まなければ、西夏は宋に勝ち続けたのかもしれませんね。一方宋の国も祈王に因って謀反が起こされそうです。仁宗の暗殺を狙う劉太傅に范仲淹はどう対処していくのでしょうか??

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です