花と将軍-あらすじ-最終回(60話)-結末は!?

中国ドラマ-花と将軍-あらすじ-最終回(60話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

花と将軍



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
惜音のために父親の西夏王と争い命を落とした哈爾墩。惜音はその遺骸のそばで毒を飲んで倒れます。惜音はそのまま息絶えてしまうのでしょうか・・。

【花と将軍】(ネタバレあり)

花と将軍・最終話

戦いが始まり、葉昭は秋水の援護を受けながら白銀寨の軍営に侵入。西夏兵と戦いながら惜音を探すのでした。
その時銀川が現れたので、葉昭は惜音の居場所を訊ねます。銀川は自分の兄の哈爾墩といると言って、その天幕まで案内してくれます。
とうとう惜音を見つけた葉昭。けれども惜音は毒を飲んで倒れていました。
大声をあげて惜音を抱きかかえる葉昭。
「昭・・・」
幽かな声で惜音が応えます・・。

ついに再会できた葉昭と惜音なのに、毒を飲んでしまった惜音は助からないのでしょうか??これまで葉昭のために西夏王を籠絡して王の家族を混乱させ、西夏を弱体化に導いた惜音。どれほど胡青が一緒に逃げましょうと言っても聞き入れませんでした。葉昭への愛のために自分の命を捧げたのです。そんな惜音の気持ちが痛いほどわかる葉昭・・ただ惜音を強く抱きしめるしかない悲しい場面です・・

一緒に帰ろうと叫ぶ葉昭の腕の中で惜音は息絶えます。ただ泣くしかない葉昭・・。
そこに銀川がやってきて早く逃げるように勧めます。銀川は自分の衣を秋水に貸して変装させ、軍営から脱出させようとするのでした。

その頃大将軍として白銀寨に進軍した玉瑾と、伊諾との間で戦いが始まろうとしていました。二つの軍は衝突し伊諾は宋の兵隊を蹴散らしながら“葉昭”を目指します。そして対峙した二人。玉瑾はまるで葉昭が乗り移ったかのように勇猛に伊諾と切り合います。しかし伊諾の投げた縄が馬上の玉瑾の首を捕らえ、引き寄せようとしました。それを見た胡青が縄を切り玉瑾を庇います。すると伊諾が槍を投げて胡青を突きます。血を吐いて馬から落ちる胡青を自分も落ちながら庇う玉瑾。そこを伊諾が襲おうとすると秋老虎が助けに来て伊諾と戦うのでした。その隙に胡青を背負って玉瑾は退きます。
まだまだ戦いを続けたい伊諾でしたが、軍営で西夏王と太子が殺されその天幕も敵兵に乗っ取られているという知らせが来ます。伊諾は戦いを巴図に任せて軍営へと戻ります。
そして惜音を連れ出そうとしている葉昭たちと遭遇し、銀川の衣をまとった秋水をみて驚きます。

さすがに伊諾は葉昭と互角に戦うだけあって強いですね!そして身重の身で惜音の遺体を背負っている葉昭はとても伊諾と戦える状態ではありません。どうするのでしょうか??

秋水の甲冑をつけた銀川が葉昭を助けるように叫ぶと伊諾は更に動揺します。そして妹に敵と味方の区別がつかないのか、と怒るのでした。馬に乗った秋水が惜音の遺体をのせて走り去り、愛する葉昭を守ろうとするあまり銀川は誤って伊諾に刺されてしまいます。妹を殺してしまった伊諾は秋水に続いて馬で逃走した葉昭に復讐を誓うのでした。

そして闘いは最後の局面を迎え、宋軍に加わった葉昭は玉瑾と再会し、夫婦二人で伊諾と戦って激闘の末勝利します・・。

虚弱だった玉瑾も最後は素晴らしい戦士になりましたね!堂々と伊諾と戦って、身重の葉昭を助けました。でも伊諾をやっていた俳優さんも素晴らしかった!!最後まで迫力の演技で貫録もありました

牢の中の祈王は仁宗から西夏の敗戦の知らせを聞きます。ガックリうなだれる祈王。仁宗は最後に一つ願いを聞いてやると言います。すると祈王妃が16歳になる息子に一目会いたいと請うのでした。

一方負けた西夏は没蔵王妃の息子が新しい国王として即位して宋と和議を結びます。

数日して仁宗は祈王夫婦の息子を牢に連れてきます。なんとそれは祈王によって毒で喉を潰され声を失くした小麻雀でした!無表情で去っていく息子に絶望した祈王妃は自分の簪で胸を刺して死んでしまいます。今すぐ自分も殺せと叫ぶ祈王。しかし仁宗は一生後悔の中で過ごせと冷たく言うのでした。

そして葉昭は惜音の墓の前で、宋は平和になった、すべてはそなたのお陰だと礼を言います。私たちの今生の縁は尽きた・・来生で会おうと涙を流します。

玉瑾は仁宗から副三司使に任ぜられ、役人を勤め上げ夫婦で仲良く年を取っていくのでした・・。

最終話の感想

このドラマ、最終回まで予断を許さない展開でドキドキしました!
それにしても主演のマー・スーチュンの男装の麗人役は見事でしたね。身長は男子並みに高かったようですが、顔つきは精悍な感じでなくむしろ柔らかかったのに大将軍としての貫禄や風格を表情できりりと表していました。
そしてション・イールンも時にコミカルに、でも最後は大将軍の代役ができるほど強くなった玉瑾を魅力的に演じていました。
また惜音役のワン・チューランは物語の後半部、殆ど主役のように出ずっぱりで、美貌を武器に敵国の西夏で宋の密偵として活躍する役は最後まで美しかったですね!
これだけ長い物語なのに雑なところなく最後まで盛り上げて、本当にしっかり作ったドラマだなあ、と感心して見終わりました!!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

1 個のコメント

  • 最後の最後に葉昭と玉瑾が孫と話すシーンがありましたが、別人ではなく
    本人たちを老けさせて登場させて方が良いと思いました。
    最初誰なのか分からず考えました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です