花散る宮廷の女たち-あらすじ-19話-20話-21話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-花散る宮廷の女たち-あらすじ-19話-20話-21話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

花散る宮廷の女たち



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
皇太子は、皇帝を激昂させてしまい、皇太子の地位を廃されてしまう。そして、軟禁生活を送ることになったのだが、胤禔が年姝媛に言い寄っているのを見て、胤禔を殴り、更に皇帝を怒らせてしまう。

皇帝は、他の皇子たちの反応を見るために、胤祉に皇太子の務めを引き継がせた。

そんな中、胤礽は、胤禔を後ろ盾にもつ宦官たちから、蹴られ、怪我を負い、皇帝の元に運びこまれた。

大した怪我ではないと言っていたのに、胤礽が運ばれてきましたね!今回は、19話から21話までをご紹介いたします。

【花散る宮廷の女たち】(ネタバレあり)

19話 太皇太后の死

胤礽は、重傷のふりをして、宦官たちへの仕返しに成功する。
やはり重傷のふりでしたね!

太皇太后の危篤が知らされ、皆が集まる中、胤礽だけは外出を禁じられ、見舞いに行けないのだった。

そこで、年姝媛は、寺へ祈祷しに行くことを提案する。

太皇太后が亡くなり、皇帝は、胤礽を呼ぶが、胤礽は皇宮にいないことがわかる。
また、皇帝の逆鱗に触れてしまいました!

皇帝は戻って来た胤礽を激しく批難するが、年姝媛が胤礽をかばい、更に、そこに突然現れた浮浪人の羅桑の証言によって、皇帝の誤解をなんとか解くことができた。
羅桑は不思議な存在ですね!

胤礽が吐血して倒れたのを知った年姝媛は、自ら看病することを願い出る。

恵妃は、皇帝に胤禔に政の一部を委ねることを進言するが、取り合ってもらえず、第二皇子を復位させるのではと気をもんでいた。そのことを胤禔に話すと、胤礽の食事に毒を盛ったので、復位することは二度とないと言うのだった。
胤禔のやり方がだんだんあくどくなってきました!
小林子から、胤礽の薬を扱っていた太監が失踪していることを年姝媛が知る。怪しいとにらんだ年姝媛が、その太監の家を調べ、そして、そこで見つけた札を持っているという占い師のところで、胤礽の吐血の原因を突き止める。

20話 跛脚大仙

年姝媛と胤禛は、胤礽に毒を盛った太監を捕える。

その頃、胤礽は危篤状態となっていた。

第三皇子は、皇帝から任じられ、胤礽の無実を証明するために調査をしていたのだが、宦官たちから、罪状を告発される。第三皇子は、無実を訴えるが、皇帝に聞き入れてもらえず、監禁を命じられる。
徹底的につぶしていく作戦ですね!

年姝媛と胤禛は、道で、真相の鍵をにぎる跛脚大仙を見つける。

胤禔は、跛脚大仙に胤礽を昏睡状態にまでしたことを責める。そして、跛脚大仙は、回復するように祈祷を始める。

そこに、皇帝がやって来る。何をしていたと聞かれた胤禔は、厄払いをしていたと慌てて答えるが、皇帝の追及で、跛脚大仙が胤禔の指示で毒を盛ったことを白状する。しかし、胤禔が白状しないので、証人の宦官が連れて来られる。
白状できないですよね!

そこでやっと胤禔は自分の罪を認めるが、皇帝は胤禔の数々の悪事を許すことはできず、胤禔に爵位をはく奪し、死刑に処すと告げる。
皇子が死刑なんて!

しかし、皇子たちが胤禔のために皇帝に許しを請い、皇帝は、胤禔の王位をはく奪し、宗人府に送り、終生、監禁されることとした。
皇帝の大きな心ですね!

恵妃に育てられた第八皇子は、恵妃に、今後は兄に代わって親孝行すると約束する。

皇帝は、空位になっている皇太子について、臣下の意見を聞き、第二皇子の復位をすることを決める。
やりました!

21話 宮女・瑶君

大晦日の宴で、第八皇子が宮女の瑶君との婚儀を願い出るが、皇帝は、側室にするように促す。瑶君が正室を望んでいることを告げると皇帝は怒り、認めてもらえなかった。
宮女と皇子ですものね!

そして、胤礽も年姝媛を娶りたいと願い出るが、皇帝は、礼部に再考するよう言い渡すだけだった。
こっちもなかなかうまくいきませんね!

一人の宮女が、皇帝が探している宮女になりすましたことで、皇帝から罰を与えられたという噂を聞いた瑶君は、皇帝が探している宮女が自分の事であると気づく。

恵妃は、第八皇子のために瑶君を納蘭家の養女にしてから嫁がせることを、皇帝に提案し、皇帝を説得する。
これはいい案ですね!

胤禛は、皇帝から凝秀との婚儀をすすめられ、従うと答える。それを年姝媛が立ち聞きしていたのに気がついた胤禛は、自分の婚儀のことを聞いて何の感情もないのかと年姝媛に問うと、年姝媛は自分の心の中にいるのは皇太子だけであると答える。
胤禛のアプローチですね!

ある日、徳妃の劉女官が、死体で発見される。手に持っていた腕輪が瑶君のものであるとわかり、瑶君は捕えられ、牢に入れられてしまう。

恵妃が、徳妃に瑶君を解放してくれるように頼むが、徳妃から断られてしまう。

年姝媛が、殺された劉女官の死体を調べていると、突然、何者かに殴られ、そこが火事となる。
大変なことになりました!

19話から21話の感想

胤禛が年姝媛にアプローチを始めたのかしら?二人で、事件の解決に向けて、一緒に行動していましたが、それも策略のうちなのでしょうか?でも、胤禛は、婚儀については、あくまでも皇帝の言うとおりに従うと言ってたので、皇帝の座を狙うために、年姝媛と皇太子の婚儀を回避しようとしているのでしょうか?今まで胤禛が自ら行動を起こすことがなかったので、いろいろと憶測してしまいます!

でも、年姝媛は危険なこともしますよね。死体を一人で調べに行くなんて!勇気ありますね。火事になってしまったようですが、大丈夫かしら?

胤禔がとうとう失脚してしまいました。初めは親孝行のいい息子だったのに・・・年姝媛がからんできてから、やり方が露骨であくどくなっていった気がします。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です