花散る宮廷の女たち-あらすじ-22話-23話-24話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-花散る宮廷の女たち-あらすじ-22話-23話-24話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

花散る宮廷の女たち



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
第八皇子が宮女の瑶君との婚儀を願い出て、皇帝から反対を受けるが、恵妃の説得によって、婚儀を認められる。

しかし、瑶君をよく思っていない宮女が、瑶君を陥れ、瑶君は牢に入れられてしまう。

年姝媛が、瑶君の冤罪を晴らそうと、殺された女官の死体を調べに安置房へ行くのだが、何者かに殴られ、安置房が火事となってしまう。

倒れたあとに火事になっていましたね。大丈夫かしら?今回は、22話から24話までをご紹介いたします。

【花散る宮廷の女たち】(ネタバレあり)

22話 年姝媛の策略

安置房の火災により、年姝媛が死体で発見されたと聞いた皇太子は、火事の現場にいた六喜を放火犯として牢に閉じ込める。
皇太子は早合点し過ぎですね!

囚われた六喜は、恵妃に脅され、瑶君を助けるために、すべての罪をかぶるのだった。

皇太子と年羹堯は、年姝媛の死が受け入れることができず、つらい思いをしていた。

しかし、年姝媛は、胤禛により助け出され、胤禛の元でかくまわれていたのだった。下手人に警戒を緩めさせるために、焼死を装って、調査を続けるのだった。
胤禛は、年姝媛をこっそり見守っていたのかしら?

夜、瑶君の住まいを調べに行った年姝媛と胤禛は、宦官と取り引きしている百蕪を見かける。宦官は、瑶君の本物の腕輪を売るように頼まれていたのだ。

年姝媛は、化けたふりをして、百蕪を脅かし、白状させる。
単純な脅しですね!

そして、次の日、徳妃が瑶君と六喜に処罰をしようとしているところに、胤禛は百蕪を連れて行き、証拠を突き付け、百蕪に罪を認めさせる。

しかし、百蕪は、瑶君への妬みから、持っていた小刀で瑶君を刺そうとする。だが、それに気づいた六喜が、瑶君の代わりに刺され、命を失ってしまう。
あっけない死ですね!

恵妃と瑶君が御花園の桃の花を見に行くと、散歩をしていた皇帝とばったり会う。

23話 赫舎里の面影

納蘭家の養女となった瑶君を初めて見た皇帝は、亡くなった皇后を思い出す。

徳妃から、温憲公主が年羹堯を追って、皇宮を出たこと聞いた皇帝は、温憲公主を見つけたらすぐに連れ戻すように命じる。

敵地の偵察をしていた年羹堯は男装をした温憲公主に出くわす。敵に襲われ、危ないところを岳将軍に助けられた温憲公主に、年羹堯は、宮廷に戻るように説得をするが、全く聞き入れられなかった。
足手まといなのに・・・

軍営に戻った年羹堯は、岳将軍に、公主を都へ送ってほしいと頼む。そして、1万の兵を率いて、谷に潜伏するように指示する。

宮廷では、徳妃が、胤禛に、温憲公主を年羹堯に嫁がせようと思っていると話していた。

年羹堯は、敵を攻め落とすことに成功し、大勝利を収めた。
さすが!

皇帝に呼ばれた瑶君は、料理を作ってほしいと言われ、鍋料理を作り、一緒に賞味する。そして、皇帝は、瑶君に褒美として、髪飾りを贈るのだが、瑶君が貴重な物は受け取れないと拒否したため、皇帝は、礼儀を知らないと腹を立て、婚儀の延期を命じた。
皇帝も厳しいですね!

夜遅くになって、瑶君に、皇帝からのお召しが来る。心配になった瑶君は、年姝媛に打ち明け、あとからついてきてもらうことにする。
夜遅くでは、不安ですね・・・

24話 康熙帝が愛した人

皇帝の所に行った瑶君は、皇帝から葡萄で作られたお酒を飲むようにすすめられる。瑶君は、お酒に弱いのだが、皇帝に逆らうことはできず、飲むことになる。
皇帝が少し強引ですね!

しかし、瑶君は、酔って頭が痛くなってしまう。倒れそうになるところを皇帝に支えられるのだが、そこに年姝媛が瑶君を連れ戻しに来る。

皇帝は、皇太子の母の絵姿を見て、悲しんでいた。皇帝が生涯で最も愛する女性であったが、皇太子を産んですぐに亡くなっていたのだ。そして、皇帝はその絵を見るのがつらくなり、皇太子に譲る。
そこまで大事な人だったのですね!

その絵姿を見せられた年姝媛は、瑶君に似ていると気づく。

そして、年姝媛の考えで、瑶君を皇太子の母の扮装をさせて、皇帝に、二人の仲を邪魔しないように進言することを決める。
皇帝をだますようなことをして、大丈夫?

皇帝は、扮装した瑶君を見て、赫舎里が生き返ったように思い、二人の婚姻を邪魔しないと約束する。それを聞いた皇太子と第八皇子がすぐに皇帝の元に駆け寄ったので、皇帝は、仕組まれたことだったと気づく。

皇帝は、心を深く傷つけられ、誰とも会わないのだった。
ショックがかなり大きいですね!

しかし、瑶君だけは拝謁を許され、皇帝に罪の許しを請うのだが、皇帝は自分の苦しみを吐露するのだった。

22話から24話の感想

皇帝の赫舎里を想う心がとても強いことがわかりました!妃がたくさんいるようですが、赫舎里にまさる女性はいなかったのですね。そんな皇帝を皇子たちがみんなでだまして、かなり罪なことをしてしまいました!本当に生き返ったと思った皇帝は、それが嘘だとわかっても、心がおさまらないのでしょうね。心をもてあそぶのは、かなりひどいことですよね。処罰をどうするのか決められないと言ってましたが、どうするのかしら?瑶君が鍵を握るのかなと想像しますが・・・

一方、温憲公主の想いもかなり強いですよね。男装して、年羹堯を追いかけていくのですから。でも、かなり無茶ですね。

皇太子も年姝媛を、そして、第八皇子も瑶君をひたすら想い続けているようですし、皇帝の血を分けた子たちだと思います♪




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です