花散る宮廷の女たち-あらすじ-25話-26話-27話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-花散る宮廷の女たち-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

花散る宮廷の女たち


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
皇太子の母である赫舎里の絵姿を見た年姝媛は、その絵姿が、瑶君に似ていると気づき、瑶君に赫舎里の扮装をさせて、皇帝をだまそうとして、怒らせてしまう。

瑶君が、皇帝に拝謁し、許しを請うが、心を深く傷つけられた皇帝は、怒りが収まらないのであった。

皇帝をだました罪は重いですね。今回は、25話から27話までをご紹介いたします。

【花散る宮廷の女たち】(ネタバレあり)

25話 胤禛と年姝媛

瑶君の慰めの言葉で、皇帝は次第に怒りが落ち着き、皇帝は最後に瑶君を抱きしめる。
皇帝のつらさがわかりましたね!

その後、第八皇子と瑶君は、皇子たちだけの参列で婚礼を行った。

だが、皇帝は、皇子たちにそれぞれ罰を与え、年姝媛には、牢獄行きを言い渡す。
やはり罪は罪ですね!

皇太子は、年姝媛にすぐに助け出すと告げるのだが、そんな皇太子に、胤禛は、自分に任せてくれと告げた。

胤禛は、年姝媛に体力をつけさせるために、自らお菓子を届ける。
胤禛が大胆な行動をするようになりましたね!

反乱の平定で功労をあげて、戻って来た年羹堯に、皇帝は褒美として朝廷の重臣に昇格させるのだが、年羹堯は、年姝媛が牢につながれていることを気にしていた。

年姝媛の話を避けようとする皇帝に、胤禛は、年姝媛の功績を持ちだし、特赦を進言する。

凝秀の父である費揚古将軍が、病死したことが皇帝に知らされ、皇帝は大きな衝撃を受ける。

父を失い、婚儀をあきらめた凝秀に、胤禛は、夫婦となる約束はそのままだと告げる。
胤禛は、あくまでも皇帝に従うのですね!

牢から出ることを許された年姝媛を皇太子が迎えに行く。そして、そこに胤禛が凝秀と一緒に現れ、祝言をあげることになったことを伝える。

年姝媛が一人で詩を口ずさんでいると、婚儀を終えた胤禛が現れる。
婚儀を終えたばかりなのに?

26話 現わした素顔

年姝媛と胤禛が話をしている姿を見た皇太子は、胤禛にきつくあたり、年姝媛を怒らせてしまう。

そんな皇太子に胤禛は、年姝媛への積年の想いを打ち明け、自分の本性を見せるのだった。
胤禛が本音を明かしましたね!

お祝いのために、凝秀の元を訪れた賀蘭は、凝秀から、皇太子への執着心を捨てるように助言される。

その夜、皇太子は、胤禛から言われたことを思い出しながら、やけ酒を飲んでいた。そこへ、別れの挨拶を言いに来た賀蘭が、恵妃からもらったお酒を持って現れ、皇太子と一緒に飲む。
あぶないですね!

お酒をかなり飲んだ皇太子は、賀蘭を年姝媛と勘違いをし、一夜を過ごしてしまう。
はめられてしまいましたね!

徳妃は、温憲公主を年羹堯に嫁がせたいと思っていたが、皇帝は、年羹堯がまだ栄憲公主を忘れられずにいるので、当人同士で解決すべきであると考えていた。

賀蘭は、皇太子に、身ごもったことを告げる。それを聞いた皇太子は、黙って出て行くのならば望みは何でも叶えると告げるが、賀蘭は、皇太子の心がほしいと答える。
身ごもったの?

石文炳が、皇帝に拝謁し、娘の賀蘭が皇太子の子を身ごもったことを報告する。それを聞いた皇帝は、賀蘭を皇太子妃に冊立すると命じる。
賀蘭の企みが成功したのですね!

皇太子は、年姝媛に釈明をしに行くが、年姝媛は、皇太子に会おうとしなかった。

27話 すれ違う心

皇太子の婚礼の準備が進む中、年姝媛は、部屋にこもり、誰とも会おうとしなかった。そして、羅桑大師から、婚礼の日は、皇宮を離れた方がいいとの助言を受け、皇宮を出ることにする。

婚礼の日、花嫁の賀蘭が到着するが、皇太子は、姿をくらましていた。皇太子は、雨の中、年姝媛を探しに行っていた。
婚礼には参加しないつもりですね!

婚礼を放棄された賀蘭は、一人涙する。
花婿のいない婚礼はつらいですね!

皇太子は、年姝媛を一晩待ち続け、朝を迎えて年姝媛と対面する。年姝媛を放さないと言う皇太子に、年姝媛は、頑なに皇宮へ戻るように説得する。

年姝媛は皇宮に戻るが、皇太子とは会わないつもりでいた。しかし、皇太子は、年姝媛に会わずにはいられないのであった。
皇太子は自分の気持ちをおしつけてばかりですね!

年姝媛が皇宮に戻ったことを知り会いに行った賀蘭は、年姝媛から、皇太子を本当に愛していたら、皇太子を苦しめることはしないと言われ、怒りを露わにし、早くここから出て行くように告げ、今日から敵同士だと言い放つ。

皇太子は、皇帝に拝謁し、年姝媛を娶りたいと訴えると、皇帝は激昂する。更に皇太子は、好きな女も娶れないなら、皇太子は返上すると言い放ち、皇帝は、皇太子の顔を平手打ちする。
皇帝の嘆きが伝わってきますね!

25話から27話の感想

賀蘭は、恵妃からの入れ知恵で、すごいことをしましたね。でも、皇太子もまんまとそれにはまってしまうなんて、日ごろから脇が甘いからですよね。かわいそうなのは、年姝媛ですね。皇太子に振り回され続けていますね!

皇太子の心をつかめない賀蘭の年姝媛に対する嫉みは、かなりのもののようですから、年姝媛が皇宮に残ることになり、今後は、二人の戦いが続いていくのかもしれませんね。ちょっとこわいですね。

そして、びっくりだったのは、胤禛ですね!胤禛は、年姝媛が好きだったのですね。でも、自分の気持ちを吐露したのはなぜなのでしょう?皇太子の地位を狙っていても、絶対に表に出さないで来たのに・・・皇太子が甘く見られている証しですね。胤禛は、すでに正室をもったけど、どうしようと考えているのかしら?今後が楽しみです♪




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です