花散る宮廷の女たち-あらすじ-28話-29話-30話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-花散る宮廷の女たち-あらすじ-28話-29話-30話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

花散る宮廷の女たち



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
皇太子は、賀蘭の企てにより、賀蘭を娶ることになってしまう。しかし、婚礼の日に、皇太子は、皇宮を抜け出し、年姝媛を探しに行く。

年姝媛とやっと会えることがかなったが、年姝媛からは皇宮に戻るように説得される。

皇太子は、どうしても諦めることができず、皇帝に年姝媛を娶りたいと訴えたのだが、皇帝から怒りを買ってしまう。

皇太子は、また皇帝を怒らせてしまいました。皇帝の怒りがだんだん激しくなっている気がします。今回は、28話から30話までをご紹介いたします。

【花散る宮廷の女たち】(ネタバレあり)

28話 女の私怨

皇帝は、皇太子の態度に、激しい怒りと大きく落胆をするのだった。
皇帝の落ち込み方もかなりですね!

皇太子は、賀蘭と言い争いになり、皇帝に年姝媛との婚姻を頼んで来たことを話す。
あおるようなことを言わなくてもいいのに・・・

賀蘭は、年姝媛の元を訪れ、年姝媛を破滅に追いやろうと、わざと倒れて、お腹の子を犠牲にしようとする。そして、出血した賀蘭は苦しんで、気を失ってしまう。
そこまでする?

幸いお腹の子に異常はなかった。しかし、賀蘭の侍女が嘘の証言をし、新しくついた侍女からも嘘の証言をされ、年姝媛は、無実を訴えても聞き入れてもらうことはできず、皇帝から投獄を命じられる。

索額図が、皇太子と徒党を組み、武器の隠匿と謀反の企てに関わっていたとして、告発され、投獄される。

年姝媛は、牢から出され、年羹堯に出迎えられる。一方、索額図の一件で、皇太子は、廃太子となり、禁足処分となる。
2回目の廃太子ですね!

皇帝は、胤礽と二人きりになれる船の上で、胤礽が無実であることを知っていると明かす。しかし、胤礽に、君主に求められる「忍」も明晰さも感じられず、胤礽の命を守ってやれる唯一の手立てであったと告げた。
さすが皇帝ですね!胤礽を見抜いていますね!

29話 滅びゆく家族

賄賂をもらっているという疑いをかけられ、年遐齢と年希堯が捕えられ、流刑されることになる。
誰の罠なのでしょう?

それを聞いた年姝媛は、助けを求めに第八皇子を訪ねる。そこに、年姝媛を捕えに役人が来るのだが、第八皇子と瑶君にうまくごまかしてもらう。

そして、第八皇子の手助けで家へ戻るが、母親も連行されたことを知る。

そこに胤禛が現れ、年姝媛を捕えに来たと告げる。
すべて胤禛が仕組んでる?

年姝媛は、状況を覆せる可能性がないことがわかり、絶望するのだが、胤禛から、解決の方法が一つだけあると告げられる。それは、胤礽と絶縁することであった。

胤礽との関係がなかったことにするために、胤禛に嫁ぐように迫られる。胤禛から、婚姻は形だけのものにすると言われ、年姝媛は承諾する。
年姝媛はすがる思いですね!

翌日、胤禛は、皇帝に拝謁し、年姝媛との縁組の許しを請う。そして、胤禛の説得で、皇帝から許しをもらう。
うまく皇帝を説得しましたね!

年姝媛が胤禛に嫁ぐことを知った胤礽は、婚礼に駆けつけるが、年姝媛から相手にされなかった。

婚礼の夜、胤禛は、年姝媛と年姝媛の家族を責任を持って守っていくと約束をする。
胤禛が望んだことなのでしょうね!

年姝媛と胤禛が、一緒に胤礽を訪ねるが、胤礽は会いたくないと言って、会わないのだった。

30話 募る思い

胤禛は、胤礽に年姝媛との婚姻は、名目だけの夫婦であることを明かし、胤礽がやっと扉を開け、年姝媛と対面する。胤禛は話ができるようにと、二人だけにしてあげる。
胤禛はやさしいですね!

病で故郷に帰っていた寵臣の李光地が戻って来て、皇帝は、李光地に立太子の相談をする。
鍵を握る人物なのでしょうか?

それを知った胤禛の叔父の隆科多は、李光地を味方につけるように胤禛に提案する。

そして、隆科多は、李光地の元を訪れ、胤禛が皇太子にふさわしいと推挙するが、李光地は相手にしなかった。
かなり直接的な方法をとりましたね!

皇帝は、激務によって、突然、手が動かなくなり、薬をこぼしてしまう。胤祉と胤禛が呼ばれ、二人が、政務を任されることになる。

年姝媛は、胤礽の所に行く許しを得ようと、胤禛に手料理を作って持っていく。
胤禛がうれしそう♪

年姝媛は、胤礽に、賀蘭の出産が近いので、賀蘭の側にいてあげるように話していたのだが、年姝媛の姿を見た賀蘭が、いきなり年姝媛の顔を平手打ちしたので、胤礽が賀蘭を突き飛ばしてしまう。そして、賀蘭は早産になってしまうが、無事に皇子を産む。
無事に産まれてよかった!

恵妃は、皇帝に、出産前に、賀蘭と年姝媛との間でいざこざがあり、それが早産を招いたと告げ口をする。

それを聞いた皇帝は、年姝媛に1年間の禁足を命じた。

28話から30話の感想

今回はいろいろな出来事が立て続けに起こりましたね。その中でも、なんといっても、年姝媛の婚姻ですかね。冤罪で捕まってしまった家族を助けるために、胤禛に嫁ぐことを決心しました。すでに家族が捕まっているのにそんなことができるのかしらと思いながらも、胤禛がすべて仕組んだことかなと疑っています。

胤禛が皇太子の座を得るために、着々と行動をおこしているのでしょうね。皇帝もみんなだまされていますよね。胤禛は、地位に関心がないと・・・でも、実際はかなり用意周到なタイプなのですね。

胤礽は、また廃太子になってしまいました。まったく皇帝になる器ではないですね!でも、皇帝も、誰を皇太子にしていいのか悩ましいでしょうね!みんな一長一短のように見えます。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です