花散る宮廷の女たち-あらすじ-31話-32話-33話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-花散る宮廷の女たち-あらすじ-31話-32話-33話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

花散る宮廷の女たち


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
康熙帝の寵臣である李光地が故郷から戻って来て、皇帝は、李光地に立太子の相談をする。

その一方で、皇帝は激務が続き、体の不調を訴え、胤祉と胤禛に政務を任せることにする。

胤礽が賀蘭を突き飛ばしたことで、早産となってしまうのだが、無事に皇子を産む。しかし、早産を招いた原因が年姝媛にあることを、恵妃が皇帝に告げ口をし、年姝媛は、禁足を命じられてしまう。

皇帝の体調が悪そうでしたね。まだ皇太子も決まっていないのに、大丈夫なのかしら?今回は、31話から33話までをご紹介いたします。

【花散る宮廷の女たち】(ネタバレあり)

31話 嵌められた胤禩

恵妃が賀蘭の元に来て、弘晳を抱かせてほしいと言って、弘晳を抱き、かわいがる。しかし、恵妃は、弘晳を侍女に手渡し、皇帝の命令であると言って、弘晳を連れて行ってしまう。
酷なことをしますね!

弘晳を奪われて嘆き悲しむ賀蘭に、胤礽は、自業自得であると言って、冷たくあしらう。しかし、胤礽も子どもを奪われ、心を痛めていた。
胤礽も子どもをかわいがっていましたものね!

納蘭明珠が、胤禩が皇帝の誕生日に贈るための貴重な鷹である海東青を持ってくる。

胤禩が、誕生日のお祝いの品を皇帝に見せるのだが、用意した鷹は2羽とも死んでおり、それを見た皇帝は倒れてしまう。
衝撃的です!

侍医に診てもらった皇帝は、水銀中毒にかかっていることを告げられる。そして、侍医が、皇帝が飲んでいる金丹を調べると、中に水銀が含まれていた。
えっ?

その金丹は、恵妃が胤禩からもらったもので、胤禩は、納蘭明珠から紹介された医者からもらっていたのだった。

金丹は、恵妃から飲まされており、恵妃を疑った皇帝は、恵妃を禁足処分とする。

李光地の証言によって、胤禩は、皇帝から父子の断絶を言い渡され、監禁されることになり、納蘭明珠は、朝廷から永久追放となる。
李光地が証言するなんて?

李光地は、患っていた病が再発したので、帰郷したいと皇帝に願い出る。

32話 兄弟の絆

胤禩が病気になってしまい、胤祉が雨の中を座り込んで、皇帝にお願いをし、侍医を呼んでもらう。

胤禩の処分を知った年姝媛は、何者かの陰謀を疑うのだが、それを聞いた胤禛は、考え過ぎだと年姝媛を諭すのだった。
年姝媛に頑張ってほしいところなのですが・・・

帰郷しようとしている李光地を胤禛が見送るのだが、李光地は、胤禛を褒めながらも、釘を刺すことを言い、胤禛は不快感を露わにする。

胤禩は、李光地が残した文を読む。その文には、胤禛に脅かされて、胤禩を弾劾する上奏をしたと書かれていた。

その手紙は、胤祉から胤礽へ届けられ、胤禛が皇太子の座を奪う気で動き出していることが知らされる。
すべてが明らかになりましたね!

胤祉が証拠を探しているのを知った胤禛は、胤祉に本性を露わにし、李光地の文を出すよう脅しをかける。逆らうことができない胤祉は文を渡す。
胤禛は、かなりしたたかです!

皇帝が倒れ、徳妃は、皇帝が春まで持たないことを知る。

皇帝が胤礽を呼び、梁九功が迎えに行こうとすると、胤禛が現れる。脅しをかけられた梁九功は、胤礽のところに行かずに、皇帝の元に戻り、胤礽は皇帝に会いたくないと言っていると嘘をつく。
梁九功までも胤禛に取り込まれてしまったのですね!

皇帝は梁九功に皇太子の事は心づもりがあることを明かす。

33話 皇帝の座

胤祉は皇帝が危篤であると胤礽に伝えに行く。そして、二人は急いで皇帝の元へ向かう。
間に合うかしら?

皇帝は疲れたと言って、目をつぶり、そのまま永眠してしまう。梁九功はつらい気持ちを押さえて、詔書に玉璽を押し、隆科多に手渡す。
梁九功は気づいていて玉璽を押したのですね!

胤礽と胤祉が皇帝への謁見を申し出るが、隆科多が阻止をするのだった。

そこに梁九功が現れ、皇帝が崩御されたことが皆に伝えられる。そして、聖旨が読みあげられ、胤禛が皇位を継承することになる。
とうとう胤禛が皇帝になりました!

胤禛は、雍正帝となり、凝秀は皇后に、そして、側室である年姝媛は、貴妃として冊封される。

胤祉は、皇帝となった胤禛から、即刻、皇陵に行き、墓守をするようにと命じられる。
胤禛は容赦ないですね!

胤禩は、瑶君に離縁状を書いていた。瑶君は拒絶をするのだが、そんな中、胤禩が血を吐いて死んでしまう。瑶君も、テーブルの上にある酒を飲んで、胤禩のあとを追う。
毒酒だったのかしら?

胤禛は、胤礽の元を訪れ、年姝媛との文のやり取りを批難し、胤礽に圧力をかける。

病でふせっていた賀蘭は、胤礽に、弘晳のことを頼むとそのまま息を引き取ってしまう。
賀蘭もかわいそうな人生でしたね!

胤禛が、年姝媛の部屋に突然入って来る。

31話から33話の感想

今回は、いろいろな人が亡くなりました。皇帝は水銀を飲まされていたことから、体が弱っていましたが、最期は穏やかな死に方でしたね。後継者を決めることもできず、真実を知ることなく逝ってしまいました。

胤禩は、うまく利用されて最後はかわいそうな日々でした。瑶君もこんな死に方をするなんて、考えてもいなかったでしょうね。

そして、賀蘭ですね。子どもを産んでから、体調を回復することはなかったようですね。でも、胤礽から少しは優しくしてもらえたことが救いでしょうか。ただ、悪いこともしましたからね・・・

すべては、皇帝となった胤禛が仕組んだことなのかと思います。かなりの策士のように見えました。年姝媛も取り込まれていってしまうのかしら?




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です