花散る宮廷の女たち-あらすじ-34話-35話-36話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-花散る宮廷の女たち-あらすじ-34話-35話-36話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

花散る宮廷の女たち



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
胤禛は、康熙帝が崩御する前に、自分が皇位を継承できるように手を回し、皇帝の地位を得ることになる。

凝秀は皇后に、そして、側室である年姝媛は、貴妃として冊封される。しかし、皇子である胤祉は、皇陵での墓守を命じられ、胤禩は命を落とす。胤礽は、年姝媛との文のやり取りを責められる。

胤禛は年姝媛をどうしようと考えているのかしら?今回は、34話から36話までをご紹介いたします。

【花散る宮廷の女たち】(ネタバレあり)

34話 狭間の年姝媛

年姝媛は、胤礽に書いた文を胤禛に見られてしまう。胤禛は、不本意ながら嫁いだかもしれないが、離縁することはできないと告げ、文に書かれた「忘」という字に印をつけ、胤礽への想いを断ち切るように促す。
胤禛はじわりじわりと攻めてきますね

年姝媛は、胤礽の元を訪れるが、胤礽から冷たくあしらわれる。

夜、年姝媛は、胤礽の元を訪れたことを、胤禛から指摘され、あの者をどうしたいのか、苦しめたいのかと迫られ、覚悟を決める。
とうとう胤禛の想い通りになってしまいました!

朝議で、国境に兵を進めているウルグンにどう対処すべきか話し合われ、ウルグンを説得し、撤退させるために、年羹堯が、20万の兵を率いて出陣することになる。

栄妃は今際の際で、年羹堯に、栄憲公主に会ったら、申し訳なかったと伝えてほしいと頼み、そして、ウルグンが抵抗したとしても、命を奪うことはしないでほしいと懇願する。
母の願いですね!

年羹堯が兵を動かさず、戦おうとしないことが胤禛に伝えられるのだが、そこに年羹堯から援兵派遣の要請が来る。

ウルグンたちが近くまで迫ってきていることを知り、年羹堯が迎え撃つ準備を命じるが、兵士たちは酷暑で倒れ、戦える状況ではなかった。そんな中、何度も要請していた援軍がやっと来ることになる。
ウルグンは、援軍が到着する前に攻撃することを決める。
今攻められたら終わりですね!

35話 閉ざされた感情

ウルグンが年羹堯を始末しろと命じると、それを聞きつけた栄憲公主がウルグンを止める。
これは放っておけないですよね!

自分が和議の使者となると言う栄憲公主にウルグンは反対するが、個人的な話をしないという約束をし、送りだす。

敵の騎兵が向かっているとの知らせで、年羹堯は応戦の準備をするのだが、やってきたのは、栄憲公主であった。
12年ぶりの再会ですね!

栄憲公主が、撤兵の条件を聞きに来たと告げると、摩訶薩が、それはウルグンの首だけだと答えたので、栄憲公主は、和議を望まないのであれば戦を受けて立つと言い返す。
栄憲公主らしくていいですね!

帰ろうとする栄憲公主を摩訶薩が捕えようとするが、年羹堯が制止する。

和議の意志があると知った年羹堯は、ウルグンの元に行き、ウルグンを説得し、和議を成立させる。

しかし、ウルグンは、待ち伏せしていた清の兵士によって殺されてしまう。
和議が成立したのに・・・

突然、軽騎兵が襲ってきて、年羹堯は応戦する。しかし、なぜ襲ってくるのかわからず、翌日ウルグンに会いに行く。

しかし、そこには喪服を着た栄憲公主がいた。栄憲公主は、年羹堯に夫の首を返してと詰め寄る。
栄憲公主はウルグンの元で幸せだったのですね!

部隊に戻った年羹堯は、摩訶薩がウルグン暗殺を指示したことがわかり、摩訶薩を殺してしまう。
激しい怒りですね!

年羹堯はウルグンの首を栄憲公主に届け、都に帰ることを促すが、栄憲公主は昔、渡した玉の笛を手にすると、投げ割ってしまう。

36話 年羹堯の最期

栄憲公主は、清は私の家ではなく、ウルグンこそ私の家だと告げ、年羹堯を突き放す。
強い決心ですね!

その後、清へ戻った年羹堯を、雍正帝は、酒でもてなす。しかし、年羹堯はその酒を拒む。

その年羹堯の姿を見て、雍正帝に良からぬ感情を抱いていると思った隆科多は、雍正帝に年羹堯の殺害を進言する。
えっ?殺されてしまうの?

それを陰で聞いていたのを雍正帝に感づかれた温憲公主は、雍正帝から釘を刺されるが、温憲公主は、年羹堯を見逃してほしいと懇願する。

だが、雍正帝は聞き入れず、温憲公主を軟禁してしまう。

温憲公主は、母である徳妃に年羹堯を助けるために外に出してほしいと必死でお願いし、徳妃は根負けし、侍女と皇宮を出て行くように告げる。
母は、娘の願いをかなえてあげたいと思ってしまいますよね!

皇帝が自分を殺す気であるとわかった年羹堯は、腹心の啓寿に、後のことを頼む。

そして、死を覚悟して、皇宮に向かった年羹堯に、皇宮では、たくさんの矢が向けられていた。そんな中、温憲公主が年羹堯のそばに駆け寄ってくる。それに気がついた年羹堯は、温憲公主を守るために自分が矢を受け、命を落とす。
年羹堯の後悔の言葉を聞かされてもね・・・

嘆き悲しむ温憲公主は、年姝媛に、年羹堯は胤禛に殺されたことを伝え、胤禛が、皇子たちや年家を陥れたり、すべてのことを画策したのであると明かす。

34話から36話の感想

栄憲公主が蒙古でウルグンの妻として幸せに暮らしていた様子がわかりましたね。清を離れるときのうしろ髪を引かれる姿が印象的でしたが、やはり結婚し、ウルグンから大事にされたら、女としては幸せなのかもしれませんね!清に帰らないという決心がそれを物語っていますね♪

雍正帝が、自分が皇帝になるために、いろいろなことを画策し、多くの人を陥れて来たことが、妹の温憲公主によって明るみになりました。年姝媛は、自分がだまされてきたことを知り、その上、年羹堯を殺され、頼る人もいなくなってしまいました。年姝媛は、どうするのかしら?

もう次回が最終話となってしまいました!中国ドラマとしては37話は短い方ですね。年姝媛が胤禛とどのように対面するのかが気になります。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です