記憶の森のシンデレラ-あらすじ-10話-11話-12話-ネタバレありで!

韓国ドラマ-記憶の森のシンデレラ-あらすじ-10話-11話-12話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

記憶の森のシンデレラ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
優勝者には世界的デザイナーの座が約束されるというニューウェーブデザインコンペが始まりました。ウェイウェイはもうすでに“デザイン界の神”と呼ばれるような存在ですので、本来ならば軽々優勝できるはず。しかし今は23歳の頃の技術しかないウェイウェイ。優勝することができるのでしょうか?!

【記憶の森のシンデレラ】(ネタバレあり)

第10話「最愛の父」

父親をテーマにした衣服のデザインでは、ほかの挑戦者がスーツをアレンジする中ウェイウェイはカジュアルなジャケットをデザインしました。これはウェイウェイの父親の好みであり、太極拳をするときでも動きやすく通気性もいい、さらにバッグに変形させることもできます。
ここで太極拳が出てくるなんて、なんとも中国らしいですね!でもジャケットをバッグに変形したらしわくちゃになっちゃいそうです…。

審査員も納得の出来でしたが、記者からウェイウェイの父親が5年前の交通事故ですでに他界していることを暴露されます。コンペ中のインタビューで父親について語ったことはねつ造だと批判されるウェイウェイ、茫然自失で涙ながら街を彷徨います。父親の携帯に電話をかけると、シャオが嘘を謝罪してきました。
シャオはウェイウェイを想うあまりウェイウェイの父親の死を伝えず、ウェイウェイが記憶喪失になったことも秘書のオウイエ以外には伏せています。嘘を重ねるシャオ、結局ウェイウェイの首を絞めているんですよね。

その場に座り込むウェイウェイをレオが連れだします。優しくウェイウェイを慰めるレオ。レオはウェイウェイが記憶を失っていることに気付いていました。5年前の交通事故でレオの両親も亡くなっており、児童施設で虐められていたところをウェイウェイが助け出したことからウェイウェイはレオを引き取り、2人は義姉弟になったのです。ウェイウェイをすべて受け入れ優しく包み込むレオでした。
最悪の状態でウェイウェイが最愛の父の死を知ってしまいましたが、レオが優しくウェイウェイのすべてを包み込んでくれてちょっとホッとしました。

ウェイウェイが父親の死を偽ったと思いアドバイザーを降りると激怒するイードゥーですが、レオからウェイウェイは父親の死を受け入れられず今に至るから嘘をついたわけではないと言われ、またウェイウェイが父親の墓参りをする様子を見てやはりアドバイザーを継続することにします。
イードゥーの母親とウェイウェイの父親は過去に何かあったようですね。恋愛がらみでしょうか?それをきっかけにウェイウェイとイードゥも険悪の仲になったと予想しています。

最終決戦は南渓村。携帯やパソコンがない中挑戦者とアドバイザーが共に生活し、素朴な南渓村をモチーフに結婚用の礼服をデザインします。
一緒に生活するなんて、ここでまたウェイウェイとイードゥの距離が縮まりそうです。

第11話「合歓(ごうかん)の花」

パリでの火災がイードゥーの仕業ではないかと疑い続けるシャオはオウイエと共にパリに立ち調査を開始します。当時守衛であった男から情報を得ますが、守衛はカン・シンに買収されており嘘の情報を得たでした。
フランス人の元守衛に淡々と中国語で話すシャオとオウイエ。元守衛は中国語が分かる設定です。カン・シンは副社長の手下だったはずですが、今回はサングラスの男のもと動いていますね。「イードゥーには知られるな」って言ってましたからモー・ファンでしょうか??

南渓村では、ウェイウェイとイードゥーの宿主である女性とティファニーとレオの宿主である男性がいつも言い争っていました。実は想い合っているこの2人。なかなか素直になれず10数年間喧嘩ばかりしているようです。ウェイウェイは2人の恋を後押ししようと考え、イードゥー、レオ、ティファニーも協力します。4人は芝居を打って男性に告白させ、2人は結婚することになりました。ウェイウェイたちが村にいるうちに結婚式を挙げたいという宿主。ウェイウェイたちは協力し合って村の花である合歓の花をあしらった結婚衣装を考えます。
今まで

記憶の森のシンデレラ

を見てきて今回が一番好きな回です。今まで意地悪なだけだったティファニーはレオに優しくするし、ウェイウェイたちが4人で協力して笑顔を見せるし、見ていて嬉しくなっちゃいます。

狼に追いかけられ木に登るウェイウェイとイードゥ。2人が登ったのは合歓の木でした。合歓の花と葉で染色することを思いつくウェイウェイ、衣装作りを始めます。最終決戦の投票はアドバイザーと村人が行うことになりました。レオがティファニーに1票を入れたところでウェイウェイとティファニーは同数、残るイードゥーはウェイウェイに票を入れました。
こういう場合、アドバイザーから先に票を入れないと不正を疑われそう。イードゥーはティファニーに票を入れたら自社のデザイナーを優遇してることになりますし、状況的にウェイウェイに票を入れるしかないですよね…。

第12話「彼女は黒幕?」

ウェイウェイの性格が変わったことに戸惑い、ウェイウェイが変わったのなら自分も変わるべきだろうかとモー・ファンに相談するイードゥー。モー・ファンは5年前の事故のことを何か知っているようです。
ウェイウェイのお父さんが亡くなった5年前の事故はモー・ファンが関わっている感じでしょうか?モー・ファンは腕を痛がっていますが、それも事故と何か関係があるのかもしれません。

南渓村で撮ったイードゥーの写真を見てにやけるウェイウェイ。イードゥーに対して気持ちの変化があったようです。
イードゥーのまぼろしを見て「電話しちゃおっかな」って、それ完全に恋でしょう!

DUの前でラテという女性がマスコミに向かって訴えていました。ラテはDUのウェディングドレスを着たことでアトピーになり婚約も破断したと言うのです。
DUからの和解にも応じず、示談金も受け取らないラテにウェイウェイが説得を試みますが、ウェイウェイがラテと会っているところをイードゥーとモー・ファンに目撃され、モー・ファンはイードゥーにウェイウェイが黒幕ではないかと指摘します。
これがカン・シンと謎の男の作戦だったんですね。イードゥーをあのバーに連れてきたモー・ファンがやっぱり怪しいですね。

それでもウェイウェイを信じると言うイードゥー。ウェイウェイはラテがもともとアルコールアレルギーで、湿疹が出たところをDUのウェディングドレスのせいにしたことを突き止めラテにDUへの謝罪を求めます。
ウェイウェイお見事!イードゥー。の誤解も解けるといいのですが…。

モー・ファンは26年前の交通事故のことを思い出していました。両親が亡くなり、腕を負傷した交通事故。モー・ファンもまた交通事故で家族を失った犠牲者なのでした。
モー・ファンは26年前の事故で腕を痛めたんですね。両親の車に衝突した車、運転手と思われる男性が一瞬映りましたが、あの男性がウェイウェイのお父さんでモー・ファンは5年前交通事故を起こしてウェイウェイのお父さんを葬り両親の敵討ちをした感じでしょうか?

記憶の森のシンデレラ~STAY WITH ME~第10~12話の感想・まとめ

ウェイウェイがどんどん可愛らしくなってきています。ウェイウェイは服装もとっても素敵ですね!次回はラテの件で誤解が解け、ウェイウェイとイードゥの距離がますます近づいていくのでしょうか?!また、謎の男はモー・ファンなのか…?気になるので早く明らかにされてほしいです!!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です