記憶の森のシンデレラ-あらすじ-最終回(39話)-結末は!?

韓国ドラマ-記憶の森のシンデレラ-あらすじ-最終回(39話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

記憶の森のシンデレラ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ようやくモー・ファンを倒す証拠のビデオを撮影することに成功したシャオですが、カン・シンに追われて車が横転、意識不明の重体となり証拠も奪われてしまいました。シャオがウェイウェイを守るためモー・ファンと手を組んだふりをしていたことを知ったウェイウェイとイードゥー。なんとしででもカン・シンに命を狙われているシャオを助けてほしいです!

【記憶の森のシンデレラ】(ネタバレあり)

第39話「シンデレラの幸せ」

医師に扮して病院に忍び込んだカン・シンですが、シャオに手をかける直前に待ち伏せしていた警官に逮捕され、モー・ファンは指名手配されることになりました。検問が張り巡らされ逃げ場がなくなったモー・ファンはウェイウェイを連れ去りイードゥーをおびき出します。
ウェイウェイの前にモー・ファンが現れたときには本当にゾッとしちゃいました。警察に言わない約束を守ってウェイウェイとモーファンのもとへ向かうイードゥー。警察も早く来て~!

イードゥーがウェイウェイを守るためにモー・ファンを殺すか、モー・ファンがウェイウェイを殺すか、どちらにせよイードゥーは一生苦しむことになる。そう思っていたモー・ファンにイードゥーは26年前の交通事故の真相を涙ながらに語ります。実は26年前の交通事故はイードゥーの父に過失があったのではなく、モー・ファンの父親の飲酒運転であったこと。それでも罪悪感を感じたイードゥーの父が匿名でモー・ファンに送金を続けそのおかげでモー・ファンは大学を出られたこと…。まだモー・ファンを兄として見るイードゥーは1年前にこの事実にたどり着いたものの、モー・ファンがショックを受けると思い隠していたのです。もう何もかも遅い、そう絶望したモー・ファンはウェイウェイを離して廃工場の屋上から身を投げます。
最後の最後に真相が明らかになりました。モーファンは事故の調査書を確認していなかったんですね。父親の飲酒運転で母親を亡くすなんてむごすぎる。。

モー・ファンは殺人未遂、詐欺、名誉棄損の罪に問われ、罪を認めたモー・ファンは懲役15年を言い渡されました。フランス警察からは傷害と放火の罪に問われましたが証拠不十分で不起訴、兄弟の情を感じるイードゥーが証拠を集めてモー・ファンの潔白を証明していたのでした。面会に訪れたイードゥーはモー・ファンを今でも最高の兄貴だと言い、釈放を待っていると告げます。
イードゥーのモー・ファンへの想いは相当強かったんですね。今まで1人で生きてきたモー・ファンが救われた瞬間でした。

シャオは無事退院し、フォグループの会長となることが決定しました。業績低下の一途を辿る玲瓏のウェディング部門は大幅縮小され、婦人服部門を主力とすることが決まります。
玲瓏にも平和が戻り、社内ではツァオ・チョンと入籍していたスー・フェイの妊娠が発覚、オウ・イエとジェニーも結婚することになりました。
シャオの誤解が解けて本当に良かった!シャオ家の会社は玲瓏だけだと思っていましたが色んな会社があったんですね!フォグループの存在は初耳でした。

シャオはコティヤール女史に初心の素晴らしさを説いており、レオとティファニーの結婚式に参列したコティヤール女史から初心のフォンテーヌ出店決定が発表されます。幸せ溢れるウェイウェイとイードゥーでした。
1年前「ティファニーがいいならすぐにでも結婚したい」なんて言っていたレオですが、結局1年も待たせていたんですね。ティファニーのウェディングドレスは自分でデザインしたものでしょうか?

記憶の森のシンデレラ~STAY WITH ME~第39話(最終話)の感想・まとめ

最終回も途中まで本当に気が抜けなかったですね。最後は登場人物たちそれぞれに幸せが待っていてシャオの笑顔も戻り、見ているこちらも今までの胸の苦しさが報われた気がしました。でも、あんなに「いつかパリのショーでプロポーズされたい」「結婚式は“初心”を着る」と言うウェイウェイとイードゥーのシーンを繰り返していたんですから最後はウェイウェイとイードゥーの結婚式が見たかったなぁ…。それだけが心残りです!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です