霜花の姫-あらすじ-22話-23話-24話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-霜花の姫-あらすじ-22話-23話-24話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

霜花の姫



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回から、錦覓は歴劫のために人間界に修行に行くことになりました。ところがそれを利用して天后が錦覓を亡き者にしようと企んでいることがわかり、旭鳳が錦覓の後を追って、さらに旭鳳の後を追って穂禾も、おまけで燎原君も人間界に向かうことに。
天帝は「歴劫への干渉禁止」ということにしますが、そんなことを聞く天后ではなく、旭鳳と穂禾を人間界でくっつけろ、と縁機仙女に設定させようとします。

ところが何の運命のいたずらか(っていうか月下仙人の赤い糸のせいで)、人間界でも旭鳳と錦覓は出会ってしまいます。刺客に傷ついた旭鳳を錦覓が治療しながら、不器用に接近する二人を天界中がハラハラ見守っているような感じでしょうか。天后もきっとつぶさに見ているはずで、「ちょっと!これどうなってるのよ~!」って縁機仙女と月下仙人の二人に怒りを爆発させていそうです。
そんな天界の面々と一緒に、仙鏡の前であれこれツッコミながら、人間界恋模様を見てみたいですね♪ 今回は魔界のマスクマン「慕辞」の過去もわかってきますよ~!

【霜花の姫】(ネタバレあり)

22話

熠王と錦覓は無事に赤練軍の追っ手から逃れる。しかし熠王は、食事の毒や凉虢との内通などの一連の背信行為は、すべて南平侯の仕業だったと確信する。錦覓は今までにない激しい胸の痛みと動悸に戸惑っていた。
熠王は地面に「咄嗟のこととはいえ、失礼した」と謝罪を書くが、錦覓は「布越しだったから平気」と平静を装う。
布越しだから平気なわけないない!人間界の錦覓は隕丹ありとはいえ、さすがに情愛を「理解しない」というわけではないと思うのですが、そこはどうなっているのでしょう

彦佑は、洞庭湖の湖底の雲夢澤に住む義母のもとを訪れていた。義母は「呼びつけなければ一生来なかったのでは」と彦佑を非難する。義母は「風の噂で滅霊箭が現れたと聞いたが、これで旭鳳を殺せ」と命じる。かつて水神がこの場所を用意してくれて、鼠仙からも義母を託されたというのに、いまだに憎しみに囚われようとする義母を彦佑は懸命に止めようとするが、聞き入れてもらえない。「決して死ぬな」と言われ、義母の優しさに触れた思いの彦佑だったが、かつての呼び名で「鯉児」と呼ばれて振り返ると、義母が呼んだのは別の幼い「鯉児」だった…
雲夢澤から出た彦佑をその「鯉児」が隠れて見ていた。「鯉児」は泥鰌の妖精で、大事にはされているものの、それは本人の望みとはずれているのだという。彦佑は「やめさせなきゃ」とつぶやき、「鯉児」に「帰してやる」と言うのだった。
彦佑の過去の闇が垣間見られましたが、義母の顔の傷、「鯉児」という名前など、謎が多いですね。彦佑は蛇仙なので、彼もあの子のように「違う名前」で呼ばれていたのかな?

熠王は錦覓に、治療のお礼だと料理を作る。その美味しさに錦覓は喜び、「恩返しだなんて、もう友達のようなものよ、あなたと出会えてうれしい」と返す。熠王は「完治したら願いをひとつかなえよう」と約束するが、錦覓は熠王が聞こえていないつもりで、つい聖女という「熠王」の不老不死のためだけに生きて殺される立場への複雑な思いを口にしてしまう。でも熠王を治療したことで、錦覓は初めて人を救う喜びを実感したのだ…
翌朝、錦覓が目覚めると、書置きをのこしてすでに熠王は発っていた。さよならを言う時間さえ与えてくれない彼の薄情さに、錦覓は寂しさをこらえきれない。
旭鳳が鶏料理、っていいんでしょうか。共食いしなければ、作る分にはいいのか?

長芳主は、老胡が突然口説いてきたのでびっくりするが、自分と老胡の足に赤い糸が結ばれているのを見て誰の仕業か気付き、「あの狐!」と憤って老胡(にんじんの仙人)をウサギ小屋へ閉じ込めさせる。月下仙人がやってきて小屋の術を解いて老胡を出してあげる。月下仙人は錦覓も旭鳳もいなくて退屈で仕方ないのだと嘆く。
長芳主もまた錦覓の不在が手持無沙汰で、人間界での様子が心配でならないが、「外の世界で鍛えさせなければ」と錦覓の巣立ちの時を感じるのだった…
老胡かわいそう♪ 月下仙人は暇だからって、そんな命知らずのいたずらしちゃダメ~

熠王の手当てのために、ひと月近く聖医族の村を留守にしていた錦覓だが、千年人参を持ち出したことでどんな罰を受けるか、内心戦々恐々で村に戻ってきた。ところが羌活が誰にも言わないでいてくれたため、まだバレていないらしい。
同様に熠王もひと月不在だったことで、国政が乱れていた。南平侯は早く熠王の葬儀を出して、自分達の体制を作ろうとするが、熠王を想う南平郡主が葬儀に反対して聞き入れない。ところが、そこに熠王が北苑山荘へ戻ったという急報が入り、南平侯は愕然とする。王宮には南平侯の手が回っていると考えた熠王は、北苑山荘に身を寄せたのだった。大喜びの郡主はすぐに駆け付けようとする。
人間界の穂禾は、悪巧みをそそのかす天后が存在していないので、ほんといい子…

鎏英は旭鳳に危機を知らせるために人間界に来たものの、転生したはずの場所に旭鳳の気配がなく、人間界を探しまわる羽目に。そして誰かが後をつけてきているのを感じていたが、郊外でとうとう仮面の刺客集団に襲撃される。そこに仮面の男がかけつけ、鎏英に助太刀するが、逆に鎏英が仮面の男を庇って刺されてしまう。
仮面の男は鎏英を連れ帰って霊力で治療する。男はかつて仮面をかぶる前に鎏英と親しい存在だった… そして鎏英が目覚めると男の姿はなく、鎏英の体から傷が消えていた。
仮面と仮面がとうとう同じ場面で絡んでしまいました。仮面のゲシュタルト崩壊…

熠王は群臣に「狩りの情報が凉虢に漏れていた」ことを話すが、南平侯は事態を自分が調査すると名乗り出る。熠王が南平侯にわざと毒が効いているように見せたため、南平侯が「聖医族の聖女を召して診察させては」と提案する。熠王は錦覓を巻き込みたくないが、群臣が南平侯に賛同したために拒み切れない。南平侯の朝廷内での動きの速さに愕然とし、熠王は聖女を守るように秦潼に命じる。
そこに熠王を案じて郡主が会いに来るが、郡主の心遣いにも熠王はつれない…
人間界の穂禾は父親の叛心が原因で熠王に疎まれるというのがかわいそうですが、なまじ中身が穂禾なだけに、今までも父親抜きでも過剰に押しまくっていたのでは…

聖医族の村では、とうとう千年人参がなくなっていることが発覚。管理者である錦覓が長老に詰問されるが、錦覓は「不死の薬ができたものの、試すために飲んでしまった」と言い訳をする。ところが錦覓を庇おうと羌活が「飲んだのは私」と言いだして混乱していたところに、突然の急報が。 「熠王が聖女をお召しです」
人間界の錦覓も、夜幽藤のようにホイホイ自前で出せたら良かったのにねぇ…

23話

熠王が不調で聖女の治療を求めていると聞き、錦覓は「聖女の名に恥じぬように尽力します。戻れない万が一の時には次の聖女を決めてください」と固い決意を述べ、羌活を伴って村から北苑山荘に向かう。しかし殊勝にふるまっていたものの、内心は「人参のことをうまくごまかせた」とほっとする。
賑やかな市場で羌活と美味しそうなお菓子に夢中になっていると、占い師に扮した彦佑に絡まれる。天界のことを何も覚えていない錦覓に、彦佑は知ったかぶりして予言を聞かせ、「六界美人鑑賞教典」という本の錦覓の似顔絵を見せて動揺させる。護衛が慌てて錦覓と羌活を馬車に戻すが、彦佑はその馬車を秦潼(燎原君)尾行していることに気付く。
「彦佑と結婚する」とか予言していましたが、実は彦佑も錦覓狙いだったんですかね?

馬車は途中「留香居」という茶楼に到着し、そこでは南平侯が錦覓を待ち構えていた。南平侯は人払いをさせ、「王の容体を随時自分に報告してほしい」と要求してくる。もし拒めば聖医族の命がかかっていると脅迫され、もし受ければ殉葬を免除してもいいという。錦覓はそのことを羌活にも言えずに胸にしまう。
錦覓は北苑山荘に到着したもののしばらく待たされ、羌活と一緒に熠王の差し入れをぱくついていた。羌活は熠王に妃が一人もいないことを不思議に思う。それを聞いた錦覓は、「羌活」から連想して、熠王の病状はもしかしたら「男子の機能」ではないかと思いつく。
人間界の錦覓は天界より優秀ですね!そして男女の違いにも熟知してるという…

ようやく錦覓は熠王の診察に召される。御簾越しの脈診は正常で健康だが、熠王は悪いところを並べ立てて錦覓を混乱させる。やはり「男子の機能」の問題ではないかと思った錦覓は、「羌活」を使用なさっては、と勧めて熠王を赤面させる。熠王は錦覓を呼んだ訳はこれだと「カラスさん」との会話の紙を御簾の向こうから差し出す。錦覓は士賊を助けたことで謝罪し、医者として放っておけなかったと命をかけて懇願するのを見て、熠王は自分のためにと心をときめかせ、足の赤い糸が光る。
そこで熠王は御簾から出て自分だと種明かしする。錦覓は驚き混乱するが、命拾いしたことでほっとする。でも南平侯に何と報告すればよいかと途方に暮れるのだった…
「機能」が低下してたら、包丁でちょんぎられちゃいますよ~♪(それは天界)

潤玉は天界から旭鳳と錦覓が親しげにしている様子を見てイライラし、花界に出向いて「人間界へ錦覓を見守りに行きたい」と長芳主らに告げる。長芳主は愛を知らない錦覓と潤玉の前途を心配するが、潤玉は最善を尽くせば心も開くと言う。
潤玉は水神にも人間界に行って錦覓を守りたいと打ち明けるが、了承なき人間界行きは御法度だとたしなめられる。それでもと言う潤玉に、水神は「用心するように」と…
隕丹のあるまま結婚させたら錦覓はどうなるのでしょうか。潤玉は隕丹の存在がわかっていて、たとえ壊れても錦覓は自分を愛する自信があるということなのかな?

錦覓はあらためて筆談の紙を見ると、実は早くに治っていて全部独り言を聞かれていたことに気付くが、それでも熠王の無事を、聖女として感謝の祈りをささげる。そして目を開けると、目の前にはずっと夢の中で見ていた神仙=潤玉の姿が。潤玉は「鹿飼いの神仙」と名乗り、錦覓に「潤玉」と呼ばせる。
錦覓はいろんな独り言聞かれてましたよね~王の愚痴とか言ってませんでしたっけ?

鎏英は仮面の男の気息を追って北苑山荘にたどり着き、そこでまさに仮面の男と出会う。逃げる男を追って鎏英はその正体を問いかけるが、彼の手に滅霊箭があることを見て闘うが、仮面の男の剣法の型が懐かしい人のものと同じだと気づく。それは同じ魔族で、かつて誕生日に真鍮の魔骨鞭飾りをくれた人…慕辞だと。
滅霊族の生き残りである「慕辞」、ようやく仮面の男が彼だということがわかりました!

24話

鎏英は仮面の男の正体が慕辞ではないかと問いただすが、彼は否定して立ち去る。しかも魔骨鞭の真鍮飾りも持ち去られており、鎏英は「私の思い出を返して!」と泣き叫ぶ。その真鍮飾りはかつて慕辞が鎏英にくれたもので、そのお返しに鎏英は「心」の首飾りを渡し、慕辞は「胸の一番近いところにつける」と約束したのだった。仮面の男=慕辞は「すまない、約束を破って」と首飾りを握り締めながら、鎏英を遠くから見守る…
オープンハートのネックレスとか、魔界はおしゃれですね(そういうことではない)

錦覓は熠王の治療を続けていたが、脈に異常はないのに、熠王は様々な症状を言い募って錦覓を悩ませていた。それを見て羌活は「熠王はあなたに恋煩いを?」と聞くが、錦覓は否定する。しかし錦覓と熠王のことは侍女たちの噂になっており、郡主の耳にも届く。
そうとは知らない錦覓は、南平侯から熠王の症状を、と急かされ、使命との狭間で思い悩み、それを見守る羌活もまた落ち着かない気持ちだった。
色んな情報を聞いて、実は「羌活は見た」になってる羌活は一番の事情通かも…

熠王はすっかり体調が戻るが、逆に錦覓が体調を崩していると聞き、慌てて飛んでいく。ただの風邪だとわかるが、熠王は心配で細やかに看病する。その様子を見つめていた潤玉は、「何でも譲りあってきたが、錦覓だけはそうはいかない」と嫉妬を燃やすのだった。
一方郡主は、鍛錬中も聖女のことが気になって上の空だった。そこに仮面の男=慕辞が郡主のもとにやってきて「天界の記憶を喚起しに来た」と告げるが、郡主には意味が分からず防戦する。すると慕辞の体内の蠱毒が蠢いて苦しみ、慕辞はその場から消える…
慕辞が霊力を使って自らを治療していると、小さな龍=彦佑が慕辞のもとに忍び込んでいた。狙いは滅霊箭だったが逃げられてしまい、慕辞の思った以上の強さに彦佑は驚く。
慕辞が、ということは、天后の意図ですね。天后と手を切れば穂禾はいい子なのに…

翌朝、錦覓はあらためて熠王の脈を診るが、症状は悪くないのに、本人はまた悪い症状を並べるばかり。錦覓は「おそらく恋煩いでは」と診断して熠王を驚かせる。もうすぐ灯節なので、熠王は錦覓に「君の好きな灯籠は?」と尋ねるが、錦覓が「鳳凰灯」と答えたので、熠王は嬉しくなってしまう。
鎏英は、かつて慕辞が自分を「幽冥の怒り」から守ろうとして、黒い目になってしまった時のことを夢に見てうなされている。あの時いったい慕辞には何があったのか…
滅霊箭を作った時に慕辞が発していた「幽冥の怒り」に、かつて慕辞自身が襲われていたという?慕辞は「幽冥の怒り」に囚われてしまったのでしょうか、それとも…

錦覓が熠王の病状を報告しないため、とうとう南平侯は焦れて聖医族の命を盾に脅しをかけてきた。そんな錦覓をめがけて慕辞が滅霊箭の矢を放つが、潤玉が寸前で救う。錦覓は潤玉に感謝しつつ、南平侯の仕業を疑うが、脅してきたばかりでそれも考えにくい。潤玉は錦覓に龍の鱗を渡し、「私の助けが必要なら竜を呼ぶ呪術を」と言う。お礼がしたい錦覓は「何か力になれることは」と尋ね、潤玉は「酒を造ってほしい」と言う。
そんな潤玉のもとに縁機仙女がやってきて、歴劫への干渉をとがめる。しかし潤玉は錦覓を襲った矢が人間の仕業でないことを指摘し、次期花神を守れなかったらどう責めを?と問い詰めて縁機仙女を困らせるのだった。
「酒を造って」って、旭鳳と錦覓の思い出を上書きですか?潤玉さりげなく意地悪…

熠王は二刻過ぎても朝議の場に出てこない。心配する傅相を南平侯は諌め、「我々は忠誠を尽くしておればいい」と言う。そこに中から秦潼が出てきて聖女を呼べと叫び、たまらず南平侯と傅相は中に飛び込むが、そこでは熠王が咳込んで吐血していた…
南平侯はあんなでも「最高のお父様」だそうですが、天界の穂禾の父はどんな人かな?

22~24話の感想

登場当初は、旭鳳に気があるのかな?という感じだった鎏英ですが、なんと慕辞という幼馴染との切ないロマンスがあったのですね。思い出が細切れで出てきていますが、鎏英を守って「幽冥の怒り」というものにとりこまれて闇落ちしてしまった?ということのようですが、そんな彼がなぜ今は天后の手下に?謎ですね~。

そうそう、今までは別々に出てきた仮面の男たちですが、22話でとうとう「仮面」vs「仮面」の対決が実現してしまいました。
これまで「仮面の男」と呼んでいた方が「慕辞」で、滅霊箭を手に、天后の命で錦覓を亡き者にしようと狙っている方です。「仮面の刺客」と呼んでいた方は、魔尊の配下と見られていましたが、本当の黒幕は固城王で、人間界にいるうちに旭鳳を元神ごと殺すという最終目的のために、滅霊箭を慕辞から奪おうというのが現時点での目的、という…
だから仮面の刺客たちがいきなり鎏英を襲ったのは、「鎏英を襲う→慕辞が来る」っていう読みがあってのことですかね。慕辞はそんな散漫なことで錦覓を殺せるのかな?

それと、「アヤシイやつ」としてずっとマークしてきた彦佑ですが、今回彼の暗い過去の断片がちょっとだけ描かれていました。あの義母は一体何者なんでしょうか。少年たちを拾ってきては自分の世話をさせているという、ヤバいおばさんのような気がしますけど…。その義母もまた旭鳳の命を狙っているということで、旭鳳と錦覓の二人で天界魔界の恨みを一身に背負っている感じがしますよね~!
集中砲火の怨嗟にさらされながらも、旭鳳と錦覓の二人はどこかのほほんとしているのですが、そろそろ呑気にしていられなさそうな雰囲気です。「男性機能」とか、恋煩いとか、錦覓がそんなこと言っていられるのも今のうちだけなのかもですよ~♪

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です