霜花の姫-あらすじ-40話-41話-42話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-霜花の姫-あらすじ-40話-41話-42話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

霜花の姫

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
歴劫で抱いた想いが忘れがたく、旭鳳と錦覓はとうとう結ばれて、潤玉との婚約を破棄しようと考えます。しかし、錦覓に封印された隕丹の存在を知った潤玉は、壊れかけた隕丹を直して、錦覓から再び情愛を奪うことに。そのため錦覓は旭鳳への気持ちがわからなくなってしまい、旭鳳を遠ざけて潤玉との婚姻を受け入れる方向に…

さらに天后は、旭鳳を悩ませるにっくき錦覓を殺そうとしますが、それを阻止された時に梓芬殺害を天帝に知られ、毘娑牢獄に監禁されてしまいました。これで天后が黙って終わるとは思えず、一方で旭鳳はどんどん窮地に追い込まれていくように見えます。静かに潤玉が闇を深めていく状態ですが、当分このまま流れは止められないのでしょうか?

【霜花の姫】(ネタバレあり)

40話

天后は天帝に、今までの貢献への見返りとして、旭鳳に帝位を譲ってくれと懇願する。そして旭鳳と穂禾を夫婦にすれば、鳥族が天界を全力で支えるだろうと、すぐに勅旨を出すようにと急かす。天帝は譲位を約束し、夫婦としての情から天后の命は守ると言い残して去る。
天帝の約束はまったくあてにならないと思うのですが、そこを信じるのが天后の弱点?

潤玉は蔌離の肖像画を前に、喪が明ける前に婚姻する不孝を詫び、復讐を果たしたら龍魚族の掟通りに喪に服すことを誓う。そこに彦佑が来て「鳥族の長老である隠雀が魔界に出入りしている」と告げ、鳥族が隠雀のもと天界を裏切るのではと言う。鳥族の首領は穂禾だが、長く天界にいて鳥族と疎遠の上、天后の失脚で状況が不穏になっていた。長く天帝に私物化されていた鳥族は不満が噴出しており、魔界との往来は天帝に圧力を与えるものだ、と潤玉は分析する。彦佑は潤玉の冷静さに「人が変わったようだ」と思う。
穂禾を首領に選んだのは天后ですし、鳥族は以前からの天后不信が噴出した感じ?

天帝は旭鳳に帝位を譲るつもりだと言い、旭鳳と穂禾の婚姻で鳥族が落ち着き、潤玉と錦覓の婚姻で水族を取り込むことで、天界は盤石、四海は安定すると展望を語る。しかし旭鳳は「私には帝位より錦覓が大事」と言って天帝を怒らせる。そこに潤玉がやってきて旭鳳をたしなめる様子を見せる。天帝が潤玉と錦覓の婚姻を早めるというので、旭鳳がさらに婚姻の解消を申し入れ、天帝は激怒して旭鳳から兵権と赤霄剣の返上と、謹慎を申し渡す。
すでに天界が潤玉の策略通りに動き始めてる感じですが、天帝は気づいてるのかな~?

魔界では、慕辞が置手紙を残して姿を消す。鎏英は諦めずに探し続けるが、父・卞城王が止めに来る。その時卞城王は鎏英が持っていた令牌に気づく。それは燎原君が鎏英に預けたものだったが、卞城王によるとそれは「大長老・撃城王の私印」ではないかという。鎏英は魔界一の博識である大長老なら慕辞を救えるのではと期待を持つが、卞城王はその期待をたしなめるのだった…
大長老は令牌を魔界に持っていかせたくて、天界の匂いのする燎原君に託したのかな?

潤玉が省経閣にいると、天帝と穂禾がやってきて密談を始めた。天后の失脚により鳥族の緒仙らが謀反を起こし、穂禾は首領として抑えられないために旭鳳に出兵を、と天帝に願ったのだった。そこで潤玉は陰から出ていき「出兵させるべき」と提案する。天帝は潤玉の「特使を遣わして黒幕を罰する」という提案に納得し、破軍星君を派兵することに。天帝と潤玉は、潤玉が天界に来たばかりの頃の交流を思い出し、父子の関係を結びなおす。天帝は「ずっと私の心には罪悪感と共にそなたの生母がいた、そなたと生母に償いたいと思っていた」と語り、旭鳳への不安から潤玉に兵権を託すことに。
穂禾が、旭鳳に手柄を立てさせ鳥族をまとめるという一挙両得を狙ったのを、丁寧につぶし、自分の株を上げ兵権を手にするという潤玉の策が、見事にはまっていますね~

潤玉と水神が碁を打っているところに、旭鳳が錦覓に会いにやってくるが、水神に拒まれてしまう。それでもと旭鳳は食い下がろうとするが、潤玉にたしなめられてしまう格好に。水神は「錦覓には休息が必要だ」と言い、錦覓を思う親心に旭鳳はひきさがるしかなくなる。
洛湘府を出て振り返ると、錦覓がこちらをそっと覗いていることに気づき、旭鳳は急いで戻るが、錦覓は「もう来ないで」と…
潤玉の立ち回りが、いちいち自分有利に持ち込むので、だんだんムカつきいてきました~

穂禾はひそかに、毘娑牢獄に監禁されている天后を訪れる。天后はひそかに自分の仙力を授け、「琉璃浄火を用い、鳥族を復興させ、旭鳳を帝位につけるのだ」と命じる。
旭鳳の即位を助けろと命じたということは、結局天帝のことあてにしていないのね…

旭鳳は留梓池に錦覓を連れ出し、母・天后のことを錦覓に詫びる。そして「あの夜は何だったんだ」と問いただすが、錦覓は二組の縁組が「みんなが望む組み合わせ」だと言う。旭鳳は穂禾が看病に来ていたことを知る。錦覓と旭鳳が一緒になることは周囲を傷つけること、と自分の気持ちを二の次にする錦覓。旭鳳は愛のないまま婚姻しようとする錦覓を心配するが、錦覓は旭鳳が近づくと胸が痛くなり、悲しくなるから近づかないでと突き放す…
昔の錦覓に比べたらほんとに成長したのですが、それだけに苦しむ様子が切ない…

41話

慕辞が蟲の発作で苦しんでいると、穂禾が現れ、炎で蟲を焼いて苦痛を軽減させ、再び滅霊箭を作るように要求する。滅霊箭は多量の血を消耗するため、慕辞は天后への御恩は来世で返すと断るが、穂禾は屍解天蚕からの解放をちらつかせる…
慕辞はそろそろ、天后への恩は十分返したということに気づくべきじゃないでしょうか

穂禾は、花界との関係の悪化により鳥族の穀蔵が空だという報告を受ける。そこに長老の隠雀がやってきて、食糧危機に対応しないと穂禾を非難し、長老たちの穂禾への懸念を突き付ける。穂禾は三日以内の解決を約束し、逆に隠雀が魔尊と魔界で会っていたことを追及するが、「旧友との面会だ」とかわされてしまう。
穂禾は首領なのに、全然鳥族を把握できてなかったのですね。しかも天界で天后の腰巾着をしていたから、把握できていないことすら把握していなかったという無能首領…

穂禾は天界の穀蔵の開放を求める奏状を出していたが、それを潤玉が燃やして握りつぶす。そのため返事がないまま三日が過ぎ、穂禾は直訴を考えるが、鳥族の長老たちに詰め寄られ、「隠雀長老が魔尊と会ったために天帝が鳥族をお疑いに」と言い逃れる。
そこに潤玉が現れ、「天帝の命により食糧支援を行う」と約束し、長老たちの前で穂禾が翼渺州への天平の派兵を願い出ていたことを暴露する。穂禾の立場は地に落ち、長老たちから首領を退けと糾弾される。潤玉はそれをうまくとりなして隠雀を補佐に推挙するが、実は、事前に隠雀は潤玉から脅され、二人は手を組んでいたのだった…
潤玉はどんどん天帝に似てくるような。キャラが濃い隠雀のアイメイクが気になる~

慕辞は再び滅霊箭を作り始める。それで忘川では「幽冥の怒り」が発生したため、鎏英は慕辞がまた滅霊箭に手を付けたことを知る。穂禾は慕辞を助け、潤玉の殺害を命じる。
一方、彦佑は鳥族の異変を知り、潤玉がとうとう復讐を始めたのだと気づく。潤玉は「母上の望みをかなえたいだけ」と言うが、彦佑は多くの過ちを犯させたくない、と潤玉の身を案じるのだった…
彦佑は最初の頃、なんだか怪しいと思っていたのですが、ちょっとひねてるけど悪い子じゃないんですよね…きっと彼の潤玉への思いは裏切られてしまうのではないかと…

夜の璇璣宮に、黒い影が吸い込まれていくのを見て、燎原君は急いで旭鳳に知らせる。
穂禾と慕辞は人の気配に隠れるが、入ってきたのは潤玉ではなく錦覓だった。そこで穂禾は慕辞に錦覓を殺せと命じる。しかし慕辞は鎏英の言葉が気になって滅霊箭を放つことができない。穂禾が錦覓を法術で攻撃し気を失わせるが、慕辞は滅霊箭を穂禾に向かって放つ。しかし滅霊箭は寸前で、到着した旭鳳に阻止されてしまう。慕辞と穂禾が姿を消したため、旭鳳は二人の後を追う。
慕辞の意気地なしがここではいい方向に働きました。穂禾の策は行き当たりばったり…

璇璣宮に戻ってきた潤玉は燎原君から事情を聴き、狙いは自分だったと気づく。潤玉は「もう君を誰にも手出しはさせない」と誓うが、錦覓は潤玉の握った手を放してしまう…
穂禾は慕辞を攻撃して倒すが、そこに旭鳳が追いつく。穂禾は慕辞にすべてを押し付け被害者ぶろうとするが、旭鳳は錦覓の傷が火系の法術でのものだったことから穂禾の仕業と見抜いていた。そしてかけつけた鎏英から屍解天蚕の話を聞き、やはりこれも母・天后の仕業と知って、鎏英に慕辞を託すことにする。そして旭鳳は穂禾に「今後、どんな理由があろうと錦覓を傷つけたら容赦しない」と釘をさすのだった。
潤玉の政治的な戦略は面白いようにはまっていくのに、錦覓との恋愛はどんどん不幸な方に転がっていく、その落差が次第に不幸を呼び込んでいるように感じます…

旭鳳は急いで錦覓に会いに行くが、「お前のせいで錦覓は狙われている」と潤玉が会わせてくれない。穂禾は「私はもっていた権力さえ奪われ、すべてを失ったのに、殿下の心には今も錦覓だけ」と嫉妬の炎を燃やすのだった。
そんな中、水神のもとに鳥の文が飛んできて「錦覓のことでお話が」と書かれていた…
一方、慕辞は鎏英のもとで目を覚ます。慕辞は錦覓を殺そうとした寸前に、鎏英にだけは失望されたくない、と思ったことを話す。鎏英は慕辞の手を握り「私があなたを助ける」と…
もう愛されない同士、穂禾と潤玉で心行くまで権力をむさぼればいいじゃない、っていう気がしないでもないです。水神の受け取った文は、鳳凰文でしょうか…?

42話

穂禾は洛湘府の錦覓の部屋を覗き込んでいた。そこに水神が来たために姿を隠す。
水神は、錦覓を攻撃したことで穂禾のことを天帝に上奏するつもりだという。錦覓は旭鳳を慕う穂禾の女心には理解を示すが、「お前は誰を慕っているのだ」と水神に聞かれて困惑してしまう。「心にぽっかりと穴が開いたよう」と、答えを出せずに苦しむ娘を見て、水神はなぜ梓芬が錦覓を閉じ込めて育てようとしたかの思いをようやく理解する。そして「選んだ相手が火神でも夜神でも、お前が心から幸せならば私は応援する」と言う。
その父と娘の姿を、穂禾は隠れて見つめるのだった…
旭鳳の愛、父との関係、それは錦覓が持っていて、穂禾が欲しても得られないもの…

文の待ち合わせの時刻に、水神の前に現れたのは旭鳳だった。ところが旭鳳は突然水神を琉璃浄火で攻撃する。霊力を半分失っている水神は旭鳳の攻撃に対抗できずに倒れる。そこに風神が異変を察して助けに現れるが、風神の攻撃は旭鳳の耳をわずかにかすめて傷つけただけで、水神と風神は息絶えてしまう。さらに旭鳳はかけつけた仙童を攻撃し、逃げた仙童は錦覓に助けを求めて「火…」と言い残して死ぬ。
錦覓が駆け付けると、水神と風神の亡骸のそばに火神が立っていた。二人の死を知って錦覓は取り乱すが、旭鳳は抱きしめて落ち着かせようとする。それを、星の異変で二神の死を知って駆け付けた潤玉が見るが、錦覓は衝撃のあまり気を失う…
えー!風神まで… 旭鳳は多分偽者なんでしょうが、どこからどこまでが偽者??

錦覓が目を覚ますと、枕元には潤玉と旭鳳がいて、錦覓を励まそうとして結局言い争いになってしまう。錦覓は「ひとりになりたい」とそんな二人を部屋から追い出す。ひとりになった錦覓は、水神が霊力を込めて渡してくれた刃を見つめ、自分を守ろうとしなければと自らを責める。錦覓は必ず下手人を探し出して敵を討つことを誓うのだった。
そして天界の掟で錦覓が三年間喪に服すことになったため、潤玉との婚姻も先延ばしとなり、錦覓は新しい水神に封じられることに…傷ついた錦覓は花界に身を寄せるのだった。
錦覓が新しい水神になったからいいけど、風神は後継がいるのでしょうか、風神断絶?

天帝は潤玉に、披香殿の主管からの事件の調書を見せ、「死因は琉璃浄火」とあることをどう思うか尋ねる。琉璃浄火を操れるのは六界に天后と旭鳳だけであり、しかも旭鳳はあの日洛湘府にいて、水神を呼び出したのは飛白体の文… 潤玉は「旭鳳には分別があると信じている」と語る。そして下手人を見つけるまで調書の公表は控えるべきとの進言に、天帝は潤玉への信頼を深めるのだった。
旭鳳が使っている字体は飛白体で、それを錦覓も習ったという16話の情報がここにつながるのですね。しかし潤玉は天帝に対して実にうまいこと振舞っていますね~

水神と風神は梓芬と並べて葬られていた。その墓の前で錦覓は旭鳳の文字で書かれた文を見て、「旭鳳じゃない」と疑いを振り払おうと泣いていた。そこに旭鳳がやってきて、「必ず下手人を捕まえて報告に」と墓前に誓う。自分を責める錦覓を旭鳳は慰めようとするが、錦覓は旭鳳に琉璃浄火や文のことを尋ねる。そこでようやく旭鳳は自分が策略にはめられたことに気づく。錦覓に刃を突き付けて迫られ、旭鳳は潔白を誓うが、錦覓はただ父に会いたいと泣き崩れるのだった…
琉璃浄火は二人だけじゃない、二人だけじゃないよ~って視聴者モヤモヤイライラ~

旭鳳は天界に戻り事件を調べ始めるが、軍機文書は天将しか閲覧できないという掟を潤玉が定めてしまったことで、調査に行き詰ってしまった。燎原君は潤玉を疑うが、旭鳳は兄・潤玉を信じると言う。
そこで旭鳳は母・天后に会いに行くが、天后の様相はすっかり変わり果てていた。しかし気持ちは変わらず「あなたが天帝になれば」と外に出られる望みを語ってみせる。水神と風神が殺されたことを聞いた天后は「潤玉が後ろ盾を失って好都合」と喜び、「この機に乗じて潤玉を抑え込め」と言う。旭鳳は母に失望し、穂禾との婚姻を拒んで「絶対に母上の命令には従えない」と言い捨てて帰っていく…
旭鳳は天帝の座にまったく執着がないのに、天后のせいで色々ややこしいことに…

魘獣が夢を食べて満腹になり、錦覓のそばで眠ろうとする。錦覓は「いくつ夢を食べたの?」と見せてくれるように言うと、魘獣は夢を吐きだし始める。その中の青い玉(正夢)に水神の姿が映し出される…
水神の出てくる青い正夢は、誰の夢でしょう?そのままのビジュアルを見ることになるなら、「旭鳳」が父を殺す様子を錦覓が目の当たりにする羽目になってしまうのでは…

40~42話の感想

なんと、この段階で水神と風神の二人が死んでしまうとは…
水神と風神の関係は、様々な出来事を乗り越えて、風神の想いが通じてこれからやっと夫婦になっていくのでは… と予想していたのに、こんな形で終わってしまうのは残念です。

天界の皆さんは「琉璃浄火」の使い手が、現在二人ではなく三人だということをご存じないので、消去法で旭鳳しかいないという状況に混乱していますが、でも三人だと言うことがわかっていても、この事件は「なぜ旭鳳を犯人に見せかけるのか」という一点で謎になってしまいます。穂禾が「愛しさ余って憎さ百倍」になったとか?う~ん。
もしかして「琉璃浄火」の使い手はもはや三人ではなく四人とかなのかもしれませんが、「琉璃浄火」を伝承される立場や能力の持ち主で、水神を殺して旭鳳を貶めて得をする人物がちょっと見当たらないのですよね…

そして、潤玉が着々と先手を打って、どんどん旭鳳が不利になっていくのを見ると、潤玉が水神主犯の疑惑の線もなくもない…後ろ盾をわざわざ殺すとは考えにくいですけどね。
天帝が証拠をもとに旭鳳に疑惑を抱き、潤玉が旭鳳を庇っているように見えますが、ここで簡単に旭鳳を追い詰めないあたりに潤玉の周到な計算があると思います。天后が失脚したとはいえ、旭鳳は天界でも信頼が厚く天帝自身の覚えめでたい嫡子です。それをできすぎのネタにのってこれ幸いと追い込めば、天帝が疑うのは潤玉、という藪蛇になりかねません。
そこを逆手にとって、旭鳳を蹴落とすのではなく、さらに自分への信頼を勝ち取るためのチャンスに変えるあたり、潤玉も相当な策士です。

とりあえず、次回は出てくる人全員の「耳」に注目ですね!錦覓は回を追うごとに打つべき仇が増えていっていますが、まとめて全部天后のせいにできればラクでいいのにね!




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です