霜花の姫-あらすじ-49話-50話-51話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-霜花の姫-あらすじ-49話-50話-51話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

霜花の姫



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

潤玉がクーデターによって天帝の座につき、旭鳳が錦覓の手によって殺されたことで、天界は大きく様変わりすることになりました。謀反という形をとったのにもかかわらず、長年の天帝夫妻の悪業と潤玉の地道な根回しのおかげで、潤玉を公然と非難するのは月下仙人くらいというなかなか怖い状況になっています。傍からすると錦覓の行動も謀反の一環にしか見えないわけで、潤玉のこじらせた怨念がおそろしいことになっております…

しかし、錦覓は隕丹が壊れたことでようやく旭鳳への愛情を自覚するという、何もかもが遅すぎる展開でしたが、そのために今回は錦覓が命がけで旭鳳の復活を試みます。錦覓が命がけの行動を起こすということは、潤玉がそれを庇ってまた命がけになるということで、天界は今、最大の危機にあるような気がします。誰かがちょっと欲を出したら、ぽろっと天帝の座はよそに転がっていってしまいそうな、そんな危なっかしさをはらんでいるのですが、天界本当に大丈夫か~?
天界クライシスは魔界を巻き込んで、どんどん不穏な空気に…このラブバトルに勝者はいるのでしょうか… 今後どんな結果が待っているのか、見守っていきましょう~♪

【霜花の姫】(ネタバレあり)

49話

天界との結盟をちらつかせ、卞城王に「旭鳳の魄を探し出せ」と要求してきた潤玉に、鎏英は旭鳳から受けた恩義を語って反発する。もしも旭鳳の魄を求めるなら、旭鳳を殺めた罪人(錦覓)を引き渡せと言う鎏英に潤玉も反発して、結盟交渉は決裂する。潤玉に対して鎏英は「真の謀反人が誰か、皆わかっている」と叫び、固城王に天界征伐の先鋒となることを申し入れるのだった。
潤玉が錦覓を庇うために、鎏英が固城王に協力することになるとか、歪なことに…

錦覓は泣きながら旭鳳を想い、彼の姿絵ばかりを描き続けていた。忘川の船頭から旭鳳を復活させる方法=「旭鳳が残した魄に太上老君の九天金丹を使う」と聞き、錦覓は太上老君に九天金丹を請うが、それには上神・廉晁の“玄穹の光”が足りないのだという。しかし前・天帝と月下仙人の兄である廉晁は、すでに亡くなっていた…
ここで先帝が「第二皇子」だった設定が!先帝の過去の因果が旭鳳の復活に影響か…

潤玉は、太巳仙人からの報告で、前天帝の命により窮奇が封印された状態でまだ生存していることを知る。潤玉は封印された御魂鼎をひとまず省経閣へ運ばせる。
錦覓は璇璣宮に戻るが、すでに兜率宮へ金丹を取りに行った行動を潤玉が把握していて、理由を問われる。錦覓はお守り代わりにと言い逃れる。錦覓は月下仙人に「旭鳳は生きていて、復活させるためには廉晁の“玄穹の光”が必要」と訴える。そこで月下仙人は、兄・廉晁が生きていることを明かす…
冷酷な先帝の弟として自ら生き残りつつ、先帝の帝位を脅かす存在である廉晁を隠して生き延びさせるという、月下仙人があのキャラでこんな生き様だという事実が驚きです!

卞城王は鎏英が固城王の先鋒を受けた話を聞き、激怒する。「死んでも魔界の誇りは守る」と言う鎏英に、卞城王は自分が大切にしてきた魔界の平和の終焉を嘆いて見せるが、娘は父の弱気を非難するばかり。そんな鎏英を慕辞は「固城王は鎏英を利用しているだけ、卞城王は天界に気遣いしたわけではない」となだめるのだった。
鎏英と卞城王が自分たちと関係ないことで仲違いして、いい人たちだけに切ないです…

月下仙人の長兄・廉晁は先の天魔大戦の時に死んだと思われているが、実は月下仙人が助けて隠していたのだった。錦覓と月下仙人は翼渺州の蛇山の頂上に隠れ住む廉晁を訪れることになり、それに彦佑も付き合うことになる。蛇山は霊力が制限され法術が使えない危険な場所で、三人が登っていくのを隠雀の配下が見ており、すぐに潤玉へと伝えられた。
おちゃらけているようでいて、月下仙人が天帝になった方が天界も平和になるような…

錦覓は毒蛇に噛まれ、霊力を消耗しつつも頂上に到達する。出迎えた廉晁に、月下仙人は現在の天界について語り、廃天后・荼姚の息子である旭鳳を救うために玄穹の光が必要だと話す。かつて荼姚と廉晁は恋仲だったが、天魔大戦で傷つき目覚めた時には、すでに荼姚は天后になっていた。廉晁は荼姚に先帝・太微の企みを打ち明け、一緒に天界を去ろうと言ったが、荼姚はすでに身ごもっていて幸せに暮らしていたため、廉晁は身を引いたのだった。
錦覓は玄穹の光のために自分のすべてを差し出す、と懇願する…
花神と天后の若作りはちょっとキツイです。しかし荼姚は昔から相当に酷い女だ…

50話

廉晁はもともと色を識別する能力がなかったが、玄穹の光と引き換えに錦覓とその能力を交換する、という条件を出す。月下仙人と彦佑は反対し引き留めるが、錦覓は固い決意で廉晁の条件を受ける。廉晁は玄穹の光を作り差し出すが、それを受容するのには上神でも三刻しかもたない激しい消耗を要する。しかし錦覓は自らを犠牲にして玄穹の光を受け取り、廉晁に色の能力を玉にして渡す。廉晁は荼姚との思い出をその玉に込め「荼姚にこれを渡してほしい」と錦覓に託す。
廉晁は、荼姚と錦覓の関係がどんなものか知っていたらこの使いを頼んだでしょうか…

三人が帰ろうとすると、蛇山が消え始める。かつて先帝が重傷を負った時、荼姚は玄穹の光を欲して廉晁に懇願したことがあり、それに応じたことで廉晁は元神の半分を失っていた。蛇山は廉晁の元神が具現化したものなので、玄穹の光を作ったことで廉晁の元神は限界を迎え、蛇山も消滅しようとしていたのだった。霊力が使えるようになったので三人は飛んで下山しようとするが、錦覓は蛇毒で飛べない。そこに潤玉がやってきて錦覓を救う。
廉晁は潤玉のように尽くし過ぎましたが、荼姚は尽くす価値のない相手だったと思う…

錦覓は兜率宮へ向かい、玄穹の光を炉に入れて金丹を作ってもらうことに。潤玉は「君のしたことを旭鳳は喜ばない」と言うが、錦覓は「これは償いだからそれでいい」と答える。
そして錦覓は廃天后・荼姚を訪れ、廉晁に頼まれた玉を荼姚に渡す。かつて廉晁は寰諦鳳翎を彼女に欲し、それに対して荼姚は「最高に美しい品と交換」と言った。それで廉晁は自らを犠牲にしてこの玉を作り捧げたのだった。あなたは選択を誤ったのでは?と言い残して錦覓は臨淵台を去る。そこに幻の廉晁が現れ、「最高に美しいのは誰かを愛する純粋な心だ」と言って消える。荼姚が望んだ「最高に美しい品」とは、最高の権力の事だった。荼姚は自らの選択の誤りを悔いて臨淵台から飛び降りる…
荼姚は結局天后になっても満足しなかったのだから、愚かでしかも哀れでしたよね…

潤玉は太巳仙人から魔界出兵の動きを聞き、対応を指示するが、鄺露が旭鳳復活の恐れを口にしたことで顔色を変える。錦覓は玄穹の光を受けたために重傷を負い、潤玉が霊力を送って治療を試みるが、それでも長くはもたないと太上老君に聞かされる。しかし潤玉は諦めず、蔌離が残した夢陀経にあった「血霊子」という天界の禁術で錦覓を直そうと試みる。鄺露は潤玉がもたないと涙ながらに説得するが、潤玉は自らが消耗しても禁術の使用を止めない。
潤玉も母親似で、手段を選ばない一途さでどんどん自分を追い詰めていく感じですよね

回復した錦覓に、鄺露は潤玉の状態を「お元気です」と偽り、潤玉に表面的でも情を示してほしいと懇願する。しかし錦覓は逆に「あなたは頼まれたら潤玉に対して情のないふりができるのか」と返して鄺露を動揺させる。そして錦覓は自分が玄穹の光で受けた傷がこんなに早く回復するのかと密かに疑問に思う。そこで兜率宮の太上老君を訪ねると、老君も錦覓の回復を見て驚く。老君は可能性のある治療法として夢陀経の「血霊子」を挙げるが、術を施した者は寿命の半分を失うのだという…
天帝が禁術で寿命の半分を失っている状態で君臨している、なんて大丈夫なんですか?

錦覓が潤玉の元へ行くと、手首に血のにじんだ包帯をしてぐったりと横たわっていた。やはり「血霊子」の術を使ったのだと察し問い詰めるが、潤玉は「君が死ぬよりはいい」と言う。
「夢陀経」には「血霊子」だけではなく夢の玉の色を変える術も載っている、と錦覓が問うたことで、旭鳳を陥れたことを疑われたと感じ、強く否定する。錦覓がいてくれるだけで今は幸せだと言う潤玉だったが、錦覓は「自分の心には旭鳳しかいない、しかしあなたには借りがある」と…
愛じゃなく、借りがあるとか恩があるとかで側にいても、誰も幸せにならないのにね…

51話

錦覓は太上老君から完成した九転金丹を受け取る。直後、潤玉が老君の元を訪れ、老君は錦覓に金丹を渡したことを報告する。老君は潤玉に「いつまで水神殿に隠せるとお思いですか」と問う…
金丹のことを教えてくれた忘川の船頭に会いに行くと、錦覓は別の娘と間違われる。その娘が穂禾ではないかと察し、錦覓はその娘がいつも降りる場所に船を渡してもらう。そこで穂禾の痕跡を見つけ足跡をたどると、卞城王と穂禾の会話を聞くことに。卞城王が穂禾に隠れ場所を提供し、旭鳳の復活を試みていると知る。
この「いつまで隠せると」の言葉がよくわからないのですが、さらに何か隠し事が??

隠れていた錦覓は見つからないようにとっさに石に身を変えるが、何かを感じた穂禾が刀を投げて刺さる。穂禾は気づかずに立ち去り、錦覓は奥に進んで旭鳳を発見する。
一方、卞城王はかたくなに出征するつもりの鎏英に手を焼いて、仕方なく旭鳳が完全に死んでおらず、穂禾が復活を試みていることを打ち明ける。鎏英はそれを聞いて反省し、出征を取り消すことに。魔尊・固城王はそれを聞いて怒りをたぎらせるのだった…
卞城王が穂禾を保護して、復活を助けていたということかな?卞城王いい人すぎる…

錦覓は口移しで旭鳳に金丹を送り込み、旭鳳は元の姿を取り戻す。錦覓のうれし涙が旭鳳の頬に落ち、旭鳳が意識を取り戻そうとした時、穂禾が石のことを思い出して胸騒ぎがして戻ってきたため、錦覓は蝶となってその場を離れる。そして旭鳳は完全復活し、六界に鳳凰の鳴き声を轟かせ、天界の潤玉もそれを耳にするのだった。
穂禾は自分が復活に尽力したと嘘の説明をし、錦覓に刺されたことを旭鳳に思い出させる。そして穂禾は、天帝が旭鳳の復活を自分に託して崩御し、夜神が即位した後に天后も死に追いやったと語り、自分は旭鳳の復活のために消耗したふりをする。
穂禾はこういう手柄の横取りとかがあるから、日頃の献身が台無しになるわけで…

魔尊軍が旭鳳を狙って日没の地へ向かったため、卞城王が足止めして、鎏英と慕辞が旭鳳を抜け道から逃がすことに。魔尊は旭鳳の復活で天界を怒らせれば、魔界に災いを招きかねないと、その手助けをした者が魔界にいればただではおかぬと、卞城王に圧力をかける。
一方、旭鳳を救ったために錦覓は元神が傷つき、倒れてしまう。その様子を見た潤玉は、錦覓がとうとう旭鳳を救ったことを察する…
錦覓がボロボロ、それを助けようとして潤玉もボロボロ。魔尊が今攻め込めば、ねぇ?

卞城王は現魔尊の固城王への不信から、旭鳳を新たな魔尊としての擁立を提案する。他部族の者でも、魔族の大長老・擎城王の血を賜れば魔尊となれるのだという。鎏英と慕辞も賛成するが、旭鳳は同族に刃を向けることのためらいから断る。そんな旭鳳を鎏英たちは心配するが、その一方で慕辞の寿命も終わりが近づきつつあった。慕辞は鎏英に「残された日々を笑って過ごそう」と約束させる。
旭鳳を魔尊に!?魔界どれだけ人材不足?卞城王か大長老がなるのではダメなの?

両親の死の事実を受け入れられない旭鳳は密かに天界に忍び込み、栖梧宮を訪れるが、すべてが変わり果てていた。そして先賢殿に入るが、母の位牌がないことに気づき探し始める。そこに旭鳳の先賢殿侵入を知った潤玉がやってくる…
旭鳳は、むしろなぜ母の位牌があると思うの…潤玉の母親がどんな目に遭ってきたと?

49~51話の感想

旭鳳復活!錦覓の全精力を傾けた働きが報われたというものです。…なのに、まるで「人魚姫」の人間の姫みたいな感じで、さらっと横取りしていく穂禾ったら…もう一度人間界に落ちてやり直してこい!って思ってしまいますね。

その旭鳳復活のための錦覓の試練を通して、先天帝と廃天后の婚姻の影に隠れた廉晁の悲恋の話が語られましたが… 荼姚のどこがよかったんだ廉晁…見る目がないにもほどがあります。自分の野心のために、自分を愛する男にもその野心をかなえることを求めた荼姚に対し、あくまでも普通に夢見て恋をしていた廉晁じゃうまくいきっこなかったんですよ。先帝が策を弄して廉晁を追い込んで、荼姚を奪ってくれてよかったんです。荼姚と先帝なら野心の向かう先が同じだったからお似合いだったということで…まかり間違って廉晁と結ばれていたらえらいことになっていたと思います。

しかし、このドラマはどのカップルを見ても、気持ちが一方向にしか向いていなくて、必ず思われる側が別の相手に気持ちが向いているという、見事なくらいにオール片思いで構成されているのがすごいですね。気持ちが向かい合っていても、何かしらの障害で別の方向を向くことになっていたり。これは多分縁結びの神様の腕が悪いのだったりして♪
月下仙人も縁結び担当をやめて、潤玉を倒して天帝を目指したらどうでしょう、そうしたら天界がちょっとは楽しい所になりそうな気がします。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です