霜花の姫-あらすじ-61話-62話-最終回(63話)-結末は!?

中国ドラマ-霜花の姫-あらすじ-61話-62話-最終回(63話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

霜花の姫

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

とうとう最終回です!前回なんと旭鳳と錦覓がドタバタのうちに婚儀を挙げてしまいました~♪穂禾が力を奪われ、追放されたのはいいものの、花嫁を奪われた潤玉は、天帝の意地とメンツをつぶされた格好になりましたから、これはもうただでは済まない予感です!

63話の長きにわたって繰り広げられた、天界魔界の愛憎劇にようやく決着がつくわけですが、ハッピーエンドの大団円で終わるか、悲劇となって終わるのか…
最後、じっくり味わっていきましょう~♪

【霜花の姫】(ネタバレあり)

61話

旭鳳は穂禾を放とうとするが、鎏英は慕辞の仇を討とうとする。しかしそれを錦覓が「生きる方が地獄」と止める。鎏英は望み通り殺してやる必要はないと考え直し、「荒野へ連れて行き魔界から出すな」と命じるのだった…
日没の地をさまようことが、慕辞の味わった最大の苦痛を穂禾に与えるという復讐に…

早々に花嫁衣裳を脱いだことを咎めた旭鳳に、錦覓は「さっきの婚儀は芝居に過ぎないとわかっている」と、蓬羽を差し出し償いたいと言うが、旭鳳は受け取らない。錦覓を恨もうとしたが忘れられない旭鳳、そして旭鳳の言葉は穂禾から真相を引き出すための偽りだろうと思う錦覓、二人の想いは複雑にねじれる。錦覓は「私たち昔に戻れる?」と尋ねるが、旭鳳は「昔には二度と戻れない」と答える。しかし旭鳳は出ていこうとした錦覓を抱きしめ「だが、一からやり直せる」と想いを告げ、錦覓もそれに応えるのだった…
ああもうまわりくどい!でも元サヤ成功で、きっと月下仙人がガッツポーズですね!

潤玉は先帝が施した窮奇の封印を解き、父が残した六界を統べるという宿願を息子の自分が果たすと誓って、窮奇の力を自らに取り込んだ。「六界と四海で私のみが王となる」と宣言し、鄺露に「天后が戻り次第、婚儀を始める」と告げて出陣していくのだった。
窮奇を残しておいたのがやっと出ますか…潤玉は最大の禁忌をおかしてしまいました…

錦覓が眠りから目覚めると旭鳳が武装していた。潤玉が忘川に大軍を率いて進軍してきたのだという。連れ去られた錦覓を迎えに来たというがそれは口実で、本意は自分との決着をつけるのが目的ではないかと旭鳳はみていた。
旭鳳は錦覓を連れ、魔界軍を率いて天界軍と対峙する。錦覓は自分の意志で魔界にいて幸せだと説得しようとするが、旭鳳は婚儀の報告をして挑発する。そこに鎏英が、潤玉が花界に先手を打ったと報告する。錦覓は戦いを止めようとするが、天魔の衝突は避けられず両者は激しくぶつかり合い、旭鳳と潤玉も一対一で対決する。錦覓は争いの渦中にありながら、「戦うのをやめて」と叫ぶ。旭鳳は発作が起こり劣勢になるが、潤玉が窮奇の力で禁術を使っていることに気付く。二人の戦いを見ていた錦覓は斗母元君の言葉が脳裏をよぎり、自分がただの争いを生む根源で災いの種だと考える。そこで旭鳳と潤玉の術がぶつかり合うところへ自らを投げ出し、戦いの終結を試みる。
潤玉と旭鳳がサシで対決して、兵士は後ろで見守っていればいいのに。よく中国時代劇の城攻めとかでありますよね、猛将同士が出てきて一対一でバトルして決着つけるやつ

錦覓は抱きとめた旭鳳に「戦はやめて、私にそんな価値はない」と他人を犠牲にしないでと訴える。そして潤玉の愛に応えられなかったことに謝罪し、「恨みは捨てて昔の魚さんに戻って」と言い、潤玉もそれに約束する。錦覓は旭鳳に蓬羽を手渡すと「愛してる」と告げ、愛を知らなかった昔に戻りたいと思いながら、斗母元君の「愛ゆえに憂い悲しみ、恐れの心を抱く。愛を知らざれば、憂いや恐れはない」という言葉を思い出し、その意味を理解した。今、愛を知った錦覓は憂いや恐れも受け入れる強さを得たのだった。そして旭鳳の腕の中で錦覓は消散する…
潤玉は錦覓の死を目の当たりにし、「生涯二度と魔界には足を踏み入れぬ」と、境界を引いて天界へ戻っていく。旭鳳は激しく打ちのめされ、天界では再びすべての花が枯れた…
え…まだ二話残っているのに…錦覓がここで死んでしまうとは…ここからどうなる??

62話

錦覓を亡くした旭鳳は生きている意味を見失い、蓬羽を手放してしまう。潤玉もまた、自らの罪を告白する詔を記し、思い出に浸って涙していた。
その後、花界から長芳主が魔界に訪ねて来るが、旭鳳は酒浸りで閉じこもり鎏英を心配させていた。錦覓を死なせたと自分を責める旭鳳に、長芳主は隕丹の事を説明する。隕丹のことを信じず傷つけたことをますます後悔する旭鳳だったが、斗母元君なら錦覓を復活させられる万にひとつの希望があると聞いて、僅かながら光を見出す。
旭鳳魔尊と潤玉天帝では潤玉の方がまだしも仕事している感…旭鳳ずっと飲んだくれ…

旭鳳は斗母元君を訪ね、「錦覓は命を落としたものの、なぜかそばに気配を感じる」と導きを求める。斗母元君は生と死について語り「あなたが求める者はその目で見える所におり、あなたが見たものはその者も目にしている」と言う。旭鳳は復活の可能性について尋ねるが、「別れや出会い、縁がつながるも滅びるも、全ては運命の定め」との答えが返ってくる。斗母元君は錦覓の魄について「愚かな念は希望を断ち切ってしまい、清らかな念は希望を生み出してくれます」と答える。その導きを聞いた旭鳳は「錦覓の魄はまだこの世にある」と花界に文を届け、長芳主らは力を合わせて錦覓の魄を捜索し始める。
禅問答のような斗母元君のお答え、難しいです。それを聞いて「魄はある」って旭鳳が答えを出したのを見て「ホントに?」って思ってしまいましたが、旭鳳がそう思いたいなら…

錦覓の魄を探して忘川に来た旭鳳のつぶやきを聞き、船頭は「魂の存在を問うてはならぬ」と、錦覓は己一人の犠牲で天魔大戦をおさめたので、それは大きな功績だと誉める。旭鳳は生前錦覓の賢さを誉めてやれなかったと悔やむ。発作で苦しむ旭鳳の前に錦覓の幻が現れるが、追いかけようとすると錦覓の姿は遠ざかる…
忘川は日本だと三途の川的な存在だそうです。だから旭鳳を殺した後に錦覓が飛び込んで嘆き悲しんでボロボロになっていましたね。今は錦覓が亡くなった場所ということに…

旭鳳は魔尊の座を鎏英に禅譲し、錦覓を探す旅に出る。花界、人間界、地の果てや極寒の山々、それぞれに錦覓への思いがあふれるが、錦覓は見つからない。やがて旭鳳は、歴劫の時に錦覓が自分を助けて二人で過ごした小屋に辿り着く。あれから数千年、人間だった二人は素直な気持ちを分かち合ったと当時を懐かしみ、錦覓が戻ってきたら人間の夫婦になろうと考える。旭鳳はその小屋で錦覓を待ち穏やかに暮らし始める。
旭鳳がそこに戻ったら、亡くなった王が復活!って、騒ぎになるのではないでしょうか~

ある日、旭鳳のもとに天界の太上老君と太巳仙人、破軍星君の三人が来訪し、天界に戻って取り仕切ってほしいと懇願する。潤玉は禁術を修練し、天魔大戦を引き起こした罪を認めたが、さらなる災厄を招く恐れがあるため、旭鳳が天帝になって天道をただしてほしいというのだ。破軍星君は携えてきた赤霄剣を旭鳳に手渡す。旭鳳は赤霄剣を手に天界を訪れる…
太上老君と破軍星君はいいのですが、太巳仙人お前は許さん。どの面下げてですよ!

潤玉は璇璣宮の奥に自らを鎖でつなぎ、体内に入れた窮奇を制御できず苦しんでおり、旭鳳がやってきたのを見て「奴(窮奇)を殺せ、頼む」と懇願する。鄺露は旭鳳が潤玉を殺しに来たと思い、「陛下は誰も傷つけません」と懇願するが、旭鳳は潤玉がこのまま生ける屍となるには忍びなく、潤玉を赤霄剣で刺して窮奇を殺す。旭鳳が自分を殺して天帝の座に就くのが天界の混乱を最も穏便におさめられる、と訴える潤玉だったが、旭鳳は赤霄剣をふるって潤玉ではなく、つないでいた鎖を断ち切る。
天界ぐるみで旭鳳を簒奪者にする計画、っていうのも考えられますし。でも本当にそんな計画を実行したら、天界も魔界も終了のお知らせ、ということになってしまいますよね~

旭鳳も潤玉も、お互いの心の中には錦覓しかいなかった。潤玉はここで隕丹を修復したことを告白する。錦覓が旭鳳を想っていたことを知っていながら、二人を引き裂いたのだと聞かされ、旭鳳はようやくことの真相を悟る。「愛とは勝負ではない。情において策に走ることは禁忌なのだ。お前は私と違い、最初から策を講じていた」と潤玉の間違いを断じるが、今更それがわかっても、錦覓はもういない…。潤玉は錦覓が遺した箱を旭鳳に手渡す。窮奇と血の誓いを立てたせいで潤玉には残された時間は少ない。潤玉は「蓬羽のおかげで旭鳳はすでに回復しただろう」と言うが、その時発作が旭鳳を襲う。
錦覓を愛しながらも、隕丹についてはまだ懐疑的だったあたり、旭鳳の不信は根深い…

63話

旭鳳が赤霄剣と琉璃浄火を使って潤玉の中の窮奇を完全に滅したため、潤玉の寿命は復活していた。逆に旭鳳は錦覓のいない世界は無意味だと、蓬羽を捨ててしまったため天帝をつとめることはできない。潤玉に「お前は長い時を孤独に生き、罪を贖え」と言い残し、旭鳳は天界を去る。旭鳳はひとり小屋に戻り、錦覓の遺した箱を開けてみようと思うが、思いが溢れてどうしても開けることができない…
潤玉は生きて天帝を務めることが可能でも、今更天界の臣たちがついてくるかという…

それから三年… 旭鳳は穏やかに暮らしていた。そこにすっかり落ち着いた様子の潤玉が訪れる。この三年の様子を訪ねられるが、錦覓の魄についてその後消息はなく、金丹による発作も起きていなかった。潤玉は、錦覓が自ら仕込んだ最後の桂花酒を持参していた。潤玉は杯を勧められるが、「長く酔いに浸りすぎた」と断る。天帝の座への責務に目覚め、錦覓が旭鳳しか愛していなかったと理解したのだ。まだ錦覓の箱を開けられないでいる旭鳳だったが、帰ろうとする潤玉に「兄上」と呼びかける。潤玉は涙して天界へと戻っていく…
これ天界計算での三年?人間界だともっと早いカウントでしたよね。「兄上」は泣ける…

旭鳳はようやく錦覓の箱を開く。そこには旭鳳との思い出の数々が描かれた絵が入っていた。それを見ながら旭鳳は錦覓に語り掛ける。旭鳳は白い兎が魔界にやってきた錦覓だと気付いていた。自分の想いを否定しつつ錦覓の訪れを待っていた自分。そして口づけた日も、自分を戒めるためにわざと穂禾の名を呼んだこと。春華秋実を使ったのも情を断つためだったが、錦覓が現れて愛していると言ったため、裏腹に傷つける言葉を言ったこと…
…そんな時、旭鳳の耳に錦覓の声が聞こえる。旭鳳は驚き錦覓を呼びながら探し回る。
そして花界では突然花が咲き乱れたことで、錦覓の魄が見つかったのかと芳主たちは喜びに沸くが、花は再び次々と枯れていく。そこで魄を守るため芳主たちは時間花廊を開く。
「穂禾」と名前を読んだ件はやはりわざとでしたね!答え合わせできてすっきりです!

旭鳳の前にようやく錦覓が現れ、二人は固く抱きあう。実はずっとそばにいて、同じものを見て同じものを聞いていたのだという錦覓。もう二度と離れないと言うそばから錦覓は消えはじめる。実は錦覓は旭鳳の涙だったために消え去る定めからは逃れられないのだった。錦覓は旭鳳の瞼に口づけて消え去ってしまう…
旭鳳は花界を訪れ、一連の事を報告する。そして旭鳳は、錦覓が目に宿っている間は金丹の発作は消えていたことに気付く。錦覓が旭鳳の体内の寒気を吸収して消し去り、少しずつ涙となり、ようやく真の姿を現したのだ。長芳主は「あなたたちはいつかどこかでまた会えるかもしれない、それも天意」と言い、旭鳳も必ず見つけ出すことを誓うのだった…
もし蓬羽捨てなかったら、もっと早く出てこられたのか、それとも出てこられなかった?

その後の人間界。棠樾居の変わり者の娘が嫁入りすることに。その娘は子供のころから妖魔の類に夢中で、魔物になりたいと修練に励んでいたという。その錦老爺(先の水神)に笑顔で見送られ、花嫁行列が進んでいくと、突然現れた鳳凰が輿の周りで火を噴いたため、行列の人々は逃げ去ってしまう。鳳凰は旭鳳の姿になり、輿の中の花嫁=錦覓に「迎えに来た」と言い、錦覓は喜んでついていく。実は斗母元君によると、天魔大戦で身を献じ六界を苦しみから救った功徳ですでに劫数が解けたのだという。「幾度生まれ変わろうと君は私の妻になる」旭鳳の言葉に錦覓は微笑み返す…
水神パパ、今度は娘とずっと一緒に暮らして、花嫁姿を見送ることができたのですね…

翌年、錦覓と旭鳳の間には息子の小鷺が生まれる。そして7年後。
小鷺が釣りをしていると、仮面の少女・卿天が現れる。卿天は鎏英と慕辞の娘で510歳になるという。「女は奪うもの」という積極的な考えの持ち主で、崑崙の眉目秀麗な弟子をかっさらって夫にするのだと言う。鎏英は500年前に魔尊となっていたが、いまだ落ち着かない魔界に法を重んじ節度を守ることでの結束を呼び掛けていた。そして祝いに花界から贈られた花に、暮辞の別名奇鳶にちなんで「鳶尾」と名付けていた。
一方穂禾については錦覓も旭鳳も多くを語らないが、その後は自失状態で日没の地をさまよっていた。そこで見つけた洞窟の中に入って、飢えていた熾狩(元魔尊・焱城王の息子)に捕まってしまう…
卿天がさすが鎏英の娘というか、慕辞の遺伝子がカケラも感じられないのが笑えます♪

小鷺のもとに潤玉が現れる。潤玉だけが小鷺を名前の「棠樾」で呼んでおり「川にはお嫁さんがたくさんいて、待っていれば運命の相手が釣れる」と無邪気に言う甥の言葉に微笑む。小鷺を迎えに来た錦覓に、潤玉は公務で通りかかったのだと言い、「君は今、幸せか」と尋ねる。錦覓は答えずに小鷺を見つめてほほ笑む。潤玉は錦覓が心安らかに生きているとわかり、天界に帰っていく。潤玉は至高の座にありながらも、求めても得られぬ苦しみは権力では癒されず、心は孤独なままだった。その傍らに魘獣と鄺露は付き従っていく。
旭鳳と小鷺を見つめる錦覓の瞳が映す世界は、転生してもいまだ白黒のままだったが、錦覓にとって二人は世界一鮮やかな花園で、どんな絶景にも勝る、と思うのだった…
棠樾という名は人間界での屋号?からとったのですね。幼名の小鷺はあざなからかな…

61~63話の感想

全63話、完走です!いや~途中何回かこれはどうなるかと心配になりましたが、ちゃんと全部が収まるところに収まって、納得の結末に終わりましたね。
錦覓が天魔大戦を「喧嘩をやめて 二人をとめて」と、自らを投げ出して終結させましたが、そうでもしないと潤玉も間違いに気付けないし、旭鳳も真相に辿り着けなかったという、いったん錦覓は死に至る必要はあったのだと思います。リセットボタンを強制プッシュしないとあの三角関係はどうにもならなかったですものね。
しかし水神ごと親子転生させるとか無茶しましたね…錦覓は早いうちから天界魔界からの接触があって、しっかり記憶を呼び覚ましていたような感じがありますが、水神は前世の記憶があったのでしょうか。錦老爺の妻で錦覓の母親は誰だったのか(花神でも風神でもなさそうな)とか、映像に出てこない設定が非常に気になります。原作があるようなので、そちらにはドラマ化されなかった細かい話が沢山あるのかもしれません。

潤玉は…結局元の孤立した夜神モードに戻ってしまったようです。でも立場は天帝のままなのだから、治める方も仕える方も非常に居心地悪そう。ずっと「旭鳳天帝待望論」がくすぶったままの状態なのでしょうね。あれで鄺露にも手を付けないまま、后も娶らず後継を生まないままで時が経ったら待望論が再燃しそうで、なかなか面倒な終わり方をしたような気がします。天界の人たち勝手だからな…いやもうこれは錦覓の平和のために、潤玉はこの際腹を括って鄺露とくっつくべきですよ!
波乱含みな天界に対して、意外と魔界が鎏英魔尊で落ち着いていて、天界よりもモラル高い方向でまとまりそうなのには笑いました。結局六界を引っ掻き回していたのは天界メンバーだったということになりますね。ただ、今後誰かが、滅霊族の血が卿天に引き継がれていることを気付かないよう祈るばかりです。

斗母元君が最後の最後でキーマンになったことが驚きでしたが、難解な「お言葉」についてなかなか理解できず、神仙や道教について掘り下げるともっとこのドラマも深く理解できたのではと思うと、少し残念です。終盤の展開の早さからすると、原作で描かれた部分をかなりすっ飛ばしたのではないかという感じがします。原作を読んでちゃんと内容を補完したかったです。ようやく中国ドラマが日本で浸透してきた昨今、その原作も翻訳されて広く読まれる日が来てほしいものだと思わずにはいられません。でもこの「霜花」も原作に忠実に沿って映像化したら、全100話とかになりそう…

全63話、おつきあいいただきありがとうございました~♪




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

1 個のコメント

  • いつも楽しく拝見させて頂いてますハマッタドラマはまず、ネタバレを見てから安心して
    ドラマを見たいので、ネタバレが
    私には大切なものです❗その中でもクルミットさんのが本当だ内容がドラマに忠実で素晴らしい❗
    韓国ドラマにハマりクルミットさんにお世話になり、この頃中国ドラマにハマりだし、ネタバレを開くとなんと、クルミットさんのがあるではないですかぁー
    霜花の姫全話ネタバレ見ました‼これからもよろしくお願いします

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です