麗王別姫-れいおうべっき-あらすじ-31話-32話-33話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-麗王別姫-あらすじ-31話-32話-33話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

麗王別姫



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は、林致と珍珠の誘拐事件から、林致と李倓夫婦が皇族の面子に引き裂かれてとうとう離縁というところまできてしまいました。珍珠と李倓もまだまだわだかまりが解ける様子がない、つらい展開が続いていますね…

でも今回は!31話のタイトルが「姉と弟」です!ということはですよ?
待ちかねたあの人が!とうとう?ようやく誤解と疑惑に満ちた事件に解決の兆しが?
そして今回ご紹介する31話~33話では、今後のストーリーに大きくかかわってくる、新たな登場人物も姿を現しますよ~♪

毎回波乱続きですが、まだまだ序盤!ご一緒に楽しみましょう~♪

【麗王別姫】(ネタバレあり)

31話「姉と弟」

林致は王妃の腕輪と同心結びを外し、李倓に返すと出て行ってしまった。李倓は戻らぬ林致を呼びながら離縁状を手に号泣する…
林致は珍珠のもとに戻り、離縁してきたことを告げると「すべては夢だった」と言って倒れてしまう。
自分と離縁したことで王府の汚点が消えて李倓も挽回できる、だなんて、林致はどこまでも李倓を想っていることがわかって、ほんとに胸が詰まりますね…

可汗は回紇に戻る前に李俶に会い、珍珠の李俶暗殺の意図を知っていたことを打ち明け、「自分たちの二の舞を演じぬように」とくぎを刺す。珍珠が李俶を殺せなかったのは、李俶を愛しているからだったので、李俶は誤解が解けることに希望を持っていた。
さらに可汗は珍珠にも会って「李俶ならあんな簡単な証拠を残すようなまねはしない」と諭して去っていく…
可汗にはずっと長安にいてほしいくらいですが、そうすると回紇がモメるし~

林致は倒れてから長いこと眠り続け、ようやく目を覚ますと様子がおかしい。侍医によると「心の病である失魂症を患っている」という。つらい体験の記憶を消そうとして、結婚以降のことをすべて忘れてしまっているのだ。
珍珠は林致に「あなたは二年間眠っていて、その間に私は結婚したの」と話す。林致は慕容家の両親を呼び寄せて引き取られることに…
その林致の情報は李輔国から張氏にも伝わり、「これでもうあの娘に悩まされることもない」と安堵するのだった。
林致が李俶を紹介されて「ようやく太湖の君を諦めたのね」と祝福するところが、珍珠にはグサっときましたね~。確かに忘れた方が今の林致には幸せかもしれません…

李俶のもとに風生衣が、安を見つけてもうすぐ長安に到着する、と報告してくる。
その一方で、安禄山の密使が珍珠に「慶緒の配下が安を発見」と伝える。喜ぶ珍珠に、密使は「あと一歩のところで広平王府のものにさらわれました」と…
慶緒は珍珠のために安を無事に連れ帰るつもりでしょうが、安禄山的にはそうじゃない思惑の可能性が高いので、王府の者がさらって正解なんですよね~

王府に無事到着した安は、怯えて話もできない状態。しかし李俶は、何霊依への疑惑を確認するために、わざと何霊依に引き合わせる。
そこに安到着の知らせを聞いた珍珠が飛んできて、姉弟はようやく再会を果たす。しかし喜びもつかの間、安は何霊依を見て怯え、「人殺し、怖いよ」とはっきりと指差した。
珍珠は「これで沈家の惨殺は李俶が何霊依に命じたのが明らかに」と指弾するが、李俶は表向き何霊依をかばって、安家の密使と関わった珍珠を軟禁という形で護衛をつける。
安ちゃん無事でよかった!しかしこの李俶の、珍珠に言わずに芝居する癖は、今までどれだけ誤解を生んだことか~

その夜、何霊依が安の部屋に侵入し、殺害しようとするが、風生衣が待ち構えていた。
逃げた何霊依は、その後様子を見に来た李俶たちを何事もなかったかのように迎える。
このまま安を王府に置くのは危険なので、慕容府に送って林致に治療させることに…
カラーボールみたいなの置いとけばいいのに!ねぇ!

崔彩屏は文謹閣の外で、軟禁状態の珍珠を高らかにあざ笑うが、珍珠は逆に崔彩屏を挑発し、扉を開けさせ、その隙に脱出しようとする。
騒ぎを聞いてやってきた李俶の前に珍珠は跪き、麒麟令も渡すから安は助けてと懇願。それを見た李俶はなぜ自分の真心をわかってくれないのかと…
李俶は安のもとに珍珠を連れていき、元気になった安からようやく真相が語られる…
そういや珍珠もこれが何度目の軟禁かっていう…これでようやく事件解決?

32話「偽りの麒麟令」

安は沈家惨殺事件の時のことを語り始める。
父・易得を殺したのは何霊依で、その時に「広平王に疑われぬよう、私に傷を負わせて」と言っており、さらに「主」と呼ぶ誰かに報告にいけと命じていたと…。
李俶が例の鳥の笛を見せると、安は「これは父への贈り物で、笛を鳴らせば殿下の配下が助けに来てくれる」と。そこで珍珠はようやく李俶への疑惑が間違いだったことを悟る。
跪いて詫びる珍珠に、李俶は黒幕を暴くために芝居を打とうと…
あの何霊依に、別に「主」と呼ぶ存在がいるということがにわかに信じがたい…

珍珠は何霊依の前で、わざと李俶に「安に会わせろ」と詰め寄り、李俶は「アレを弟の身柄と交換だ!」と答える。その夜、何霊依が覗いているのを知りつつ、珍珠は「銀鎖」を持ってこさせ「これが麒麟令、広平王に渡すことにする」と語ってみせる。
何霊依はそれを信じて偽物の麒麟令を盗み、向かった先はなんと楊国忠の屋敷だった。
李俶たちが何霊依を捕えようとしたところで、何霊依の居所から火事が発生し、焼死体が出たという。遺体のひとつに鎖骨が折れたものがあり、何霊依は焼死したとされるが、これで楊国忠を糾弾することはできなくなった。李俶はこの火事は怪しいと見る…
え~これで何霊依は… しかも黒幕は楊国忠?色々と納得がいかないんですけど~ 

李俶はここ数日楊国忠の事案を不休で調査して、疲れでふらついていた。ふと書斎の机を見ると、珍珠手製の餅菓子が。二人の関係にもようやく雪解けが訪れようとしていた。
珍珠は慕容府に預けた安を訪ねていたが、そこに慶緒がやってきて、珍珠と李俶の関係が元に戻ったことを悟る。それでも無理やり珍珠を連れ去ろうとする慶緒だったが、珍珠は「たとえ彼があなたに劣っていても、私は彼を愛する」と言い切るのだった。
慶緒の完膚なきまでの勝ち目のなさ… 李俶を愛するにしろ憎むにしろ、珍珠が慶緒の方を向いていたことは一度としてなかったことに気付くべきですよね~

珍珠のもとに呉興から、沈家の墓を移す件を長女として取り仕切ってほしいという依頼の文が届いた。そのためにはすぐ出発しなければいけなかったが、李俶は不在だったので、張得玉を呼んで李俶宛の説明の文を託す。ところが崔彩屏が張得玉に別の用事を言いつけ、自分が渡しておくと文を取り上げてしまう。
珍珠のためにサンザシ飴を買って帰宅した李俶は、地面に文が破り捨てられているのを不審に思いつつ、珍珠が旅支度をしているのを見て「出ていくつもりか!」と激昂する。
珍珠は李俶に自分の気持ちを信じてもらおうと、太湖の玉佩を捜しに池に飛び込もうとするが、実は玉佩は李俶がすでに探して持っていたのだった。李俶は「ずっと愛している」と珍珠に言わせたくてわざと冷たくしたのだった…
慶緒に続いて崔彩屏も酷い当て馬ぶり~。珍珠はず~っと泣いてる表情が多かったですが、いい雰囲気の時の甘えた顔はかわいいですよね~

楊国忠の使いが独孤家に偽物の麒麟令を持って訪れていた。その相手をしたのは独孤成将軍の娘・独孤靖瑶だったが、麒麟令が偽物だと看破して、楊国忠が独孤家にしてきた数々の讒言から「たとえそれが本物でも、楊国忠の言いなりにはならない」と使者を切り捨てる。実は独孤将軍は裏で安禄山と手を結んでおり、これからは行動を共にすると誓うのだった。
使者が殺され、麒麟令が偽物だったと知らされた楊国忠は激怒するが、広平王府は間者も一掃され、もう麒麟令を盗む手立ては残っていない…
独孤家と独孤靖瑶が姿を現しましたが、なんとまさかの安禄山一派!?マジで~?

張氏は無事出産し、誕生した男の子は李佋と名付けられた。
しかし出生の秘密についてまだ安心できない張氏は、皇太子に李倓の悪い噂を吹き込み、再婚させて落ち着かせるべきと進言する。張氏の従兄・竇如知の娘、蓮児との縁談をすでに計画済みだった。
そうとも知らず、李倓は酒におぼれて自暴自棄の日々を送っていた…
張氏の計画は隙がありませんね。それに比べて李倓ときたら、荒れてる感じの無精ひげのメイクすらかなり適当です~

33話「酒宴の悲劇」

李倓は相変わらず荒れて、酔って川岸をふらついていた。ところがそこに林致が通りかかり、気付いた李倓は声をかける。しかし林致には李倓のことが誰だかわからない。
そこに林致の師匠の長孫鄂が、李倓に「林致を自害にまで追いつめて、いまさら何用ですか」と冷たく言い放つ。林致が李倓の記憶を失ったと聞き、李倓は号泣するのだった…
李倓は、傷ついたのは自分だけじゃないってことに、そろそろ気付くべきですよね…

張氏の産んだ李佋のお披露目で、皇太子の子供らなど近親者が呼ばれる。子供好きな玄宗が誕生を喜び、次はひ孫の誕生を望んでいるという話になり、李俶と珍珠が微笑みあう様子に崔彩屏はいらつく。
その場には竇如知の妻の竇夫人が招かれており、張氏は李倓と蓮児の結婚が決まったことを発表する。ところが遅れてやってきた李倓はまた泥酔しており、張氏は怒る皇太子をとりなして、李倓を控えの間で衣服を整えるように誘導する…
玩具を贈呈した李係というのは、李俶と李倓の間の年回りの異母兄弟らしいです。今後色々名前が出てくるのではないかと思います

李倓が控えの間に行くと、そこには蓮児がいた。知らない間に勝手に縁談が決められていたことを知って、李倓は「たとえ陛下の命令であれ、結婚するつもりはない」と言い放って出て行き、祝いの場は気まずいことになってしまう。
その話を聞いた楊国忠は、李倓を使って李俶を陥れることを計画する。まずは李倓が竇如知の娘を侮辱し恥をかかせたことを朝臣すべてに広め、竇如知を朝廷の笑いものにする…
もしこの結婚が成立したら、李倓は張氏のスパイと生活を共にする羽目になるわけですよね。そして楊国忠はいちいち策を弄してきますね、暇なんですね~

林致を一目見たさに広平王府の前でうろうろする李倓だったが、いざ林致が出てきても話しかけることができない。それを見つけた珍珠は「すべて自業自得」と冷たい言葉を投げかける。
李倓は「たった一度の過ち、挽回する機会はないのか」と後悔の言葉を口にするが、珍珠は「彼女は平穏を取り戻したのです、忌まわしい記憶を思い出させないで」と突き放す。
あの時離縁しなかったら、林致は死を賜る羽目に、って言えばいいのに~!ねぇ!

ますます荒れて飲み歩く李倓は、馮尚書の誕生日の祝いの宴に呼びこまれてしまう。そこには竇如知も招かれており、楊国忠の計画で二人が一触即発になるようにしくまれていた。
朝廷の噂で、李倓に娘を侮辱されたと感じていた竇如知は、林致についての誹謗を大声で言い立て、お互い剣を抜く事態に発展する。しかし李倓が酔っているとはいえ、老齢の竇如知に勝ち目はなく、剣を飛ばされ勝負がついたところで後ろから誰かが李倓を押し、李倓の剣に貫かれた竇如知は死んでしまう…
楊国忠は細かいとこまで仕組んでたっていうのがわかりますね、暇なんですね~

文謹閣で素瓷と他の侍女たちが蹴鞠をして遊んでいるのを見ていた珍珠は、幼い頃に林致や紅蕊と同じように無邪気に遊んでいたことを思い出す。あの頃はこんな悲劇を想像することすらできなかった…
そこに、李倓の事件の知らせが届き、李俶は大急ぎで参内する。
楊国忠もまた事件の報告を聞き、李俶が李倓をかばって自滅していくのを見物しようと笑うのだった。
李俶は、ようやく珍珠と落ち着いた生活を送れると思ったら、また一難…

宮中では、楊国忠の息のかかった韋見素が事件の報告を行っていた。多くの証人がいて、竇家の者は喪服姿で京兆府の外で正義を求めているという状況なのに、玄宗の前に引き出された李倓は何も言おうとしない。仕方なく玄宗は大理寺送致を決定する。
駆け付けた李俶に、皇太子は「もうこの件には関わるな」と怒り心頭。助けようがないとさじを投げつつも、張氏に「竇家に行って引き下がるように頼んでくれ」と…
楊国忠の影響力はいまだ強し…ほんとこの丁寧な仕事ぶりを他のことに生かせと…

李俶は牢の李倓に話を聞こうとするが、何かを隠しているようで、口を閉ざして語らない。自暴自棄になるなと励ますものの、李倓は殻にこもるばかり。
風生衣の調査によると、李倓に関する中傷を先導したのは、実は竇家だったという。その卑怯さに憤った李俶は、竇如知の悪事を記した資料を手に、竇夫人に「早期の結審を求めるのを止めろ」と圧力をかける。
李俶のねっちりした陰険さ!こうでなかったら宮中で生き残っていけないですよね~

珍珠も李倓を訪れるが、林致の姿を探す李倓に林致は「思いあがらないで」と一蹴。
冤罪を晴らすべく家族思いの李俶が奔走しているのに、李倓が口をつぐんでいることで、このままでは李俶は主君を裏切りかねない。珍珠の説得に李倓は自分の間違いを悟り、事件当時のことをようやく語り始める…
李倓、やっと酒が抜けたようです。遅い、超~遅いです!!

31~33話の感想

31話で久々に登場した李国輔ですが、中国時代劇ドラマのレジェンド作品「宮廷の諍い女」で、雍正帝の忠実な宦官・蘇培盛役を演じていた李天柱さんでした。玄宗の宦官の高力士役の馬曉峰さんも、「開封府」で宦官の陳琳役でしたし、宦官役がお得意の俳優さん方なのでしょうか。独特の所作が必要とされるとか、あるのかもしれませんね。

さて、ようやく安ちゃんが救出されました!そしてずっと李俶と珍珠の間に渦巻いていた沈家惨殺の誤解がようやく解け、何霊依のバックは楊国忠だったと判明しましたね~。
でも、あれで何霊依は本当に死んでしまったのでしょうか?顔が潰れてるだの判別不可能な焼死体だの、崖から落ちて遺体が出てこないだのはわかりやすくフラグですよね!こんな簡単に何霊依が退場するわけがない、と予想しておきましょう。

楊国忠は禁足中なので、暇な悪人はほんとろくなことしませんね~♪
麒麟令の偽物つかまされたり、李倓を陥れたり。楊国忠は極悪人で緻密に計画を巡らしてハメてくるわりに、どこか抜けててみみっちいので、黒幕が楊国忠~?ウソでしょ~?っていう感じがしてしまいます。
それに対してとうとう姿を現した独孤靖瑶のラスボス感。独孤家はなんと安禄山と手を組んでいるという新事実が出てきましたね~。独孤家は珍珠と安禄山の間にできた溝を知ったら、いざ麒麟令が出てきたときにどう態度を決めるのでしょうか。なかなか複雑な展開になってきたような気がします。

そして李倓は… 牢で頭冷やせばいいんですよ!(それだけか~い)

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です