麗王別姫-れいおうべっき-あらすじ-52話-53話-54話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-麗王別姫-あらすじ-52話-53話-54話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

麗王別姫



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
安史の乱で長安に置き去りにされた珍珠が、処刑されそうになり、慶緒の花嫁にさせられそうになり、逃げてもまた捕まり、さらに軟禁状態からの救出、と見せかけて今度は寺送りという…エンドレスな不幸の連鎖から、ようやく珍珠は一息つけそうです。

それでも、まだ唐は亡命政権みたいな状態が続いていますし、安寧とは程遠いです。李俶はずっと鎧を着てるショットが続き、そのせいなのか時々変なコスプレでファンサービスさせられたり。今回ご紹介する52~54話でも、李俶のコスプレが出てきますよ~♪
そして、独孤靖瑶が再び登場してきて、崔彩屏が敗退したラブウォーズに参戦してきます。
崔彩屏というわかりやすい悪役との対峙だった時より、より複雑な心理戦が展開するのではないかと期待できますね~♪

そして、皇太子の座を巡っての政治闘争が静かに始まろうとしています。楊国忠、安禄山というボス戦を経て、ラスボスは張皇后か?
武則天以来続いてきた、夫を踏み台に我が子をダシにしてのし上がる、唐の女帝志向の謀略が蠢いてきますよ!

【麗王別姫】(ネタバレあり)

52話「戦乱の傷跡」

ようやく珍珠は李俶のもとに帰ることができ、李适を腕に抱くことができた。しかし珍珠は王府に素瓷の姿がないことに気付き、李俶は伏せていた素瓷の悲劇をようやく話す。
李俶は浄慧寺命を狙われたことを聞き、これからは二度と珍珠を傷つけさせないと誓う。
珍珠は崔彩屏が錯乱状態になったのを見て、なんともいえない気持ちになるが、「正気を失ったとはいえ崔彩屏は殿下の妃なのだから」と大事に世話させるように取り計らう。
また、李婼も愛に傷ついて別人のようになっていた。いまだ慶緒から受けた心の傷が癒えない李婼に、珍珠は「過去のことは忘れて希望を持って」と励ますのだった…
李婼ちゃんが珍珠に慶緒の話をする時、ナチュラルに失礼になるのは、立場の複雑さのせいなのか、彼女の性格のせいなのか…

唐と晋の戦いは、長安奪回の局面を迎えていた。
李倓たちの軍営からは、役目を終えた長孫鄂と林致らが太原へと向かおうとしていた。李倓は離れがたかったが、まだ自分は林致の人生に深入りする資格はないと考え、引き続き配下に離れて見守るように指示するのだった。
一方李俶は、珍珠が鎮国夫人に封じられたことは、回紇を取り込むための策で「粛宗が珍珠を戦に引き入れた」と考えていた。これまでは地位など求めなかったが、一介の皇子では家族を守りきれないため、李俶は皇太子になることを決意するのだった…
皇太子になったら家族を守れる、っていう発想は、皇太子の李亨が家族を守り切れたかという一点でアウトじゃないでしょうか~

粛宗は李俶と李係を御前に呼び、「誰が長安奪回の軍を率いるか、公平に決めたい」という。そのために、二人に長安への途上にある大散関に陣取っていて朝廷への協力を拒む屠安という将軍の攻略を命じる。兵法に疎い李係は正面攻撃を主張し、李俶はそれを下策と反対する。どちらか先に将軍を攻略できた者が長安攻めの大元帥に任じられることになったため、李俶は先に10日もらって屠安将軍を説得することに。
しかし屠安将軍は、安禄山を恨んでいるのにもかかわらず、唐の使者をも拒んで門前払いしていた。李俶は誠意を示すために風生衣と二人で訪問するが、やはり拒絶されてしまう。
李係がここにきて調子に乗ってますが、李俶ほど賢くもなく、李倓ほど戦えもしない凡人をここまで調子に乗らせるとは、張皇后の手管はおそろしいものがありますね~

李俶と風生衣は女装して大散関に潜入し、屠安将軍に会おうと部屋に忍び込むが、屠安将軍は以前旅先で出会った女将軍(=独孤靖瑶)だった。靖瑶は忍び込んできた賊があの時の一目ぼれの相手と知って、自分を探して来てくれたのかと喜ぶが、実は彼の正体は広平王で珍珠の夫であり、政治的な目的のために会いに来たのだとわかって落胆し、冷たい態度に変わる。李俶はそれでも「屠安(安家を屠る)」と名乗るほど安家を憎んでいるなら、手を組もうと説得しようとするが、靖瑶は「父の墓前で、唐との断絶を誓った」と、とりつくしまもない…
あの女装コント…李俶の潜入コスプレが楽師→宦官→女装、と段々難易度上がってきてますよね。さすがにこの場面に可汗がいなくてよかった、それは見たくない~!

翌日、李俶は靖瑶に腕比べを挑む。弓矢でどちらか先に鳥を射落とせるかを競うことにするが、李俶は靖瑶と同じ鳥に矢を放つ。李俶は「心が通じ合ったからだ、我々は手を組む運命にある」と口説くが、靖瑶は李俶に特別な思いを抱いているからこそ苛立ち、「私に出兵させる方法を考え直すのね」と突き放す。
行き詰まった李俶は、珍珠に「屠安将軍と旧知か」と文を書き、情報を求める。そこで珍珠は李俶の元へ赴き、「彼女は独孤靖瑶、独孤家の13代目で、慶緒から私を救ってくれた」と説明する。そして珍珠は、靖瑶を動かして戦乱を終わらせるために「今こそ麒麟令の使い時です」と…
オープニングの、二人並んで矢を射るシーンはここなんですね。オープニングとエンディングに出てくる場面を見つけると「ここか~!」って嬉しくなりますよね~

53話「長安奪還」

李俶の訪問を断った靖瑶だったが、珍珠も一緒だと聞いて会わざるを得ない。しかし李俶への想いが複雑で、つい李俶に冷たく接してしまう。
靖瑶は、珍珠が李俶のために麒麟令を使って協力を求めに来たのだろうと察していた。独孤家は麒麟令を出されたら断れないので、靖瑶は協力を了承する。
そして李俶が自分の気持ちに気付きもせず、嬉しげに珍珠の手をひいて帰っていくのを見て打ちのめされつつも、麒麟令に「後悔しないでね」とつぶやくのだった…
この「後悔しないでね」は怖いですね。しかし珍珠に花嫁役を押し付けた件、後から助けてチャラになってますが、もし李俶に知られたなら、靖瑶の想いは終わりそう…

靖瑶の攻略に成功しての帰途、上機嫌の李俶と珍珠は、男たちに追われる身重の女を見かけて助けるが、それがなんと素瓷だった。連れ帰って介抱したところ、「郡主様と共に奇襲に遭い、谷に落ちたところを猟師に助けられた」と言う。その後霊武の軍営に戻ろうとしたが、唐軍はすでに移動後だった。そこで猟師に娶られて子を授かったのだが、夫は二カ月前不慮の事故で亡くなったのだという。
珍珠に「私が面倒を見るからずっとここにいて」と言われ、素瓷は泣き崩れるのだった…
素瓷が無事でよかった~!でも珍珠たちの背景が最近珍しいくらいの合成っぽいのが気になって再会の喜びが吹っ飛びます…

李俶の屠安将軍攻略達成によって、喜んだ粛宗は李俶を天下兵馬大元帥に復帰させ、兵符も下賜し、郭子儀・葉護とともに長安攻略を命じた。それを聞いた張皇后はこわばる。
李俶は郭子儀・葉護に靖瑶を紹介し軍議を始めるが、靖瑶の提案を唐の副将が内容を聞かず「女はダメだ」と嘲笑する。李俶はすぐさま「屠安将軍を侮辱した」と副将を30回打たせる。「才覚だけを論じろ、容姿や性別で判断するなど言語道断」と断じる李俶に、一同の求心力は高まる。靖瑶は李俶の対応に感謝して、明日の戦いで使ってと独孤家の秘伝で作った護心鏡を贈るのだった…
李俶は無意識にやってるのか、周囲に珍珠をアゲる努力が癖になってるのか、さらっと珍珠をのろけてましたが、片思いの靖瑶にはさりげなくきついですね~

至徳2年西暦757年9月、唐軍と安慶緒の軍は長安の西で交戦、唐軍は長安城内に突入する。慶緒は要請した史思明の援軍を待ちわびているが、范陽の史軍からは何の返事もない。慶緒は「謀反だ」と憤る。
そして唐軍はついに長安を奪還し、その報は鳳翔別院の粛宗の元にも届けられる。粛宗が「李俶の手柄だ!長安に戻れる!」と手放しに喜んでいるので、張皇后と李輔国は自分たちに不利な状況に、密かに視線を交わしあう。
その頃慶緒は安軍敗戦の報を受けて、李俶への憎悪をさらに募らせる…
慶緒がどんどん壊れてますが、安父子についていく安軍の皆さんはマゾですか…

李俶は葉護に、回紇軍のおかげで作戦が成功したことに礼を言うが、一方で回紇の副将二名が勝利に乗じて略奪を行ったことに苦言を呈する。葉護は二人をすでに罷免し処罰したと謝罪するが、李俶は葉護の目が反抗的だったことが気になる…
一方、靖瑶は唐への帰順を決心し、李俶は「君の帰順は、唐や私にとっての福だ!」と大喜びする。
李俶たちは長安の城内に凱旋し、民は「広平王は華夷の主です」と声をそろえる。ところが李俶を狙う刺客が矢を放ち、庇った靖瑶に命中する…
李俶は、葉護の気持ちには敏感なのに、靖瑶の気持ちにはとことん鈍感ですよね~

李俶の命の恩人だから自分で靖瑶の看病がしたいと、珍珠は靖瑶を王府に引き取って手厚く看病をしていた。そのかいあって半月の昏睡から靖瑶は目を覚ます。粛宗は靖瑶の忠義心を称え、従四品の宣威将軍に封じていた。さらに義理の娘にしたい、という申し出があったが、靖瑶は理由をつけて固辞するのだった。
侍医の診察では「傷は治った」とのことだったが、侍医の口調が気になった李俶は、靖瑶の部屋から退出して侍医に問い直す。すると侍医は「屠安将軍は下腹部を射られたため、子宮が損傷していて、将来子を身ごもるのは難しい」という…
この李俶の中に生まれた「負い目」が、この先靖瑶の想いを歪めていくのでは…

長安奪回の次に、李俶は郭子儀の援軍として洛陽攻めに出征することに。一緒に行きたかったという靖瑶に、李俶は「安慶緒を見つけたら、必ず生け捕りにする」と約束し、養生に専念せよと言う。しかし靖瑶は李俶と一緒に居たかったので、できる精一杯として、洛陽の陣容についての情報と、秘伝の護心鏡の鍛造方法を李俶に渡す。
一方、慶緒は酒浸りの日々を送っていたが、洛陽に唐軍が向かっていると聞き、今度こそ李俶との決着をつける決意を胸にたぎらせていた…
李俶は鈍すぎる割に親切にしすぎなので、残酷にもほどがありますよね!

54話「皇后のもくろみ」

李俶、郭子儀、葉護たちが軍議を行い、守りの強固な敵をどうするのか話し合っていた。洛河の決壊のせいで食糧が届かず唐兵も空腹で困っていた。そこに靖瑶が現れて一同驚く。
李俶たちはわざと食糧を積んだ荷車を安軍に奪わせ、荷車の下に配下を潜ませて潜入させるという策を実行する。風生衣と厳明が荷車に隠れて洛陽城内に潜入し、「唐軍が来る」という流言で城内をかく乱し、そこで李俶たちは洛陽に兵を突入させる。
李俶って、靖瑶に気がなくてもやってることが結構天性の女たらしですよね…

唐朝至徳2年西暦757年10月18日、唐軍は洛陽侵攻に成功する。
安軍は追いつめられ、とうとう李俶と慶緒の直接対決に。そこに靖瑶がかたき討ちのためにかけつけ、二対一の打ち合いになるが、慶緒は粘って倒せない。安軍の劣勢で、慶緒は部下たちに「洛陽はあきらめて撤退しましょう」と進言される。それでも李俶を倒そうとする慶緒を、部下がむりやり気絶させて連れ去る。
大敗を喫した慶緒は河北へ逃れ、唐軍はようやく二都の奪還を果たした…
慶緒の「長安と珍珠をこの手に取り戻す!」って、慶緒のものになったことなんてなかったじゃないか、って全員が突っ込んだと思うんですよ…

広平王府で養生していた靖瑶は、葉護が洛陽で略奪を働こうとしたことを話す。葉護は粛宗の許可を得たと言っていたらしい。葉護の横柄な態度を改めさせないと、李俶に類が及ぶのではという不安が…。
そこに李俶が王府に帰宅するが、李俶と珍珠の睦まじい様子を見せつけられて靖瑶は落胆してその場を離れるが、そこで正気を失った崔彩屏に出会う。その哀れな姿を目の当たりにして、靖瑶は「私は必ず、殿下の愛を手に入れる」とつぶやく。
そして唐朝至徳二年10月23日、ついに粛宗は長安に帰京を果たすのだった…
二人のイチャイチャ見た後に崔彩屏を見るって、片思い女子にはハードモードですね!でも靖瑶はそんな試練にも心折れないところがさすがです~

靖瑶は新しい屋敷に移る前に、李俶に挨拶をするために待っていた。
「将軍」と自分のことを呼ぶ李俶に対して、靖瑶は「女として見てほしい」と想いを率直に打ち明ける。驚く李俶に靖瑶は「いつの日か、必ずあなたを振り向かせる」と宣言する。
その靖瑶の想いを珍珠はすでに察知していた。しかし李俶の気持ちは珍珠以外には動かないのだった…
珍珠だって気付いてたのに、ここで言われるまで李俶は全く気付いてなかったんですか~!鈍い、鈍すぎる!

二都奪回を終えて、粛宗は李俶を親王に封じる頃合いではないかと考えていた。しかし張皇后と李輔国で「臣下からも民からも、李俶は人気が高い」と褒めちぎることで、猜疑心の強い粛宗の嫉妬を煽り、親王に封じる件を見送らせる。
ところが粛宗が突然体調を崩して倒れる。侍医によると、粛宗は余命5年か7年であるという。それでは幼い李佋を皇太子につけるのには時間が足りない…
張皇后と李輔国の褒め殺し、えげつない~。悪口じゃなくて、褒めてるだけなのに相手のポジションを見事に下げてみせるという、かなりの高等テクニックですね~

その頃史思明は慶緒が送ってきた令牌を手に、今後の去就を迷っていた。
そして張皇后も、戦功で立場を固めた李俶に対抗する後ろ盾を欲していた。李俶に対抗できる力強さを持つのは、今、史思明しかいない。張皇后は次期皇帝が己の子だということを史思明に知らせ、その権勢欲を利用しようと考える…
捕食者同士のカップルが、お互いの利用価値に気付いてしまいました。さあどっちがパクっと食われてしまうのでしょう、怖いですね~

52~54話の感想

ようやく珍珠は李俶のもとに戻り、穏やかな日々が…という感じに見えますが、この三話の間李俶は結構出征していますし、しかも長安と洛陽二都奪還という大仕事で、なかなか気が休まりませんね。しかも出征している夫の側には、彼に想いを寄せる絶世の美女の女将軍が付き添っているわけですから…
靖瑶の想いを知っても、余裕綽々の珍珠でしたが、この先どこに落とし穴が掘られているかわかりません。珍珠にとって最大の敵は「李俶の大業」なんじゃないかと思われるわけで、李俶にとっておそらく珍珠は大業の足枷に、靖瑶は最大の武器になるのではないでしょうか。李俶にとってつらい選択を迫られることになるのでは…

そして李俶と帝位を奪い合う張皇后は、史思明と手を組む決心をしました。
皇帝の実父という立場を餌に、彼の権勢欲を利用しようというのですから、相当な賭けに出ましたね。始皇帝と呂不韋(一説には始皇帝の実父が呂不韋)の関係になりませんか、みたいな。ここまでなかなか表面化しなかった張皇后の謀略ですが、佋を皇位につけようという焦りからか、最近は李倓にまで不審がられていましたから、焦りは禁物、思わぬミスを生み出すことになりそうです。
そして張皇后は忘れてそうですが、そのうち林致の記憶という地雷が暴発するかも…

ところで、今回は李倓の活躍は控えめでしたが、4月からDATVで放送がスタートする「泡沫(うたかた)の夏2018」に李倓役のチン・ジュンジエ (秦俊杰)が出演しますよ。台湾ドラマの「泡沫(うたかた)の夏」の中国リメイク版で、なんと台湾版でピーター・ホーが演じていた御曹司オウ・チェン役です!
そういえば彼、ちょっとピーター・ホーに似てるかも、シャクレてるとことか…
そうやって俳優さんつながりで他のドラマにも興味が広がっていくのが楽しみですね!これからもどんどん広げて楽しんでいきましょう~♪

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です