コウラン伝-始皇帝の母-あらすじ-4話-5話-6話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-コウラン伝-あらすじ-4話-5話-6話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

コウラン伝



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

1話からいきなりの波乱万丈な展開を迎える皓鑭の若かりし頃。
目の前で母親を井戸に投げ捨てられて殺されるというなかなかの場面に立ち会い復讐を誓う皓鑭。
そして、この頃からひたむきに野望を抱えながら皓鑭に出会う呂不韋の関係が今後気になりますね。

では、4話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【コウラン伝-始皇帝の母】(ネタバレあり)

4話

秦国が挙兵し趙に攻めてくるかもしれないという知らせを聞いた趙の丞相である趙勝は異人と呂不韋を牢に入れる。
牢の中で落ち着きながら碁を打つ異人、呂不韋はそんな異人に話しかけ異人が秦国王の孫ではあるが、母が韓国出身であること。
その為、身分の低い自分が趙に人質として送られたという話しを聞いた呂不韋は異人に皓鑭をどう思うかと尋ねた。
歴史を動かす発端をここで手に入れたんですね、転んでもただでは起きないところに呂不韋の強さを感じますね

その頃、趙王の息子である公子蛟は父親との喧嘩により頭を柱にぶつけた皓鑭の見舞いにきていた。
皓鑭は柱にぶつけた衝撃で子供のようになってしまい公子蛟を見ると驚いて柱に身を隠す素振りを見せる。
そんな皓鑭を抱きしめつつ自らの想いを吐露するが皓鑭は庭の芝生の中にいた虫を見つけて喜んでいた。
継母である高氏は皓鑭が演技してると思ってるようですねーしたたかな女の戦いの雰囲気がビンビンに溢れてるー

高氏は自分に抱きついてくる皓鑭を豚を飼育している柵の中に入れると、その様子を見に来た義妹の岫玉。
岫玉は柵の中に入り狂った皓鑭に話し掛けるが、皓鑭は豚の糞を掴み岫玉に向かって投げつける。
その後、糞を顔に塗りたくる皓鑭の様子を見て岫玉は走り去ってしまうが、居なくなったのを確認した皓鑭はすぐさま顔を拭った。

5話

呂不韋の元へ戻った皓鑭だったが、呂不韋の父である呂鑫の大切にしていた真珠がなくなり騒ぎになっていた。
皓鑭の部屋を部下に探せた結果、部屋から真珠が入っている箱を見つけ皓鑭は犯人扱いされるが司徒缺が犬を連れてくる。
箱の匂いを犬に嗅がせ犯人を探すと、瑤姫に犬が吠え立て瑤姫は自らの罪を告白する。
こんな時代から警察犬みたいなことってあったんですかね?まぁ大事な息子が皓鑭にうつつを抜かしてると思いますよねー普通

呂鑫を責め立てる態度を見せる皓鑭、呂鑫はそんな態度に腹を立ててしまい瑤姫と一緒に皓鑭に出て行けと告げる。
呂不韋は父に謝ってほしいと頼むがそれを断り続ける皓鑭、呂不韋は皓鑭を街に連れていき謝るまで踊って生計を立てろと言う。
たちまち人だかりが出来るほどの踊りを見せるが、そこへ皓鑭の父である李赫が現れ親子の縁を切られてしまう。
確かに皓鑭は今回悪くありませんが芯のつよすぎる部分がのちのち大変なことになりそうですね…

家に戻った呂不韋は呂鑫に呼び出され皓鑭に金を使うのは辞めろと告げるが、呂不韋は自らの野望を呂鑫に説明をする。
それは異人を王にするための駒であり、呂不韋は再び異人の元へ向かい王がこのような場所にいるべきではないと告げる。

6話

武官と文官を集めた宴席で公主雅が勧めた通り、皓鑭が踊り子として迎えられ趙王・丹の前で踊る。
王はその踊りを喜び丞相の趙勝を褒めるが、そこへ陰陽師である太卜が現れ皓鑭は国に災いを運ぶ悪女だと王に告げる。
異人や公子蛟が必死に王を説得するが皓鑭は神への生贄とすると趙王が決めてしまう。
昔ですからね、占いや宗教の影響は強かったもののこんなあっさりと決まるんですねー怖い

公子蛟は岫玉が事を企んだと思い、岫玉の元へ向かうとその頬を思いっ切り叩く。
翌日、皓鑭が生贄になるために祭壇の座り込んでおり異人はそんな皓鑭に彼女が苦しまないようにと公孫将軍を通して水を渡す。
趙丞相と一緒にきた呂不韋は自らの羽織物を皓鑭の目の前に置き、天国で自分を見守っていてほしいと告げる。
すごい祭壇ですねー異人の優しさが光るシーン、公孫将軍もなかなか男気の溢れた感じで良いですね

その後、趙王の元へやってきた呂不韋は国に吉兆を運ぶ白鹿の話しをすると趙王はその話しを気に入る。
そして目の前に檻に入った白鹿を運んできた呂不韋に趙王は喜び、呂不韋に王宮の少府監に据えてその証として宝剣を渡した。

4-6話感想

滅法、女性陣から嫌われる皓鑭ですがあれだけ何でも出来て色々な男が贔屓していたらそうなりますよねー。
そして皓鑭の気の強さに押され気味の呂不韋、しかし呂不韋もしたたかに野望の実現に向けて色々動いていますね。
それを知らないのは異人と公子蛟でしょうか?確かに2人はあまり世間知らずな感じしますものね。

今はまだラブロマンスの欠片も無くて王宮の勢力争いに巻き込まれている雰囲気。
着実に計画を遂行していく呂不韋に代わり、今回は皓鑭へのストーリーはあまり進まずの様子。
異人はもう皓鑭のことを気になっているのでしょうか?呂不韋はあんまりそんな雰囲気見せませんが気になりますねー。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です