プリンスウィリアム-あらすじ-最終回(14話)-結末は!?

韓国ドラマ-プリンスウィリアム-あらすじ-最終回(14話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

プリンスウィリアム



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
威廉の精神が壊れてしまい会社の危機を懸念したマカロンとイーシン。
その威廉のせいで母親が重体なのに、阿彬にもう一度社長の身代わりをして欲しいなんて
ムシのよすぎる話ですよね。
何としてでも美之村の自然を守ってほしい、ハッピーエンドを迎えて欲しい、
と願いつつ いよいよ最終話です。

【プリンスウィリアム】(ネタバレあり)

最終回(14話)

すっかり新社長気取りの趙。社長室のリフォームを提案する秘書に対しとどめを刺すまで待てと言う。
その頃病院で荒れる威廉をケイティが献身的に世話を続けている。
ケイティを嫌っていたイーシンも感謝と気遣いを表すようになる。
そして阿彬と母親も病院で。
一生懸命話しかける阿彬の声に母親はほんの少し反応を見せる。
お母さん、よかった!なんとなく色々上手くいく幕開けのような気がしてうれしい♪

マカロンは秘書室でデスクにあった書類を見て、更に趙の秘書宛の電話にも出てしまう。
趙が銀行の貸金庫に入っている極秘の書類を持ち出そうとしていることを知ったマカロン。
病院の廊下でケイティとイーシンに相談するが、病室から出てきた威廉に聞かれてしまった。

会社を守るために書類を取りに行くと暴れる威廉をなんとか抑えたマカロンとイーシンは
意識を取り戻し退院した母親の面倒を見る阿彬に、もう一度影武者をして欲しいと頼む。
一旦は断るが、母親に諭されて 一日だけの約束で威廉のフリをするすることになる。
阿彬もお母さんも人が良すぎますよね。私ならこんな風には言えません(反省)。
それにしても意識不明だったのに回復する早さが驚異的ですねw

威廉のフリをして書類を取りに来たイーシンと阿彬。
しかし今度は貸金庫の暗証番号がわからない!銀行に来た趙がすぐそこに迫っている。
2回ミスをして、最後の一回となったときに阿彬の思いつきで間一髪・趙よりも先に書類を手に入れることができた。

貸金庫の中の書類と、以前萬から預かった書類を届けると、ようやく阿彬と阿彬の母親の想いが理解できた威廉。
そして迎えた取締役会の日。
趙は自分が次期社長となるべく、役員たちに投票を迫る。
しかしそこへ現れた威廉は阿彬を推薦し、彼が代わりを務めていた間にいかに利益をもたらしたかを説く。
この辺りはちょっと複雑な気持ちです。阿彬、本当にこれでいいの?

その後・・・。
美之村の開発は中止となり、平和里の住人も住居提供された。
社長業に大忙しの阿彬に代わり、威廉とケイティが村で母親の面倒を見る。
阿彬は村に遊びに帰ってきて、イーシンにプロポーズをする。
威廉の「自分の好きなものって所有しなくていいんだな」という言葉。全てはこの一言に尽きます。

14話感想

最後の最後にうまくまとまりました。待ちに待ったハッピーエンドです。
エンディングの映像から、どうやら威廉が社長業に戻りケイティと仲良くやっていることと
阿彬とイーシンが村で結婚して子供が生まれたことがわかります。
台湾では賛否両論だったようだけれど、個人的には満足のラストでした。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です