ミーユエ-あらすじ-22話-23話-24話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-22話-23話-24話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ユエは、魏夫人に対抗する行動をとっていますが、またまた、いけないことをやらかしてしまいます。ユエの突っ走る行動が原因で大変なことが起こってしまいます。ユエを止めることができる人は誰もいなさそうです・・・大丈夫かな?

秦と楚の関係が微妙になっています。王后を楚から娶ったというのに。

そこで、登場するのが、張儀です。張儀は、今は秦の臣下なので、秦のために大きく貢献することになります。

魏夫人は、いろいろと仕掛けてきます。では、22話から24話をお楽しみください。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

22話 勇み足

ユエは、馬小屋で、大公主の孟嬴と会い、とても意気投合する。二人で馬を走らせる。

楚は、約束していた600里の割譲を何度も秦に求めているが、秦王が断ったので、恨みに思い、斉と同盟を結んで、秦への侵攻を画策している。公孫衍は、楚を打つことを提案するが、樗里疾は、戦いでみな疲弊し、田畑も荒れ放題なので、今は国力を蓄えるのが先決だと主張する。

そして、張儀は、自分が斉と楚の同盟を壊して来るといい、楚に行くことになる。

ユエは、庭で、武関で取り逃がした女官を見かけ、すぐに姝に伝え、捕まえるように促すが、姝は、軽率に動くのはいけないと先走るユエを抑える。
姝の判断は正しい!

姝が動かないので、ユエは自分でその女官を捕まえる。
まったく向こう見ずなのだから!

秦王の前で、ユエと魏夫人とその女官がそれぞれ自分の主張をし、言い争いになる。そこに、王后が来て、秦王は、王后に直接意見を聞く。
この場面いいですね。とっても正統派!

この女官が犯人だという証拠がなく、後宮の秩序を乱したということで、ユエは罰せられる。
仕方ありませんね。
カク美人と魏少使が、身重の樊少使を散歩に誘う。罰として庭の掃除をさせられているユエを見せるためである。カク美人が、ユエを嘲笑しているところを、王后が目撃し、カク美人に罰を与える。
これはきつい!

そこに、嬴夫人が来て、騒ぎを納めているときに、樊少使が後ろにあった階段から転げ落ちてしまう。そして、産気づく。樊少使は怪我をするが、無事に公子を産む。

そして、カク美人が王后に罰を受けたことを苦に自害をしたとの知らせが入り、秦王が王后を責める。
なんという状況になってしまったのか!

23話 六百里

秦王に叱責され、王后は倒れてしまうのだが、それは、懐妊のせいだった。

秦王は懐妊をとても喜ぶが、あまり王后のところに来ず、王后はふさいでいる。
つらいですね!

ユエは、樊少使へのお見舞いに、刺繍をほどこした公子用の着物をもっていく。

穆大監が、秦王に、カク美人の自害は、狂言のつもりでやったことが、失敗して本当に自害にいたってしまったとのこと。樊少使の件は、事故ではなく、樊少使が何か隠している様子だと伝えた。

張儀が楚から帰ってくる。秦王に、斉と楚の同盟を解消することの見返りに六百里の地を割譲してきたと報告する。それを聞いて秦王は、600里の広さの土地と勘違いをし、張儀を舌切りの刑を命ずる。
張儀のこだわり?本当に舌を切られたらどうするのかしら?

秦王の誤解をユエが解いてくれ、張儀は、釈放され、褒美をもらえることになる。
張儀は綱渡りをしますね!

黄歇は、まだ、記憶が戻らないでいる。そして、蜂飼いと一緒に斉に向かう。
遠くにいってしまうのね!

騙されたことに気がついた楚王が、兵を挙げて武関に向かっていることを知った秦王は、司馬錯に指揮をとらせ、応戦することにする。

魏夫人が秦王に、自分で作った香をもってきて、華公子が楚との戦いに出陣することを伝える。

24話 王后の苦悩

丹陽で、秦は大勝し、漢中を手に入れた。

姝は、楚からの文で、秦との戦敗で、楚王が体を壊していることを知る。秦に嫁いで来たにもかかわらず、楚を守ることができない自分を責める。
嫁いで来た意味がない!

魏夫人と魏少使が、王后のところに来て、嫌がらせを言い、王后を挑発する。
ひどい言いぐさ!わざわざ来てこんなことを言うなんて!

ユエがとめるのも振り切って、祝宴中の秦王に楚との関係修復を直訴する。張儀がこの戦いの元凶で、張儀を裁いてほしいと願いでるが、秦王は自分の重臣を侮辱したと激怒する。そして、取り乱した王后は、倒れてしまいます。王后は、絶対安静の状態になる。
王后は強引なことをしましたね!

後宮は、魏夫人に任されることになる。
あぁ。結局、魏夫人が喜ぶ状況になってしまった!

ユエは、秦王に王后の苦悩を伝えると、秦王は、楚の捕虜を解放するように命じる。
ユエはいろいろと考えますね。例え話で王を説得するなんて!

秦王は嬴夫人からの文を受け取ると、北の離宮へ数日出かけると言う。
ものすごく急いで出かけますね?

秦王が不在にしている間に、魏夫人は冉を壮太子の剣を盗んだ罪で捕える。
あの拾った剣ですね。魏夫人はめざとい!

22話から24話の感想

なんといっても、魏夫人の策略はすごいですね。あの手この手という感じで、とことん攻撃してきます。王后も焦りが加速しています。それで結局、魏夫人を喜ばすことになってしまうのですものね。お腹に赤ちゃんがいるときは、安静に心穏やかに過ごしたほうがいいのに、こんなにピリピリしていたら、どんな子が生まれるのでしょう?でも、いろいろなことが重なっていて仕方ないのかな?

黄歇は一場面だけの登場でした。秦からは遠く離れて行ってしまいますね。でも、ユエはまだ黄歇のことを思い続けているようです。ユエの顔を見たら、きっと思い出してくれると思うのに、なかなか会えそうもないですね。

北の離宮行きが気になります。穆大監にも何も説明もせず、あわてて出かけているので、きっと何かあるのですね。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です