ミーユエ-あらすじ-25話-26話-27話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
北の離宮に飛んでいった秦王ですが、大変なものを見せられます。

一方、捕えられてしまった冉ですが、救い出すために、ユエは奔走します。でも、なかなかうまくいかず、窮地に立たされます。うまく切り抜けることができるのでしょうか?

そして、秦から遠く離れてしまった黄歇は・・・はらはらどきどきの25話から27話をお楽しみください。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

25話 最後の手段

北の離宮に着いた秦王は、嬴夫人から、府節を見せられる。庸ぜいが、義渠から買い取ったものだ。裏には魏と書かれていた。それから、魏からの密書も手渡される。
証拠がでてきました!

冉は、牢屋で縛られ、魏夫人の命令で、宮刑に処せられようとしている。助けてもらうため、ユエは魏夫人のところへ行く。

魏夫人はユエに縁談をもちかけ、秦を離れるよう促す。明日の朝までに返事をしなければ刑を執行するという。
すごい取引です!

華太子は、ユエを小物に嫁がせるくらいなら、自分が娶りたいと魏夫人に訴える。魏夫人はそれを聞いて、激怒し、ユエを早く追い出さなければならないと言う。

ユエは、王后に助けを求めにいくが、玳琩に、王后はお昼寝中と言われ、取り合ってもらえない。途方にくれていると、大公主の孟嬴が自分の出宮府をユエに渡し、これで北の離宮にいる秦王に会いに行くようにと言う。

ユエは、冉を助けることができるのは自分しかいないので、秦王に身を捧げるしかないと覚悟をする。けれども、黄歇への思いが断ち切れず、黄歇の名前を呼び、涙する。
つらいなあ!

ユエは秦王に会い、冉の罪の許しを請うが、法に逆らうことはできないと取りあってもらえない。

穆大監に、秦王の夜伽をさせてもらいたいと懇願し、ユエは、秦王の寝室に入るが、秦王は、意に染まないことはするなとユエを追い払う。

打つ手を失ったユエは、仕方なく、魏夫人のところへ行く。そこに、穆大監が冉を連れてさったとの知らせが入る。

冉は、秦王に、本来は手を切り落とされる罪だが、まだ小さいので、小指一本で許されたのだった。

斉の市で、黄歇は、こどもが詩に節をつけてうたっているのを聞いて、何かを思い出す。そして、棗の木を見て、ついにユエと自分の名前も思い出す。
よかった!

26話 わだかまり

ユエは、冉を助けてくれたお礼に秦王の寝殿に行くが、秦王は、ユエの心の中には好きな男がいることを知っているので、別々の寝床で眠る。
紳士!

翌朝、ユエが秦王の輿に乗って、帰ったということが、後宮で噂になる。そして、王后がそれを知る。

ユエのところには、秦王からの下賜品が届く。葵姑には、秦王とは何もなかったと本当のことを告げる。

魏夫人は、ユエが秦王の寵愛を受けることになり、さらに強敵になるかもしれない。公孫衍に預けた符節が戻ってきていないので、早く取り戻さないと命取りになると焦りを募らせている。
その符節はすでに秦王のところにあるとも知らず・・

ユエは、王后に事実を話に行く。王后は、秦王は寝床を一緒にしなかったほど、ユエを思っているのだと複雑な心境。

ユエは秦王に呼ばれる。そして、王后と秦王の仲をとりもつことになる。

公孫衍は、義渠から、府節は車500台の食料と引き換えだと言われ、取り戻すことができずにいる。
秦王がユエのところに突然来る。冉を司馬錯に預け、教練させると告げられ、ユエは承諾する。

秦王は、ユエに、国によって文字が違うことを教える。そして、秦王は、天下制覇は不可能ではないが、各国を統べるには、文字、貨幣、度量衡の違いが大きな障害となる。今まで、併合した国の文字や度量衡を統一しようと力を注いできたが、これをぜひとも成し遂げたい。志の実現のため、ユエに力を貸してくれるよう頼む。
秦王の志すばらしい!ユエを大事に思う心も素敵です!

27話 夜語り

王后が、公子を産んだ。秦王はとても喜び、蕩と名付ける。

魏夫人は、生まれた公子に蕩という名前をつけたと聞き、名前から、秦王がこの公子に大きな期待を託していることがわかり、息子の華が太子になる望みは断ち切れたと悲しむ。
さすが漢字の国!

斉にいる黄歇は、秦に向けて旅立つ。
早く来ないと・・

秦王は、ユエに毎日夜伽をさせ、黄歇の話を聞かせてほしいと言う。黄歇との出会いのことを話し、楽しく過ごす。しかし、寝床は別々にして眠る。ユエは、大きな志を持った秦王に少しずつひかれていく。

秦王は、黄歇の話を何度も聞きたがる。そして、ついにユエは、秦王に抱きしめられる。だが、秦王は、大切にしたい。無理をするなと優しく声をかけ、別々に寝る。
秦王の愛情が伝わってくるわ!

そして、ユエは秦王に黄歇の話をたくさんしたので、もう話すことがなくなってしまう。
話すことで忘れさせようとしていたのですね!

秦王は黄歇を思うユエのために、黄歇の墓を建てる。

その夜、ユエは秦王に、父の威王の話をし、威王にやってもらったおんぶを秦王にしてもらい、楽しいひとときを過ごす。そして、二人はついに寝床を共にする。

ミーユエは、八子に封じられる。以後は、ミー八子と呼ばれる。
孟嬴が会わせたい人がいるというので、ユエがついて行くと、そこには、嬴夫人と庸ぜいがいた。

25話から27話の感想

ユエと秦王の場面がとてもいいですね。秦王がやさしくて、紳士で、大人で。一途に思っているところも描かれていて、秦王にほろっとしてしまいますね。ユエは賢くて、知識もあり、何をするにも物怖じせず、屈せず、他の妃とは、かなり違うから、志の高い秦王には、ぴったりですね。

ユエもその気持ちに応えたのでしょうが、本当は黄歇が生きているのですよね。秦に向かっているけれども、結局間に合わなかったですね。このあと、黄歇と再会する場面が出てくるのでしょうが、つらいなあ!

そして、魏夫人ですね。いろいろとユエを陥れようとしてきましたが、そろそろ自分の身が危なくなっていますね。蕩という字に、深い意味があるいうところも面白かったです。名前の付け方で、王の気持ちが反映するのですね。まぁ、蕩は、嫡公子ですものね。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

2 件のコメント

  • とても面白くて楽しみに読ませて頂いてます。残念なのは25~27話の中身が28~になってるところです。この三話が気になるなあ~

    • あー!本当ですね。
      大変失礼いたしました。
      上書きしてしまったようなので元に戻しました。
      是非ご覧になってくださいね。
      ご指摘ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です