ミーユエ-あらすじ-43話-44話-45話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-43話-44話-45話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
大公主の孟嬴は、助けられて秦に戻ってきました。でも、息子の職が趙に捕えられてしまい、取り戻すことができずにいます。仲が良かった孟嬴とユエでしたが、蘇秦のことでぎくしゃくしています。

蘇秦は、登用もされず、そのうえ、すべてのお金を使い果たしてしまったため、秦にいられなくなっています。才能があるのに、このまま登用されないのでしょうか?孟嬴は好意をもっているようなので、孟嬴が何とかしてあげるのかな?

王后がユエに負けないようにと頑張りますが、所詮、悪あがきのようにみえますね。では、今回は43話から45話をお楽しみください。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

43話 対抗心

蘇秦が咸陽を去ることを知った孟嬴は、蘇秦を引き留めるが、蘇秦の決意は変わらなかった。蘇秦は、職公子が捕らわれていることを知り、孟嬴に職公子を救い出す妙案を話す。

孟嬴は、すぐに蘇秦の案を秦王に伝えると、秦王は蘇秦の才を認め、呼び戻してくれることになる。
これがぬか喜びになってしまうのですね!

しかし、それを知った王后は、ユエから聞いていた懸念を、さも自分の考えのように秦王に伝え、邪魔をし、蘇秦は登用されなくなる。
王后って嫌な人になりましたね!

呼び戻してくれると言ってくれたのにも関わらず、秦王が考えを変えたのは、ユエのせいだと孟嬴は考え、ユエに恨みを抱く。
違うのにー

戦国時代最後の秦と連合軍の戦いで、秦は勝利する。そして、秦は諸国併合へと歩みを進める。

王としての風格をもっていると感じた秦王は、蕩を太子候補とする。

冉が手柄を立て、昇進したことを聞いた王后は、大きな力をもっている甘茂と樗里疾を自分の方に取りこむため、贈り物をする。

蕩公子は、兄の通公子と子犬を巡って、争いになり、通公子に怪我をさせた上、子犬を死なせてしまう。
おそろしい!

ユエは、蕩公子の横暴さを心配して、王后に伝えに行く。王后は、まだ幼い子供に横暴だと言うユエに声を荒げる。

44話 草原の再会

ユエは、馬小屋で、孟嬴とばったり会う。孟嬴は、嫌味を言って、ユエにつらくあたる。
前はとても仲がよかったのに!

秦は、義渠の本拠地を包囲することに成功し、義渠は投降することを表明する。交渉にあたるため、秦王自らユエと一緒に義渠に向かう。
義渠王はユエのことが好きだから、ユエも行くのは大正解!

義渠王がユエに会いたがっているというので、司馬将軍と一緒に義渠王のもとへ行く。義渠王は、ユエにはとても好意的で、ユエの交渉によって、秦の臣下になることを同意する。
功を奏しました!

ユエは、魏冉と久しぶりの再会を果たす。そこに、狼(らん)が来て、魏冉と引き合わせる。
お姉さんを巡って強者の二人のけんかが、かわいい!

ユエは、らんを白起と名付け、秦軍に従軍させることにする。

毒虫に刺され、体調を崩してしまった秦王のもとに、斉が燕に侵攻したとの一報が入る。

秦王は、孟嬴の子、職を燕王に擁立すべく、趙と連合して、出兵することにする。病に倒れたばかりであるが、すぐに秦に戻る。
体調を崩しているのに大丈夫なのかしら?

ユエは少しあとから秦に戻ったが、秦王も孟嬴も燕に向かったあとだった。

ユエは嬴夫人に会い、孟嬴が、ユエを誤解している原因が蘇秦であることを知る。

45話 若き公子たち

王宮では、立太子のことが話題に持ち上がる。王后に口添えを頼まれた樗里疾は、秦王になぜ嫡子を太子に指名されないのかと問う。秦王は、祖父や父のことを引き合いにだし、太子を早く立てると、国が大きく乱れる恐れがあるので、慎重に進めなければならないのだと答える。

通公子と稷公子が小鳥を見て遊んでいる。通りがかった蕩公子が、小鳥を見せろと言って、二人を追いまわした上、稷公子を突き飛ばすことになる。それを見ていた華公子が、蕩公子をひっぱたく。
乱暴者だわ!

王后は、秦王や妃たちを庭に集めて、王宮の庭を一新する話をする。そして、泉水を造る場所に秦王を連れていく。そこでは、秦王に見せるために、蕩公子が兵法の実践の練習をしていた。
策略あり!

錬兵の様子を皆で見ることになったが、蕩公子がいいところを見せるはずが、うまくいかずに、癇癪をおこしてしまう。それを見た秦王は、顔を曇らせる。そこに稷公子が機転をきかして、蕩公子を助ける。蕩公子の賢さに秦王はとても感心する。
さすがユエの子ね!

蕩公子が太子になれないかもしれないと王后は焦りを募らせる。

頭痛や咳に悩まされている王后のもとへユエが見舞いに来る。王后は兄からもらった貴重な独山玉をユエに贈る。そして、王后から、ユエの昇格の話をするが、ユエは断ってしまう。

王后が女医の摯の治療を受けているときに、部屋の中に殺人蜂が入ってくる。人を殺すことができる蜂がいることに王后は驚く。

43話から45話の感想

なんといっても、王后が信用できない人になってしまいました。すべて裏がありそうで、怖いです。やはり血は争えないのでしょうか?子どもの蕩公子も激しい気性で、末恐ろしいですね。母親の愛情のかけ方で、子どもが変わってしまうのか、遺伝なのか?

ユエの弟二人が会うシーンが面白かったです。白起は、まだ狼っぽいしぐさをしていましたね。二人は、互角に戦っていましたが、どちらも強そうです。お互いに協力できる関係になるといいのですが・・

いろいろと問題を起こした魏夫人ですが、息子の華公子は、とても素敵な若者に育っています。太子に選ばれるべき人のように見えますが、母がネックになる気がします。

そして、際立っていたのが、稷公子ですね。まだ小さいのに頭が切れるし、やさしい。でも、言いたいことははっきりと言い、負けてないところがいいですね。これからが楽しみです。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です