ミーユエ-あらすじ-52話-53話-54話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-52話-53話-54話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
公子たちに分封がなされた。王后の意に反し、稷が王宮に残ることになってしまいましたが、蕩が太子になることが決まったので、王后は、とても喜んでいます。

蕩は、魏夫人の姪の魏頤に一目ぼれをし、結婚をすることになりました。王后は、初め、この結婚に猛反対していましたが、魏夫人から、結婚すれば楚と魏を得ることができると言われ、あっさりと結婚を承諾することになりました。

結婚しても乱暴者が改まることはないのですよね。蕩がいろいろと問題を起こします。では、今回は52話から54話をお楽しみください。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

52話 決死の訴え

蕩は、魏頤と結婚をする。
なんの問題もなく、結婚してしまいましたね!

蜀の宰相、陳荘が謀反を起こし、蜀侯の奐公子が殺害される。

甘大夫は、王后に、朝廷で、ユエと稷が巴蜀の地を分封される話がもちあがっていることと秦王の容体がかなり悪くなっていることを報告する。

秦王は、ユエと稷のために、稷を蜀侯に封じ、ユエを補佐役にするという旨の勅書を作成する。
これがあれば大丈夫なのかしら?

司馬錯による蜀討伐は順調にいっている。

3月3日の上巴節に、水辺での卵取りの行事が行われた。そこに、蕩とその侍従たちが、乱入し、騒ぎを起こす。蕩は、通に言いがかりをつけ、暴行を働く。
弱い者いじめのなにものでもないですね!

樊長使は、王后に、通が蕩に暴行を受けたことを訴えにいく。そして、その時に、通が自害したと言う知らせが入る。

蕩は、秦王の承明殿の前で、謝罪のために座り続けている。秦王は、太子殿で猛省を命じる。

樊長使が秦王のところへ行き、蕩が殺人蜂の事件で通を恨んでいたことを話す。そして、あの殺人蜂の事件は、王后が稷を殺すために仕組んだことだと告発する。
とうとう真相が明らかになりました!

ただちに秦王は、王后の椒房殿を封鎖し、関係者を捕え、厳しく尋問するよう命じる。

53話 天意

樗里疾は、秦王に、太子を蕩に決めたからには、もう変えることはできない。そのためには、王后に問題があっても、このまま進めるしかないと進言をする。
一度決めたことを変えるのは難しいです!

甘太夫は、蕩に、王后のことは、証拠がないので、樊長使の誣告だと言えばそれまでのことだとそそのかす。

秦王は、直接ユエに王后が首謀者であるかどうかを聞く。もし、それが事実であれば、后位を廃するつもりであると。それを聞いて、ユエは証拠をもとに決断してほしいと願い出るだけで、自分からは何も言わなかった。
この決断がつらいことにならなければいいけど・・・

侍女の珊瑚が自害をし、真相は解明できなくなった。

秦王は、稷を太子候補にするため、承明殿に移らせる。
早くそうしておけばよかったのに!

それを聞いて、激怒した王后は、甘太夫から、稷に手を下すしかないと告げられる。

蕩は、稷に剣の勝負を挑む。稷を守ろうとした穆大監は、怪我を負う。激怒した秦王は、吐血して倒れてしまう。
蕩が王になったら秦はつぶれてしまいますね!

甘太夫が勝手に、王后の禁足をとき、後宮を取り仕切らせ、ユエを承明殿に入れることを禁じた。

樗里疾は、稷を太子にすることは、国家の動乱を招くので、断念してほしいと、重篤に陥っている秦王に強く請う。

そして、秦王は根負けし、樗里疾が補佐をして、蕩に国政を任し、稷は、蜀を分封するという勅旨を作った。

秦王は、嬴夫人を呼ぶ。

54話 崩御

秦王は、嬴夫人に遺詔を託す。そして、死のきわで、王族と家臣を全員集めて、蕩に、国益を第一に考え、そして、兄弟で心をひとつにし、決して兄弟の命を奪わないと誓わせる。
秦王の心からの願いですね!

樗里疾が、勅旨を読み上げる。蕩太子が、王位につき、他の公子には、領地を授けるというものだった。

そして、秦王は、ユエだけを呼び、懐かしい昔の思い出にひたりながら、この世を去っていった。
秦王がいなくなるのは、さびしいですね!

紀元前311年秦王嬴駟は、恵文王と号される。嬴蕩が即位。のちの武王となる。

王后は、恵后と称される。恵后の侍従の馮甲は、恵后に、先王が用意していた遺詔がもうひとつあることを伝える。

馮甲は、義父である穆大監に毒を盛り、遺詔の在りかを吐かせようとするが、穆大監は自害をしてしまう。そこへ、穆辛が入ってきて、穆辛を刺す。
大胆な行動にでますね!

恵后はユエを呼び、稷を蜀后に封じるという遺詔を見せるが、もうひとつある遺詔を出すように迫る。そして、手にもっていた遺詔を焼いてしまう。恵后は、今までの恨みつらみを吐き出す。ユエ親子を死に追いやるとまで。
とうとう本性を見せました!ここまで人を変えてしまうのですね!

52話から54話の感想

王后が殺人蜂の首謀者であることがわかったのに、今一歩のところで責めることができませんでした。これが大きく影響を残すことになってしまいました。ユエが蕩の命も助けたというのに・・・今度はユエの命が危なくなっていますね。

秦王がこんなにも早く亡くなってしまうなんて、残念です。ドラマではとても立派な人として描かれていましたね。実際でも、秦国に大きな貢献をしたようですが。そして、なんといっても、ユエにとっては、素敵なおじさまでした。ロマンチックなシーンがなくなってしまうのがさびしいです。

秦王が死んで、王后が大胆なことをしてきそうですね。おそろしいです。人を殺すことをなんとも思わなくなっていて。嫉妬心がこんなに人を変えるとは・・

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です