ミーユエ-あらすじ-67話-68話-69話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-67話-68話-69話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
魏夫人と武王后に蠱毒を盛られ、苦しんでいるところに、義渠君が助けに来てくれました。治す手立てがなく、巫術で治すことになりましたが、ユエの身代わりには、義渠君が選ばれます。

義渠君のおかげで、ユエは命が助かりましたが、義渠君が危険な状態になってしまいました。ユエは、自分のために、命をかけて助けてくれた義渠君のもとへ行き、生きてくれたら、義渠君の女になることを約束する。

義渠君はどうなるのでしょうか?そして、義渠君との約束をしたユエのこれからは?今回は67話から69話をお楽しみください。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

67話 起死回生

奇跡的に命をとりとめた義渠君は、ユエと結ばれる。そして、義渠君は、ユエに秦を取り戻してやることを約束する。
義渠君の思いがやっとかないました!

そこへ、魏冉がユエに会いに来る。ユエは、無血で王宮を占拠し、咸陽を手に入れる方法を考えようと言う。ユエは、自分が囮になって、王宮に乗り込むという案を出す。

恵后は、甘太夫から、ユエが義渠君に捕えられたという話を聞き、ユエとの交換条件に大量の金子と食料を準備させる。

義渠君は、ユエを咸陽に護送し、王宮に赴く。

宣室殿で、恵后と義渠君が対面する。そして、ユエが現れる。恵后は、咸陽は自分のもの、全兵権も握っているし、魏夫人と武王后も自分に服従を約束した。壮が即位すれば、家臣全員が自分に従うことになると豪語する。

義渠君たちと恵后の兵士の戦いの火ぶたが切られそうになったとき、魏夫人と武王后からの贈り物が届く。それは、壮の着物だった。馮甲は恵后を裏切っていたのだった。

そこに、魏夫人と武王后も来て、三つ巴の戦いが始まろうとしていた。そして、樗里疾と司馬将軍らも入ってくる。樗里疾は、これから恵文王の遺詔を布告し、新王を迎えると告げる。

稷を王位に就かせると書かれており、稷を新王として、迎え入れる。
稷がついに王位に就きました!

68話 太后誕生

紀元前306年、魏冉や樗里疾の支援の下に、幼い嬴稷が即位、母のミーユエが摂政になり、太后の尊号で呼ばれることになる。この時から、中国史上最初の太后として、ミーユエの41年に及ぶ執政が始まった。史書では、宣太后と呼ばれる。
41年も続いたのですね。すばらしい!

魏夫人は、蠱毒の件を問われるわけでもなく、披香殿をあてがわれ、いぶかしく思っている。そこに、恵后がやってくる。そして、ユエは遺詔を偽造した重罪人だと言う。
この二人をなんとかしておけばよかったのに・・・

まだ、公子らによる内乱が続き、兵を函谷関外に駐屯させている各国が、秦を狙っている。現在の急務は、諸公子の乱の平定だと庸太夫は進言する。

恵后は、華公子の駐屯地である雍に行き、華公子と壮公子を呼びつける。そして、華公子は、新法を廃し、旧制度を復活させる宣言をすることを提言する。それを聞いて、恵后は、王位を華公子に継がせることを約束する。

唐夫人と衛良人がユエのもとにくる。ユエは、公子たちが争うようなことは、終わりにしたいことを告げる。衛良人は、池公子にすぐに伝えることを約束する。唐夫人には、雍公子母子に朝廷への投降を進言してくれるよう頼む。

華公子ら8人の公子が、恵后の命で咸陽に向け、大王と太后の討伐に出発したとの知らせがくる。

ユエは、義渠の兵に敵を倒すように命じる。白起は、白将軍として先鋒を任される。そして、各国の使者を呼び、ユエ自ら交渉を試みることになる。
白起の出番ですね!

楚の蘇秦を最初に呼ぶ。

69話 苦渋の外交

ユエは、蘇秦に、燕はかつて斉に国土を蹂躙されたので、燕の恨みを果たすべく、斉を討つことを約束する。

楚の靳尚には、宝石を授け、楚王と南后にも贈り物を渡すように託す。そして、気心の知れた祖国の者を側近におきたいといい、戎公子を秦によこしてもらうことになる。函谷関から兵を撤退してもらうために、秦の公主の嫁入り道具として上庸を渡すことを約束する。
戎を自分のところに呼び寄せないとね!

韓や魏にも領土を割譲し、函谷関から兵を撤退させる約束をする。

ユエの失脚をもくろむ甘茂は、ユエの独断での決定を非難するが、逆にユエから激しく叱責をされ、自ら右相の職を辞任する。
ユエの立派な太后ぶりはすごいですね!

樗里疾を訪ねた甘茂は、太后は自分よりうまく治められる者がいたら政を任せると言ったそうだが、私ならうまくやれると言う。旧制度を復活させることが、公子たちの反乱もおさめることができ、安泰の上策であると主張する。
甘茂は強気ですね!

だが、樗里疾は、多大な犠牲を払って進めてきた変法を堅持することが、秦の発展につながると主張し、甘茂を追い返す。

翌日、仮病で朝議を欠席した甘茂派の臣下に対し、ユエは、職務怠慢を理由に罷免を申し渡す。
権力を操ってますね!

67話から69話の感想

燕から戻ってきてから、恵后と魏夫人との両方から追われ、その上、毒まで盛られて大変でした。巫術で義渠君に毒を移すなんて、現代では全く考えられませんが、命が助かってよかったです。義渠君も危なかったですが、命を取り留めた上に、ユエと結ばれてよかったです。ハッピーエンドって感じですが、ドラマはここからですよね。

先王の遺詔のおかげで、稷が即位し、ユエが太后になりました。賢い母子が権力をにぎればきっとすばらしい国ができるのだと思いますが、ユエ母子を蹴落とそうとしている人がたくさんいるので、簡単ではないでしょうね。張儀がいないのが、ホント残念。

でも、ユエは、なんで恵后をすぐに軟禁しなかったのでしょうね?命取りになるかもしれないのに・・・




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です