ミーユエ-あらすじ-70話-71話-72話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-70話-71話-72話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
燕から戻ったユエは、魏夫人に捕えられ、毒を盛られる。それを助けてくれたのは、義渠君でした。自分の命を犠牲にしてでも自分を助けてくれた義渠君に、ユエは心を動かされ、結ばれることになりました。

そして、王宮を奪還するために、義渠君たちと向かい、恵后や魏夫人ら皆が集まっているところで、先王の遺詔を出し、稷が王位に就き、ユエは太后になりました。ユエは領土の割譲で秦の生き残りをはかります。

ユエが太后になっても、秦は混乱している状態なので、苦労は続きますね。さて、ユエがどのように秦を築いていくのでしょうか?ユエの太后ぶりを楽しみにしてください。では、今回は、70話から72話をご紹介します。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

70話 訓戒

楚に戻った靳尚は、楚王に宝石を渡し、戎公子を秦に送ることの許しを得る。そして、横太子を人質として秦に送ることを提案する。

ユエと義渠君の関係を知った稷は、義渠君に切りかかる。そして、怪我をさせる。
稷には許せない関係なのですね!

怒った義渠君をユエがなだめていると、刺客の襲撃に遭い、義渠君が重傷を負う。

刺客の黒幕は、恵后と華公子で、刺客を手引きしたのは、蒙将軍一派だとわかった。

ユエは、禁軍の将兵を宣室殿の前に集め、訓戒を行う。
ユエの大演説ですね!りっぱ!

兵士たちに軍功に正しく報いることを約束したユエに、兵たちの士気は大いに高まる。そして、罪を認めた蒙将軍たちに今回は罪を問わない代わりに、戦場に赴き、乱を平らげることで罪を償うことを約束させる。

甘茂は、咸陽を去り、恵后と華公子がいる雍へ逃げていった。

魏夫人が咸陽から逃げるところを捕えられる。ユエは魏夫人に、華公子に帰順を説得してくれれば、重臣として迎えると言い、朝廷の馬車で、雍に送る。

雍についた魏夫人は、華公子に帰順を説得するが、華公子は、もう後戻りはできないといい、魏夫人はそれを支持する。

華公子は、すぐにでも即位したいと案を出したが、恵后から時期尚早と却下される。

71話 反乱軍の最期

衛良人の息子、池公子は朝廷への投降を表明し、他の公子も帰順の意思を示してきていて、謀反の勢いは弱まりつつある。

恵后は、ユエが足場を固め、討伐に乗り出して来ることを知り、華公子を秦王として即位させ、ユエと稷を征伐するように命じる。
もう遅いですね!

雍へ行った蒙将軍は、守旧派に利用されるより、公平な君主に仕えるべきだと反乱軍の兵士たちを説得してまわる。

ユエは、謀反の華公子らの討伐を命じる。

秦軍の勝利の知らせが続々と入ってくる。雍公子が兵を率いて投降し、巴蜀の乱も平定される。

形勢不利とみた甘茂は、魏に逃亡する。

城門を破られたと聞いた華公子が自ら戦いに出るが、敗れてしまう。そして、自害をしようとするが、冉に止められる。雍は陥落し、華と恵后は、生け捕りになる。
とうとう捕まってしまいました!

ユエは、謀反を起こした7人の公子を斬首に処するべきとの意見なのだが、樗里疾は猛反対する。もし、斬首の刑に処するのであれば、これ以上仕えることはできないと脅しをかける。しかし、ユエの考えは変わらなかった。

樗里疾は、職を辞すことになる。

稷が、ユエに、公子たちの刑をやめるように訴えるが、ユエは、法による正当な裁きを世に知らしめることがのちの戒めになるといって、考えを変えなかった。

72話 姉妹の終わり

稷は、ユエと義渠君との関係を責めるのだったが、稷と秦のことを一番に考えるとユエに言われ、納得する。そして、そろそろ妻を娶る年齢になったので、楚の公主を妃に迎えることを告げられる。
妃は楚の公主なのですね!

公子の処刑の件で職を辞した樗里疾を、ユエが訪ねるが、門前払いを受ける。それでも、ユエは、一晩中、雪が降る外で待ち続ける。
燕での苦労はこんなものではなかったですものね!

朝になって、まだ外で待ち続けているユエの思いに胸を打たれた樗里疾は、自邸に招きいれる。

ユエは、10年で恵文王が失った領地を取り戻すことを約束し、約束が果たせないときには、政から退くことも約束した。
卓を3度叩いて約束の証しにするのは面白いですね!

紀元前305年、謀反を企てた公子7名は処刑される。
華公子はどこから間違ってしまったのでしょうね!

ユエは宗廟に行き、先王の霊前に報告をし、先王が目指した覇業を成し遂げることを誓う。

ユエは、清涼殿にいる恵后を訪ねる。二人が出会った子供の頃の話をして、恵后との修復を試みるが、恵后は、ユエをあくまでも侍妾として扱い、修復はかなわなかった。
恵后はかたくなですね!女の意地かしら?

恵后は、殺してもらうことを願うが、ユエは后位を失っても姉であるから、そんなことはしない。私たちのすべては、今日を限りに終わったと言って、立ち去る。

70話から72話の感想

ユエ自ら各国と交渉し、兵士たちに訓戒を行うなんてすごいですね。もって生まれた才能です。でも、やはり義渠君と一緒にいるときのユエの方が、女性らしいかわいらしさが見られて、ずっといい気がします。

うーん。そんなことを言ってはいけないのですよね。大業をなさなければならない運命ですものね。

あの訓戒の効き目は絶大でした。兵士の士気を高めるというのは、あのようなことを言うのですね。法にのっとった国を作ることを、紀元前から行われていたこともすごいです。

恵后は、あくまでも自分が上の立場でいたいのですね。自害する勇気もなく、これから孤独に生きていくのかしら?味方も希望もなく、自分がどれほどみじめであるか、まだわからないという、とても気の毒な人です。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です