ミーユエ-あらすじ-79話-80話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-79話-80話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
樗里疾が死ぬ前に残した言葉の通り、楚を弱め、斉を滅ぼすことに成功しました。そして、もうひとつ、内部のしこりである義渠に用心するようにと言われていたが、まさしく問題が噴出してしまいました。

虎威将軍を捕えたことで、義渠君と稷がぶつかり、ユエが二人をなだめるが、義渠君は、自分の臣下の釈放を掲げるのだった。

いよいよクライマックスが近づいてきました。ユエと義渠君の関係がどうなるのでしょうか?今回は79話と80話をご紹介します。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

79話 二つの家族

義渠君は、虎威たちが捕らわれたままになっていることに怒りがおさまらない。

そして、義渠君は、彼らの姿に耐え切れず、役人を殺し、鎖をはずさせ、脱獄させる。
やってしまった!反省の様子がまったくないですね!

秦軍はただちに義渠の軍営を包囲する。庸ゼイは、3日以内に虎威に引き渡す要求を提言する。

白起が使者に命じられ、義渠君を説得するが、義渠君は全く聞く耳をもたず、秦と戦うことも辞さない覚悟であった。
白起がんばってる!

期限の3日目に、虎威は、義渠君や仲間にこれ以上迷惑をかけることはできないと考え、軍営を出て自害する。

白起は、義渠君に秦との和解を懇願するが、義渠君は一切きかない。

義渠君は、ユエのもとを訪れ、不満をぶちまける。ユエは、寝殿は夫婦でも、朝廷では君主と臣下なのだから、臣下にやすやすと天下を渡すわけにはいかないと言い切る。
ユエは、はっきり言いましたね!

義渠君は、ユエの体は義渠君のものだが、心は秦のものだと虎威に言われた言葉の通りであることを感じ、勝手にやらせてもらうと言い放つ。
芾の10歳の誕生日に、義渠君が、馬を贈るというので、ユエと芾を草原に誘う。
何か起こりそう!

二人で杯を交わしながら、昔話をする。そして、義渠君は、芾と二人で草原にきて、芾の姓を翟に変えるように言う。

ユエの後ろでは、義渠の兵士たちが、太后と芾を連れ去り、他のものは皆殺しにするため、構えていた。
恐ろしいことを考えてるなあ!

80話 荒馬の仁義

ユエと義渠君が杯を交わしているその後ろでは、両者の兵たちが待ち構えていた。その中で、二人は今後について話し合っていた。
ユエの義渠君を想う気持は通じるかしら?

義渠君は、秦を三分割し、稷、義渠、芾がそれぞれ治めるという案を出した。
これでは天下統一にならない!

ユエは、統一目前の秦をまた分割することはできないと反対する。

義渠君は、自分を思ってくれるなら稷を説得するように言う。そして、5日後、王宮に出向くので、宣室殿の扉が開いていれば、3分割にすることで納得したこととする。しかし、扉が閉まっていれば、攻め入ると宣言する。
厳しい決断を迫られました!

5日後、義渠君は兵たちとともに王宮に乱入する。宣室殿の扉は閉まっており、義渠君たちは、秦兵たちに取り囲まれるのだった。
王宮に入るときにすでに兵を殺してるということは、戦う気ですね!

白起は、義渠の兵たちを前に、武器を捨てるように、呼びかける。そして、義渠君にあきらめてくれるように懇願するが、義渠君は、白起を剣で刺してしまう。
白起の呼びかけはすばらしかったですね!

宣室殿に乱入した義渠君は、ユエに、俺の命をくれてやると言って、戦い始める。そして、ユエはやめてと止めるが、義渠君は、矢を受け、命を落とす。
義渠君は、死ぬために来たのですね!
義渠君の死によって、秦は、義渠を完全に併合することになる。

そして、ユエは、義渠君を失い、心に大きな痛手を受け、食べものも口にせず、床に伏してしまう。

79話から80話の感想

とうとう義渠君が殺されてしまいました。義渠君は、義渠の王でもあるし、義渠を守っていくことが使命なのですよね。そして、ユエは、秦を守り、天下統一を考えているのですから、二人が衝突してしまうのも仕方がないですね。それがわかったからこそ、義渠君は、一人で戦い、命をささげたのだと思います。

ユエが太后になり、一人の女性に戻ることができなくなってしまったのが、不幸の始まりなのでしょうが、すべてを得ることはできないものだと思います。でも、家族の中で争いをしたくないというユエが、結局、義渠君を殺すことになってしまい、立ち直るには時間がかかるかもしれないですね。

さて、次回が最終回です。ユエはどう立ち直っていくのでしょう?義渠君の死を無駄にしないためにも、早く立ち直ってほしいです。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です