三国志-趙雲伝-あらすじ-25話-26話-27話-ネタバレありで!

韓国ドラマ-三国志-趙雲伝-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
董卓を倒すため真定県を旅立つ趙雲たち。しかし私の中では柳擎児が亡くなった衝撃が全然冷めません( ノД`)両親の敵討ちに加えて幼馴染の敵討ちも残っている趙雲。今後の展開が待ち遠しいですね!

【三国志-趙雲伝-】(ネタバレあり)

第25話「美女連環の計」

長安では貂蝉が董卓の寵姫として董卓の屋敷で日々を過ごしていました。貂蝉と密会する呂布、朝議に出席しない呂布を不信に思った董卓は慌てて屋敷へと向かいます。
「急げ!」と言いながら、大勢を引き連れ籠に乗って屋敷へ向かう董卓。そこは早馬に乗って…とかじゃないんですね。

貂蝉と呂布が言葉を交わすのは婚約以来。貂蝉は呂布に嫁ぐ直前、董卓に操を奪われたと涙ながらに訴えます。一刻も早く董卓のもとから連れ出してほしいと懇願する貂蝉に心を揺さぶられる呂布でしたが、強大な力を持つ董卓から貂蝉を奪うことは容易ではありません。躊躇う呂布を急かし、自殺をほのめかす貂蝉。そこへ到着した董卓は怒りに震え、呂布を殺すと言い放ちます。董卓が腹心の李儒に相談すると、李儒は冷静に貂蝉を呂布に与えることを勧めます。貂蝉を前にし、怒りをぶつける董卓ですが、李儒の提案通り貂蝉を呂布のもとに贈ると伝えると貂蝉は泣いて嫌がります。やはり貂蝉を手放すのが惜しくなった董卓は今後常に貂蝉のもとにいて、董卓から守ると約束します。
このエピソードは

三国志演義

に沿っているようですね。天女のように美しい貂蝉に泣かれたら董卓も呂布もオロオロしちゃうんですね~。

君主探しの旅に出る趙雲たち。柳慎は亡くなった柳擎児を想い涙していました。優しく励ます趙拾妹、柳慎が高則に立ち向かえる力を持った時、自分と趙雲が敵討ちに加勢すると約束します。
趙拾妹はたくさんつらい目に遭った分、強くなったんですね。励まし方に説得力があります。

趙雲は目隠ししながら槍術の稽古に励んでいました。そこへ趙拾妹と柳慎が戦いを挑みますが趙雲にはかないません。
目が見えていたら柳擎児を死なせずにすんだのに…って後悔しているんですね。

街の貼り紙から、夏侯家が夏侯軽衣と高則の婚礼の準備中であると知った趙雲。夏侯軽衣とのことを諦めかけていた趙雲を趙拾妹は励まし、趙雲と共に夏侯家の下働きとなって夏侯軽衣に近づくことにしました。
この頃の識字率は低かったんですね。街の人や趙拾妹、官兵たちも字が読めなかったですよね。

第26話「捏造された返信」

ようやく趙雲から返事が来たと喜ぶ夏侯軽衣ですが、その内容は別れを告げる者でした。そこには身分をわきまえ自分は身を引く、高則と夏侯軽衣を祝福すると記されていたのです。がっかりする夏侯軽衣、実はこの手紙は耿純が書いたものでした。
耿純は汚れ役がすっかり板についてきましたね。屋敷内で耿純と会うときの夏侯軽衣は本当に嫌そうな顔をしています。

下働きとして働き、広い夏侯家の中から夏侯軽衣の部屋を探る趙雲と趙拾妹。目途をつけた2人はその晩夏侯家に忍び込みます。護衛に見つかったものの、会う約束をすることができました。
趙拾妹が突発的に誰か殺してしまうんじゃないかって冷や冷やしました。大事にならなくてよかったです。

趙雲、趙拾妹、周懐忠からの再三高則への敵討ちを止められていた柳慎ですが、周懐忠の目を盗んで軍営を抜け出し、高則のもとへ向かいます。暗闇から高則を襲う柳慎でしたが力の差は歴然、柳慎の敵討ちは失敗に終わりました。
みんなからあれほど止められたのに高則に敵討ちに行く柳慎。自分の力量を考えず気持ちだけで突っ走って行動する癖は治ってないですね~。

次の日、街で会って話す趙雲と夏侯軽衣ですが、柳擎児殺害犯について話すうちに高則を疑う趙雲は夏侯軽衣を怒らせてしまいます。決まずい空気の中夏侯軽衣に戦出発前の別れを告げる趙雲でした。
「戦に行く前に女に構っていられるか」「なるようになる」なんて強がる趙雲。夏侯軽衣と高則の婚礼はすぐ迫ってるのにそんなんじゃ、戦に出ている間に夏侯軽衣は結婚してそうです。

第27話「公孫(こうそん)軍に入る」

趙雲の故郷である常山郡を領地とする袁紹が君主として相応しいか見定めようとする趙雲たちですが、料理店での袁紹の兵のによる横柄な態度を前に袁紹は軍を統率できていないと悟り袁紹軍に入ることを考え直します。
趙拾妹はどうしてすぐ刀を抜こうとするんでしょう。柳慎といい趙拾妹といい感情で突っ走りすぎですよね。

趙雲たちが次に向かったのは、公孫宝月の父である公孫瓚が治める幽州でした。公孫宝月に話をつけることはせず、公孫軍への入隊を志願する趙雲たち。共に山賊と戦った公孫宝月の父である公孫瓚なら名君だろうと、公孫瓚の軍に入る趙雲たち。しかし、飯食いのための入隊と判断された趙雲は後方部隊の雑用係に配属されます。
馬の雑用の指示をする兵の鎧は使い古した感じ、対する趙雲と柳慎の鎧は新しくてテカッてます。美術さん、仕事が細かいですね!

納得できない柳慎は、自らの弓の腕をひけらかし、軍紀に反するとして趙雲と共に牢に入れられてしまいました。牢の中で趙雲は夏候軽衣を想い、常山郡でもまた夏候軽衣が趙雲を思って戦袍を縫います。
趙雲「あ~あ、また柳慎がやらかしたよ」って感じの表情でしたね。

部隊を見回り後方部隊で力試しをしていた公孫宝月は、厩に趙雲の白馬がいるのを見つけ、趙雲が入隊していることを知ります。趙雲たちを牢から出した公孫宝月は趙雲たちを客人としてもてなします。
どうして柳慎はこんなに偉そうなんでしょう?ただ身近に強い趙雲がいるだけで自分はへっぽこなのに。隊長の張魁は趙雲の素性を知らなかったんだからそんなに責められなくてもいいのにって思います。それより柳慎が張魁に無礼を詫びるべきじゃないですか?!

周懐忠、趙拾妹、義勇兵50人も合流し、皆で雑用係として作業していると戦の開始を告げる太鼓が鳴り、趙雲は公孫軍と袁紹軍が衝突していることを知ります。公孫瓚が窮地に追い込まれる中、武装し白馬にまたがった趙雲が現れました。
OPで毎回見ている白い鎧姿の趙雲登場!夜照玉も顔に馬面を装備してるし、趙雲と夜照玉の装備はいつ準備してたんだよ~!って感じです。

三国志-趙雲伝-第25~27話の感想・まとめ

貂蝉の美女連環の計から趙雲の公孫軍入隊と、変化のある内容でしたね。ずっと真定県の山賊関連が続いていたので動きのある内容はすごく楽しめました。公孫瓚と袁紹は夏候軽衣が山賊に連れ去られるよりずっと前から一触即発の状態だったわけですが、趙雲が公孫軍に入隊してまもなくという絶好のタイミングで両者が衝突しました。以前よりはるかに強くなった趙雲の腕の見せ所ですね!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です