三国志-趙雲伝-あらすじ-37話-38話-39話-ネタバレありで!

韓国ドラマ-三国志-趙雲伝-あらすじ-37話-38話-39話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
董卓を倒した呂布ですが、曹操によって処刑されてしまいました。諸侯の中で最も恐れられている曹操、劉備も始終曹操の顔色をうかがっていましたね。劉備に仕えると決意した趙雲は劉備と合流することができるのでしょうか?!

【三国志-趙雲伝-】(ネタバレあり)

第37話「水鏡(すいきょう)先生」

曹操に一人酒席へと誘われた劉備。曹操は劉備が野心家であるかどうか見極めるため、誰が英雄か劉備に問います。真の英雄は自分と劉備のみと言い切る曹操。驚く劉備ですが、なんとか心の内を悟らず切り抜けることができました。劉備は自らを無能な人間だと思わせることで曹操の警戒を解こうとしていたのでした。
曹操に誰が英雄かと問われた劉備。いろんな武将の名前を挙げていましたが趙雲の名前は決して出さないようにしていましたね。後々趙雲を仲間に引き入れるつもりの劉備は趙雲の存在が曹操に知られることを恐れたのでしょう。

幽州が袁紹によって攻め落とされたことを知った劉備は、陛下に袁紹の従兄弟である袁術討伐を願い出て曹操のもとから去り、態勢を立て直すつもりでいました。劉備が思い出すのは磐河の戦いで活躍した趙雲のことでした。
やっぱり趙雲のこと忘れていなかったんですね!すれ違いが続く2人、再び会える日が待ち遠しいです。

幽州へ帰還中の公孫宝月は、逃げる民の話から幽州が袁紹に攻め落とされたことを知ります。父である公孫瓚を救出するため急いで幽州に向かう公孫宝月でしたが、陥落した街で会った文醜に公孫瓚は戦に敗れて自害したと聞かされます。すぐにでも袁紹のもとに乗り込もうとする公孫宝月に対し、文醜は趙雲のためにも無駄死にするべきではないと諭します。
文醜は敵ながら趙雲の能力を認めていますから、趙雲の仲間である公孫宝月の無駄死にを阻止したいようですね。公孫瓚は結局死にゆく運命だったんですね。趙雲を重用していたら運命は変わっていたかもしれません。

劉備のもとへ向かう趙雲たちは、道の途中で傲慢な老人と出会います。礼を尽くし続ける趙雲に対し、ついに老人は素性を明かしました。実はこの老人は軍師・龐統が最も尊敬する人物、水鏡先生だったのです。水鏡先生は趙雲たちが行くべき道を教えると言い、趙雲たちに天下の情勢を話して聞かせます。徐州の劉備たちのもとに曹操から20万の兵が送られ離ればなれになった劉備、関羽、張飛。張飛は行方不明となり、劉備は冀州の袁紹のもとへ、関羽は曹操の軍門に下ったということでした。劉備に仕えたいのに縁がないと嘆く趙雲に対し、水鏡先生は荊州に行くよう指示します。
登場時間は短いながらも今後もキーパーソンと出てきそうな予感満々の水鏡先生。ずっと感じていたことですが、この時代電話もないのに戦局や将軍の動向など迅速に正確に伝わりすぎじゃありません?!

劉備の夫人を守るため曹操軍に降った関羽。曹操から呂布の馬である赤兎馬を与えられ、これで劉備の居所が分かった際には1日で劉備のもとへ行けると喜びます。関羽の劉備へのゆるぎない忠誠心を見た曹操は深く感心するのでした。
曹操はずっと鋭い表情で人を試してばかり。見てるこっちが恐ろしくなっちゃいます。関羽の忠誠心の強さを感じた曹操ですが、そんな劉備と関羽を利用して何かしようと企んでいますよ。関羽、気を付けて~!

第38話「関羽(かんう)の忠義」

関羽の従軍する曹操軍と劉備の従軍する袁紹軍の戦いが始まりました。曹操軍の武将を次々と倒す文醜、そこへ劉備も続きます。文醜を一撃で倒した関羽を劉備は必死で呼び寄せますが、関羽は劉備に気づきません。
趙雲と互角に戦っていた文醜が一撃で倒されるなんて、やっぱり関羽の強さはずば抜けていますね~!

劉備からの文が届き、劉備の夫人たちと共に曹操のもとを後にし劉備のもとへ行くと決意した関羽。曹操とは劉備が見つかるまでの間だけ軍に入るという約束だったため、会おうとしない曹操に置手紙を残し曹操のもとを去ります。曹操は金銀財宝にも心を動かされず忠義を貫き通す関羽を惜しみながらも、関羽との約束を果たし行かせることにしました。
曹操は忠義を重んじているようですね。昔の曹操も忠義に厚い人間だったって貂蝉が言っていましたし、過去の自分のように忠義に厚い関羽のこと気に入っているのでしょう。

父である公孫瓚の敵討ちのため袁紹を待ち伏せし襲う公孫宝月。しかし袁紹の姿はなく、兵に囲まれたところを西涼太守・馬騰の息子である馬孟起(錦馬超)に助けられます。公孫宝月から袁紹討伐の助けを求められた馬超は申し出を断り、関羽を頼ることを勧めますが、劉備たちと趙雲が合流したことを知った公孫宝月は趙雲を頼ることにし、馬超のもとをあとにします。
馬超は馬超で何か企んでいるように見えました。無鉄砲な公孫宝月をけしかけて何をしようとしているのでしょうか?

趙雲たちは水鏡先生の指示通り荊州を目指していました。荊州は漢王室の一族であり、劉備とも繋がりのある劉表が治めているため最も劉備に近いと考えたのです。荊州に向かう途中、臥牛山村で宿をとる趙雲たち。しかし、この臥牛山は山賊の手の内にあり、趙雲たちはまんまと嵌められ柳慎、李飛燕、趙拾妹が山賊に捕らえられてしまいました。
虎牙山の山賊とは雰囲気が全く違いますね。三娘にベタベタ触られて咳払いしながら振りほどいていた趙雲がおもしろかったです。見たところ臥牛山の山賊たちのほうが弱そうですが、どうでしょう?

第39話「劉備(りゅうび)に仕える」

山賊の塞に一人乗り込んだ趙雲。山賊たちは趙雲との戦いの中で自滅、残りの山賊に話を聞くと、最近関羽が臥牛山を通ったことが分かります。あと少しのところで関羽に会うことができなかったと残念がる柳慎ですが、趙雲は劉備、張飛、関羽が再び集う日も近いと励まします。
山賊たち、全然大した事なくってサラッと終わっちゃいましたね。「三娘が死ぬならおれも」と言って自滅する頭目、脚本家さんが山賊たちをさっさと退場させたい思いがよく伝わってきました(;^ω^)

山賊から取り戻した食料を村の人たちに配る趙雲たち。しかし、突然やってきた官兵に難癖をつけられ、趙雲は最近やってきたという新県令のもとを訪れます。なんと新県令とは行方不明になっていた張飛のことでした。
まったく張飛という人はだめだめですね。呂布から馬を盗んで戦の引き金にするし、勝手に村の県令になって村人に重税を課すし、関羽の描かれ方と違って扱いが雑すぎません?!

張飛と杯を交わすさなか、劉備と関羽が到着しました。趙雲を義兄弟として快く迎える劉備。ようやく趙雲は劉備に仕えることができました。その後、曹操の軍に敗れた劉備や趙雲たちは荊州の劉表のもとに身を寄せます。
「もっと早く出会っていれば三兄弟ではなく四兄弟になっていた」と言う劉備の言葉に少しグッときました。趙雲は公孫瓚のもとでも夏候傑のもとでも大変な思いしてきましたから、ようやく報われた気がします。

常山郡では、高則の策に嵌った夏候軽衣が父親殺しの犯人として趙雲を恨みながら日々を過ごしていました。袁紹を見限り曹操につくことを決めた高則は曹操に謁見する機会を得ます。話の中で高則が高洵の息子であることを知った曹操は驚きの表情を隠せません。高洵と曹操、2人は過去に何かあったようです。
結局全然趙雲のこと信じていない夏候軽衣。ちょっとは高則のことも疑ってほしいものです。というか、趙雲が夏候軽衣にちゃんと真実を告げないからこうなったんですけどね!

三国志-趙雲伝-第37~39話の感想・まとめ

夏候軽衣との恋愛パートはひと休みして、三国志の有名人物との接触が多かった今回。やっぱり恋愛メインよりも三国志の内容メインのほうがおもしろいですね!高則がまだ野心むき出しで動いていますが、正直言って高則はもう退場でもいいかなって感じもします。映像としては出て来ませんでしたが、趙雲は曹操軍から劉備を救ったようですし、そういったシーンを今後もっと見たいですね!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です