三国志-趙雲伝-あらすじ-43話-44話-45話-ネタバレありで!

韓国ドラマ-三国志-趙雲伝-あらすじ-43話-44話-45話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。



ご訪問くださりありがとうございます!
長坂坡の戦いで思う存分能力を発揮し曹操を唸らせた趙雲。初期の頃とは別人のように強くなりましたね!まだまだ強くなりそうな趙雲ですが、次はどんな物語が待っているのでしょう。楽しみですね!

【三国志-趙雲伝-】(ネタバレあり)

第43話「天に舞う綿のように」

公孫宝月を人質にとった夏候軽衣。公孫宝月からの説得にも一向に応じず、子龍と話して真実が知りたいと言うばかり。
趙雲を疑うことない公孫宝月がまともに見えてきました。夏候軽衣は「誰が民のことを考えて行動しているの?」と言いましたが、それまさしく趙雲でしょ!こんなだからいまいち夏候軽衣のこと応援できません。

諸葛亮の指示により、関羽が迫り来る曹操軍を引き留めている間に民と共に橋を渡り、劉琦と落ち合うこととなった劉備たち。そこへ公孫宝月の侍女である霜児がやってきて公孫宝月が夏候軽衣に人質に取られたことを告げます。恩人である公孫宝月を見捨てることができない趙雲、事が済み次第江夏に向かうと約束し1人劉備の軍から離れます。
う~ん、これは「仕事と私どっちが大事なの?!」の強行突破バージョンですね(;’∀’)

曹操が軍議に出ている間に倚天剣を奪った高則、趙雲と夏候軽衣が真実を話し合う最中に自らが夏候傑を殺したと白状し、趙雲に襲い掛かります。趙雲を庇った夏候軽衣は高則の倚天剣に一突きにされてしまいました。竹林に逃げる高則を追う趙雲。戦いの末、自害寸前の高則を趙雲がとどめを刺しました。趙雲はようやく柳擎児、李全、趙拾妹、夏候軽衣の敵を討ったのでした。
高則は槍使いにとって竹林は戦いにくいと踏んで竹林に誘い込んだようですが、趙雲は三人の師との特訓で竹林での戦いを教えてもらっていましたから問題なしでしたね。高則が倒れた後にやってきた楽淵が気になります。まさか気功で高則を復活させるのでしょうか?!

夏候軽衣を手厚く葬った趙雲は劉備の屋敷へと戻り劉備に倚天剣と青紅剣を献上します。
夏候軽衣が火葬される前のシーンどこかで見たことある!と思ったら毒リンゴをかじって倒れた白雪姫が森で棺桶に入れられているシーンでした。白雪姫は王子様のキスで目覚めましたが、夏候軽衣はもう戻って来ません。夏候軽衣が亡くなって、今後はヒロイン不在でしょうか?それとも公孫宝月が次期ヒロイン??

諸葛亮は劉備に呉の孫権と組むことを提案します。内情を探りにやってきた魯粛を趙雲の屋敷で待ち構える諸葛亮。魯粛に見くびられないよう、諸葛亮は趙雲に魯粛を思いきり驚かせるよう指示するのでした。
思いきり驚かせるってどんなことをするんでしょう?真面目な趙雲がアドリブで笑わせたりするとは思えませんし…。

第44話「瓜二つの娘」

呉の皇帝・孫権の配下である魯粛が諸葛亮のもとへやってきました。魯粛に見くびられないように思いきり驚かせよと指示を受けた趙雲は魯粛に酒を注ぐ際にわざと甕を割ってしまいます。諸葛亮の思惑通り驚いた魯粛は諸葛亮と孫権の仲を取り持つことを約束します。

魯粛は目の前で甕を割られて衣服はお酒まみれ、破片も飛び散りまくりの状況なのに「気になさらず」なんて言ってそのまま食事していました。もともと諸葛亮や劉備のこと下に見ているわけではなさそうでしたね。

曹操からの手紙で共に劉備を討つことを提案された孫権、朝廷で意見を聞くと皆は口々に曹操に帰順するべきと述べます。魯粛だけをその場に残し意見を聞く孫権。魯粛は強く帰順に反対し、諸葛亮の話を聞くべきだと諭します。これに満足そうな表情の孫権、宿で待機していた諸葛亮がすぐに呼び寄せられました。
曹操に帰順する気なんて最初からない様子の孫権。皇帝といえども自分の一存で何でも決めれるわけではないんですね。

孫権に曹操軍と戦うべきかと問われた諸葛亮は、わざと無礼な口ぶりで孫権を焚きつけ、劉備と組むよう話を進めます。遺言に沿って周瑜に意見を聞くと言う孫権、周瑜は初め帰順する意向を示していましたが、諸葛亮から曹操が亡き孫策将軍の夫人である大喬と自らの妻である小喬の2人の美女を手に入れようとしていると聞かされ、怒りに任せて曹操軍と戦うことを決意します。うまく話を運ばせる諸葛亮の聡明さに感心する魯粛でした。朝廷では曹操を討つべしと言い切る周瑜に誰も反対する者はおらず、孫権は曹操と戦を迎えるのでした。
諸葛亮が賢く、心理学にも通じていることは分かりました。でも会ったことのない人の性格を知った上で話しているような感じはちょっと疑問です。今回だったら、周瑜が夫人を奪おうとしている曹操に激怒して戦を決意したわけですが、周瑜が夫人を大事にしていることや短気なことを諸葛亮は知っていたのでしょうか?

絶命谷で目覚めた高則。趙雲を探しに行った楽淵が高則を助け絶命谷に連れてきたと言います。高則にはまだ使命があるから生かされたと言う楽淵。高則は自らの使命について考えます。
まだ高則のこと生かしちゃいますか~。こうなったら高則は改心して趙雲を助けるコースしか残ってないでしょうね。

桂陽の街で商人に扮するよう諸葛亮から指示を受けた趙雲と柳慎は亡くなった恋人・夏候軽衣にそっくりな馬玉柔と出会います。実はこの馬玉柔、西涼太守・馬騰の娘で、兄はかつて公孫瓚を助けた馬超なのでした。
ここで登場人物同士が繋がるわけですね。ユナの演技(唇を噛んで顔をしかめたり、驚いた表情だったり、「あー!」と叫びながら戦う姿だったり)は夏候軽衣と馬玉柔で一緒ですが声優さんが違うので雰囲気が違いますね。

第45話「桂陽(けいよう)での役目」

曹操軍との戦いを決意した周瑜ですが、智謀に長けた諸葛亮を脅威に感じ、殺害を目論見ます。曹操は周瑜のかつての友である蒋幹を遣わし、周瑜を酔わせた蒋幹は蔡瑁と張允が周瑜と内通している証拠の手紙を持ち帰ります。しかしこれは周瑜の演技でした。曹操軍が江を南下してくるのを防ぎたい周瑜は水辺での戦いに長けている蔡瑁と張允を裏切り者として曹操に差し出し、始末する計略だったのです。
短気で堅物そうな周瑜がベロベロに酔っぱらった演技をするなんて意外ですね。騙すつもりが騙されていたというようなエピソードはとっても興味深いです。

まんまと罠に嵌り蔡瑁と張允を処刑させる曹操、周瑜の計略に気づいた時にはすでに遅く、曹操の水軍には水辺の戦いに不慣れな将軍が就くこととなりました。自分より智謀に長けた諸葛亮をすぐにでも始末したい周瑜は、諸葛亮に10日で10万の矢を用意するという無理難題を吹っ掛けます。諸葛亮は3日で足りると言い、誓文を書いて命を預けることとなりました。
諸葛亮には何でもお見通しなんですね~。しかし、3日で10万の矢を用意するなんてどうやって?諸葛亮はのんびりしているし、次回の種明かしが楽しみです。

桂陽の街で商人に扮し、内密に太守の私財を奪う計画の趙雲たち。しかし、西涼太守・馬騰の娘である馬玉柔に酔わされた柳慎が素性や計画を話してしまいます。太守に夜襲を仕掛ける趙雲を追ってきた馬玉柔は官兵に気づかれたところを趙雲に助けられます。馬玉柔が仕掛けに足を踏み込んだせいで計画は失敗しました。手を組んで財宝を山分けしようと言う馬玉柔の再三の申し出にも全く耳を貸さない趙雲でした。
夏候軽衣もこの馬玉柔も金に目が眩んだ厚かましくてしつこい女設定なのってどうなんでしょう。趙雲もうんざりしてるし、見てるこっちもうんざりしちゃいます(-_-;)

三国志-趙雲伝-第43~45話の感想・まとめ

諸葛亮の智謀が光っていましたね!知恵比べのような場面はドキドキハラハラしてすごく楽しいです。夏候軽衣に瓜二つの馬玉柔が出てきてまた恋愛エピソード発動かと思われますが、もう無しでよくない?なんて思っちゃいます。恋愛エピソードではストーリーが止まっちゃいますから(;’∀’)また早く劉備たちと一緒に戦う姿が見たいですね!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です