剣王朝-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

剣王朝

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

孤山剣蔵の秘密を求める葉甄、その頃白山水と趙四も孤山剣蔵の秘密の手かがりは大浮水牢に捕らわれている林煮酒が持つ令牌だと考える。
一方、岷山剣会への出場者の名前が記された俊才名簿に書かれていた丁寧の順位は48位であり、薛忘虚は上位50名だけが出場出来ると告げる。

では、今回は13話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【剣王朝】(ネタバレあり)

13話

丁寧と謝長勝、薛忘虚たちの三人は河原で35位と37位の決闘を見ていたが、そこへ名簿86位では第三境の上位である周写意が現れ丁寧から挑戦状が送られてきたと話す。
薛忘虚の指示で謝長勝が挑戦状を渡しに行っており、丁寧は周写意にこの戦いで勝ったら周家の家宝である写意残巻を見せてもらう約束をする。
謝長勝はいつの間にか薛忘虚にも小間使されちゃってますねー確かに頼みやすいキャラですけどね、便利なキャラ設定なのでみんなの役に立ってもらってください

丁寧は周写意に勝利、すぐさま周家の墨園に向かう丁寧たちは写意残巻を見せてもらうとそれは剣の奥義や技が描き込まれた山水画だった。
周写意の父である周雲海は周家で代々解読してきたが未だ一部しか解読できていないと話すが丁寧は山水画に描かれた世界の中に入り込む。
さすがに周家の人たちが解読してきたやり方じゃなくて、絵の中に入り込むとかは周家の方々もそんなやり方ずるだよーとか思ってそう

すぐさま写意残巻を解読した丁寧を見ていた周家の祖師・周融墨は丁寧を別室に連れていくと、そこには欠けた右上の絵が飾られていた。

14話

周融墨から写意残巻の右上の欠けた部分を見せられた丁寧はそこに描かれているのは弓張月ではなく朝日ではないかと解読、写意残巻は陽の気を持つ者へのものだと考える。
梧桐酒舗に戻ってきた丁寧の手首から発せられる陽の気は写意残巻から習得した技により抑えられていたが、薛忘虚は周融墨のことを信用していなかった。
どうして信用してないんだろう、何かしら因縁があったんですかね?丁寧はこのまま陽の気を抑えられるんでしょうか…また暴走しちゃいそうですけど

丁寧の順位が23位になったことを喜ぶ元子初は自分も岷山剣会に見に行くというが侍女はそれを止め、王后に報告すると王后は岷山剣会への参加を許可する。
その頃、丁寧は莫青宮によって神都監に連行されてしまい、それを知った長孫浅雪は梧桐酒舗にきていた男たちの噂話を頼りに廃寺へと赴く。
結構すぐ捕まってしまう丁寧、もう二人が怪しいと目をつけられてる時点で二人共に監視の目はついてそうなんですけどねー今度はどう逃げ切るのか

丁寧が梁驚夢の継承者と怪しむ陳玄は丁寧に祝由術を掛け内功を試そうとするが丁寧は九死蚕神功を使って祝由術を遮り陳玄を欺く。

15話

長孫浅雪が梁聯に連れ去られてしまったと聞いた丁寧はすぐさま白山水と共に魚市へと向かうが、丁寧は白山水に剣を向けられ梁聯に引き渡されてしまう。
報酬として地下水路の見取り図を得た白山水、その直後に趙四が現れ断知秋を襲撃し白山水と趙四は見取り図を無事に奪取、そのまま逃げるが梁聯はそれを見越していた。
意外と策士な梁聯、夜策冷たち女性陣は裏をかくつもりがまんまとそれを利用されてしまいましたねー夜策冷の微妙な立ち位置も見ものです

梁聯の罠にはまった白山水と趙四の元に梁聯と葉甄が迫り四つ巴の戦いになり趙四は傷を負ってしまい、白山水は趙四を連れ商家の令嬢の手助けを借り逃げ出す。
同じく無事に逃げることに成功した丁寧、そして白山水は趙四が梧桐酒舗に戻ると奪った見取り図を見た長孫浅雪は記憶は曖昧だが一部は本物だと告げる。
みんな満身創痍ですねーこれは完全に梁聯にしてやられた感じになってしまいました…ああいうキャラクターって噛ませ犬だと思ってたんですが強かった

その話を聞いた趙四は丁寧に孤山剣蔵の手がかりで3つの内の1つである令牌を託し息を引き取ってしまう。

13-15話感想

梁驚夢のことが好きだった夜策冷、モテモテな梁驚夢ですねー結構他のドラマより女性陣が多いのでこういう色恋沙汰はやっぱり出てきますよね。
薛忘虚は疑っているものの陽の気を今の所抑え込めている丁寧の調子は良さそう、だけどこのまま上手くはいかないんだろうなーどうなっちゃうんだろ。
それにしても元子初や謝長勝などに慕われる丁寧、意外と兄貴肌なんですかね?長孫浅雪には犬っころみたいな感じで甘えてばかりなのに。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。