将軍の花嫁-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
監察官として戻って来た沈錦ですが、彼女の副官的な存在の蕭粛に楚修明は嫉妬します。
でも肉肉の恋人だとわかって一安心したもつかの間、今度は鷹族の姫君・瑪雅の存在に沈錦が嫉妬することに…

嫉妬したりされたり、くっつけようとしたり引き離したり、永寧府は大忙し!今回はさらにまた誤解を招くような存在が登場してきますが、鬼将軍夫妻の関係が安定する日は来るのでしょうか?さすがに盛大な焼き餅で大騒ぎは、この辺がヤマですよね、きっと♪

【将軍の花嫁】(ネタバレあり)

第10話「不安と嫉妬」

沈錦は永寧府から瑪雅を追い出そうと考えるが、瑪雅の方から市場近くの宿に移りたいと言われ拍子抜け。しかし楚修明は瑪雅を追い出すのはまずいと言う。楚修明は沈錦のため夜の市に連れ出し、曲技を見せるため抱き上げるなどして優しさを見せる。
沈錦が思う程、瑪雅は脅威でも何でもないというか、勝手な空回りですよね~

鷹族の長が瑪雅に会いに来るため宴の準備をすることに。瑪雅が永寧府の使用人たちに土産を振舞うのを見て、沈錦は物で釣る作戦だと考える。肉肉は長と瑪雅の会話を盗み聞きするが、瑪雅が永寧府に想う男ができた話を「将軍を婿にするつもりらしい」と誤解する。
思い込みが前提にあるので、どんどん事態が悪化していくのをどう止めたらいいのやら

瑪雅は宴で舞を披露し、それを熱心に見る永寧府の男性陣に沈錦は腹を立て、楚修遠を瑪雅とくっつけようと企む。しかし嫉妬と不安が抑えられない沈錦を見ても、楚修明には楚修遠を婿にやることができない事情を抱えていた。
また謎が!そういえば楚修明と楚修遠の関係というのもはっきり語られていないですね

瑪雅と楚修遠の縁談の話を聞いた小葱は落ち込んでいたが、それを見た豹子頭は西域の紅で気を引こうとし、自分に気があると誤解する。沈錦は楚修遠と瑪雅を城門に呼び出して一晩閉じ込める策を考え、肉肉に無理やり実行させようとするが、楚修明がその策に気付き外に出してしまう。瑪雅と手合わせをしている楚修明を見て、沈錦は激しく失望する。
通常、閉じ込められたり媚薬盛られたりの嫌がらせはヒロインがやられる側なのに…

楚修明が秘密から沈錦を守るため沈錦を怒らせて関係が悪化しているのを見て、楚修遠はやり方が間違っていると怒り、二人で支え合うべきだと説く。楚修明は沈錦に出会って感じるようになった恐れと不安のやり場に戸惑っていた。絶食してやつれた姿を見せて心を取り戻そうとした沈錦だが、空腹が抑えられず厨房に忍び込む。すると楚修明が清明に命じて用意させたたくさんの料理があった。沈錦は軍営に出向いて謝罪する…
美味しそうな御馳走がいっぱい!こんなに愛されていることに気付かないなんて!

翌朝、沈錦が屋敷に戻ると、瑪雅が男性と手をつないで永寧府を後にしようとしていた。なんとそのお相手は元児だった!永寧府の皆に祝福され、瑪雅と元児は出発していく。他の女に目を向けない証が欲しいと言われ、楚修明は沈錦と甘く長い口づけをかわす。
前から二人の仲を正しく把握していたのは清秋だけなので、「清秋は見た」ですね♪

(おまけ)
瑪雅を楚修明から引き離す相談をしていた沈錦と肉肉。他の男に目を向けさせようと、蕭粛を使おうとするが肉肉が却下、豹子頭では無理がある、楚修遠しかいない!ということに…
豹子頭は無理じゃないのに!ここで全く名前が挙がらなかった元児になるというオチ…

第11話「公主の来訪」

小葱は楚修遠のために手作りの桂花糕を贈り、想いを伝えようとするがうまくいかず、豹子頭が邪魔するせいだと怒る。
髭を抜いたら豹子頭だとわからなくなりそうですよね♪

皇帝は朝臣から「永寧伯夫妻の関係は悪化、俸給が支払われず汚職が横行」と聞き、二年間俸給が支払われていないことを初めて知って激怒する。そんな中、第九公主(九児)が倒れたと聞いて見舞うが、原因は恋煩いだという。父帝は身分違いの恋を許さないが、死をも辞さないと脅す最愛の娘・九児になすすべもなく、永寧伯夫妻の不和を視察するよう命じる。
これまた面倒くさそうなキャラが登場しましたよ!公主の恋のお相手は一体誰??

楚修明を何かと讒言する劉啓は、黒衣の謎の男と密会していた。第九公主が永寧府に派遣されることについても、すでに間者が配置済みだという…
これは!とうとう黒幕登場でしょうか?あの指輪がポイントですね?

蕭粛は楚修明に、沈錦との婚儀を行うように勧めるが、情勢が不安定のため沈錦を巻き込みたくないため秘密裏に行おうと考える。そうとは知らない沈錦は、肉肉から勧められたことで、他の女子を遠ざけるためにも盛大に婚儀を行おうと考える。互いに気持ちは一致しつつ、意見はすれ違うが、蕭粛と肉肉を守ることを考えて沈錦は地味婚を受け入れる。
いまだに「監察官」の設定は生きているのですね。沈錦は何も報告していなさそう…

永寧府では地味ながらも存分に祝う準備が進められ、皆が祝福に包まれる。永寧府の者たちだけの質素な婚儀だったが、花びらを降らせるなどの四季の愛を誓う演出に、沈錦は「何があっても一生離れない」と誓う。愛の詞に拇印を押し、ようやく二人は結ばれる…
薔薇の祭壇やハートの拇印など、リアルで参考にしたいウェディングプラン満載♪

翌朝、新婚の夫を軍営に送り出した沈錦に、清秋たちが「お世継ぎ」の汁物を差し出し、幸せな新婚気分を満喫する。しかし軍営に第九公主が明日到着するという知らせがもたらされ、楚修明には沈錦が怒ることを予想し、内密に事を処理しようと考える。
沈錦だって勅旨による結婚なのに、さらに公主の心配をするのは考えすぎなのでは?

沈錦は夫の帰宅を今か今かと待ちわびていたが、その日楚修明は軍営から帰れない。蕭粛は肉肉に第九公主の件を話すが、沈錦は怒るから絶対に知らせるなと釘をさす。しかし肉肉はすぐさま沈錦に打ち明けてしまう。沈錦は夫を信じつつも策を考えることに。
蕭粛の「絶対に言うなよ」はダチョウ倶楽部の様式で、わざと言わせたとか?

沈錦は第九公主一行に先回りし、公主がひとりの時に会って、夫婦が苦難を乗り越えようやく結ばれた経緯を語る。そこで第九公主も、自分には身分違いの想い人がいることを率直に打ち明ける。宮廷の衛兵である蘇晨はその恋のため拷問を受けるが、公主の懇願で一命は助けられ追放されていた。沈錦はその話を聞いて公主のために力になろうと考える。
第九公主の想い人、超イケメンですね~! 鞦韆の紐は割と切れがち♪

第12話「秘密の計画」

楚修明は蕭粛に、沈錦のために公主を家に入れるつもりはないと、たとえ勅命でも沈錦と一生を共にする覚悟を語る。蕭粛も楚修明の決定に従い、皇帝には報告を伏せることに。
蕭粛の偽装処刑は皇帝の命だったのですね。今も蕭粛は皇帝の命で動いている立場、と…

公主は永寧府に到着するが、楚修明は「妻のために他の女子は屋敷に入れられない」ときっぱりと断り、勅命に背くのかと緊張が走る。公主を傷つけることになると慌てた沈錦は、「将軍とは大して深い仲ではない」と言い出したため、永寧府の全員が混乱する事態に。
楚修明が逆をやったら沈錦は怒るだろうに、自分は勝手に暴走しますよね!

公主の滞在を断った楚修明の言葉に、沈錦は「私の心をよくわかっている」と大喜びする。しかし沈錦を思って断ったのにひっくり返された楚修明は、「沈錦の心がわからない」と、沈錦が自分を試しているのではないかと考える。一方で秘密の計画を考え始めた沈錦の不信な挙動に楚修明は戸惑うことに。
沈錦はやることなすこと全部裏目に出ますよね♪やりすぎ感200%!

軍営で蹴鞠大会が行われ、公主が最多得点の者に簪を与えることに。楚修明組と楚修遠組が対戦して熱戦の末、最多得点は楚修明が獲得し、簪を沈錦に渡そうとするが、沈錦の指示で楚修明はやむなく公主に簪を贈る。
出た蹴鞠大会!このところ時代劇で蹴鞠大会よく見かけますよね~♪

実は沈錦は、公主の駆け落ち作戦を考え、駆け落ち生活のために必要な費用を皇帝から引き出そうと、永寧府のあちこちで計算を始める。楚修遠は「奥様は銭の目当てで将軍に嫁いだのでは?」と疑うが、楚修明は、銭目当てでも必要とされるなら構わないと答える。
金目当てなら、あんなにわかりやすく奔走しないのではないでしょうか…

楚修遠になんとか想いを伝えたい小葱だったが、豹子頭に邪魔されるのではと気が気ではなく、話がうまく伝わらない。女心に疎い楚修遠は、尚更理解ができない。
好きなのに、勝手に邪魔ものにされてしまう豹子頭がちょっとかわいそうですよね~

せっせと算盤をはじく沈錦に、「何か困っているのなら共に乗り越えよう」と楚修明は事情を聞き出そうとするが、沈錦は楚修明が怪我をしながら取って来た雪山の霊芝も公主に差し出す始末。そんなやりとりを見て、楚修遠は怒りを抑えられない。そんな中、公主のもとに想い人・蘇晨が現れ、沈錦は二人の甘い囁きを聞いて楚修明に会いたくなる…
沈錦は一つのことに夢中になると、楚修明のことすら目に入らなくなる悪い癖が…

怪我の手当てをするため楚修明は医官のもとを訪れるが、医官が沈錦に難病の薬剤を内密に大量処方したことが発覚する。そこで楚修明は、沈錦が難病で死に瀕しており、自分が亡くなった後のことを考えて公主を迎え入れようとしたのではないかと思い込む。残された日々を共に生きようと、沈錦を強く抱きしめ、これまで以上にはっきりと愛を示すように…
これはまた、ややこしいことになってまいりました…

(おまけ)
公主は、楚修明に誤解されたのではと心配するが、沈錦は「楚修明は心の広い人で、自分が何をしても許してくれる」と言い、公主は納得して沈錦に任せることに…
これは公主からちゃんと楚修明に説明しないと、拗れに拗れてしまいそうな予感が…

10~12話の感想

祝!鬼将軍夫妻、晴れて正式婚姻!あれでも地味婚なら、派手婚は軍営の兵士たち全員招待するようなレベルでしょうか?ようやく結ばれて寧伯夫妻となった二人ですが、一難去ってまた一難、皇帝に第九公主を押し付けられた格好に見えます。楚修明は疑われているのか信用されているのかよくわからない感じですね。
第九公主(九児)を演じている金樂さんですが、彼女もまた山河令の出演者で、高崇のひとり娘・高小怜役を演じていました。そう!豹子頭役の楊萬里さんが演じていた鄧寛と恋仲だった彼女です!豹子頭と公主で奇跡の再会ですが、まさか時空や世界線を超えて二人が結ばれるミラクルは… なさそうですね♪
公主は蘇晨に、瑪雅は元児に、ちょっと意外性のあるカップルが成立していくので、豹子頭も小葱との恋がかなうこともあるのでしょうか? う~ん、どうでしょう…

そして小葱といえば楚修遠ですが、楚修遠を鷹族の婿にさせられない事情があるということがわかりました。考えてみたら楚修遠は、名前からすると楚修明の近親者なのでしょうか? 実の兄弟という感じではなさそうなのですが。小葱が頑張っても、楚修遠とは結ばれない秘密のハードルが存在したりするのでしょうか。
楚修遠は、お顔は綺麗なのですが、人柄は細かいことに思考がいかないタイプなので、小葱ちゃんも彼と結ばれても、きっとつらいことばかりになりそうだしやめといた方がいいのでは、と親戚のおばちゃん風に心配してしまいます。
沈錦があれだけ暴走していても最後はうまいこと着地しているのは、楚修明の献身なのだと思うのですが、楚修遠にはそんな懐の深さが感じられないのですよね。
とはいっても、まずは気持ちに気付いてもらわないことには何も始まりませんけどね♪

小葱が作っていた「桂花糕」はキンモクセイの入ったお菓子のようなのですが、調べてみたところゼリーだという説明があった一方、餅菓子だという説明やカステラだという解説もあり、一体どれが本当なのかわかりませんでした。「ゆべし」みたいな感じなのでしょうか?
しかしこのドラマは料理がおいしそうに見えていいですよね。画面を見ていると、華やかな衣装や調度などに目がいきがちですが、料理がおいしそうなドラマは、それだけでポイント高いですよね!




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。