扶揺-フーヤオ-あらすじ-13話-14話-15話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-13話-14話-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
上巳節の日に、扶揺は裴瑗に見つかり、逃げるのだが、罠にはまり、捕えられてしまう。裴瑗は、奴闘場で、扶揺を奴隷と対戦させ、殺すそうと企んでいた。

しかし、裴瑗の企みは失敗してしまい、かえって奴婢たちに暴動を起こさせてしまう。逃げる裴瑗を扶揺が追いかけます。

扶揺はなんとか裴瑗を負かすことができました。でも、裴瑗は簡単にあきらめるような人間ではないから、次の戦いがきっとありますよね!今回は、13話から15話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

13話 変顔の術

奴婢たちが暴動を起こし、門を破って外に出る。しかし、裴瑗が、兵士を集結させて待ち構えていた。
すごい人数!

扶揺は、奴婢たちを巻き込まないように、一人で立ち向かうが、裴瑗の矢を受けてしまう。

それでも扶揺は一人で戦うのだが、裴瑗が暗器を放とうとするのに気づいた軒轅旻が裴瑗の前に飛び出したために、扶揺に胸を刺されてしまう。
軒轅旻すばらしい!

扶揺が驚いた隙に、扶揺は、兵士に包囲されてしまう。

しかし、軒轅旻は、裴瑗を丸め込め、扶揺を連れ去ることに成功する。そして、後ろからついてきた戦北野と雅蘭珠に、扶揺を託すのだった。

扶揺が、小七は国公府にいるらしいと戦北野に話すと、摂坤鈴もそこにあるはずだと言って、二人で協力しあうことになる。
やっと協力しあえる仲になりました!

斉震は、雲痕に、戦北野を生かしておきたいので、丁重にもてなすように命じる。そして、更に軒轅暉をさらうように命じる。

斉震と遠縁の宇文家の娘の宇文紫が、国公府に来ることを知った戦北野は、扶揺に、宇文紫になりすますことを提案する。

換顔術を使って宇文紫になりすました扶揺は、斉震の屋敷に入る。
顔の横のあざが、顔を変えている証拠かしら?

扶揺は、屋敷の中で摂坤鈴を探していると、危ないところを誰かに助けられる。それは、軒轅旻だったのだが、軒轅旻も同じものを探していたのだった。

扶揺が庭を歩いていると、身につけていた五色石が反応を示す。
五色石の初めての反応ですね!

14話 御水の術

太淵国王が回復されているとの情報が斉震に入り、宗越が呼ばれる。宗越は、王の回復を望むのか、死を望むのかと斉震に尋ねるが、斉震は返事をしなかった。

夜、扶揺と戦北野は、昼間見つけた怪しい門に向かう。すると五色石が光り、二人は中の洞窟に飛ばされる。
五色石にはすごい力がありますね!

五色石に導かれ、二人は洞窟の中を進んでいくと、摂坤鈴を見つける。しかし、戦北野が摂坤鈴を取ろうとすると、軒轅旻が現れて、止められる。

軒轅旻は、そこには斉震の罠が仕掛けてあると知らせてくれた。
いつも助けてくれますね♪

国王の病が回復したとの報せが斉震に入ったのも束の間、国王が崩御されたとの報せが入る。
宗越のコントロールがすごい!

斉震は、密かに拉致した軒轅暉の血を、摂坤鈴を使って自分の体に取り入れ、御水の術を手に入れることに成功する。

国王が崩御し、空から滝の水がいくつも現れていた。新王が即位して御水しなければ、大災となってしまうが、世子が行方不明で大臣たちは焦っている。そんな中、斉震は自分も水を御す力を持っていると明かす。
早くしないと大水害ですね!

裴瑗は、小七を扶揺をおびき出す囮にするのだと言って、水牢から連れ出す。

斉震は、成功を夢見ながら、御水の術を放つが、滝の水になんの変化もなかった。しかし、もう一度試みると、見事、滝の水が消えた。だが、斉震が振り返ると、そこに軒轅旻が立っていたのだった。
斉震がっかりでしょうね!

15話 軒轅旻の即位

軒轅旻が御水の術を放ち、王位に就くことになった。王位を奪われた斉震は、怒り心頭で、なぜ突然現れたのか軒轅旻を疑うが、斉震は、軒轅旻から事の顛末を聞き黙って引き下がるしかなかった。

新国王の即位の儀が行われる。
斉震が不服そうですね!

新国王の即位後に宴を開くことになっているのだが、軒轅旻は宴などつまらないと言って、巻き狩りをすることに決めてしまう。
やりたい放題ですね!

扶揺は、換顔術をかけて5日目となり、術を施さないと正体がばれてしまうと心配していた。しかし、新王即位のお祝いの巻き狩りに同行することになり、顔を隠して参加することにする。
大丈夫なのかしら?

軒轅旻は、巻き狩りに戦北野を招待していた。その宴席で、戦北野は、賊に襲われ、宿舎を焼かれた上、摂坤鈴を盗まれたことを話す。それを聞いた軒轅旻は、斉震に捜索するように命じる。

軒轅旻が、戦北野に、なぜ摂坤鈴を太淵にもってきたのか尋ねると、戦北野は、斉震に聞いてくれと言って、戦北野と斉震の舌戦となる。

小七を連れて狩り場に来た裴瑗は、小七に毛皮をかぶせ、死罪の奴婢を獲物として借り立てることを提案する。
ひどいことをしますね!

毛皮をかぶされているのは、小七であると気づいた扶揺は、小七を乗せた馬を急いで追いかける。すると裴瑗が扶揺の前に現れる。
1対1の戦いですね!

13話から15話の感想

ドラマの展開がなかなか面白かったですね♪

軒轅旻が突然現れて、王の座を取ってしまいました。斉震が何度も王になったときの感動を想像して楽しく味わっていたのに、軒轅旻がみごとにそれを打ち崩してくれました。悔しかったでしょうね!なんでこうなったのか納得がいかないみたいでした。

それから、宗越のすばらしさですね!国王を一度回復させて、斉震をがっかりさせてから、急変させて崩御に至らせるなんて!これなら誰も疑いをもたないですね。

そして、五色石ですね。初めて光って反応を示しました。飛び越えて洞窟に連れて行ってくれたり、これからいろいろと力を発揮してくれそうです。

でも、換顔術はどうなのでしょう?5日しかもたないなんて・・・裴瑗は扶揺とは気づかなかったようですが、役に立つのかしら?




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です