扶揺-フーヤオ-あらすじ-19話-20話-21話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-19話-20話-21話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
宇文紫に扮した扶揺は、身体検査を受けるために宮中に向かうのだが、その途中で戦北野にさらわれる。戦北野は、扶揺が自分から入宮することを知らずにさらったのだった。

戦北野は、扶揺が摂坤鈴と縁があると感じ、摂坤鈴のせいでこれ以上争いを起こさせないために、扶揺に摂坤鈴を託す。

摂坤鈴を扶揺が持っていて大丈夫なのかしら?今回は、19話から21話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

19話 兄弟の宿命

軒轅旻は、自分に強く意見をする斉震に対して、兵権を持つのはそなただけではないと釘をさす。
時には強く出るのね!

朝議が行われている中、宇文紫が見つかったとの急報が入り、宇文紫が運ばれる。
軒轅旻が笑いをこらえてましたね!

雲痕は、斉震に、火事の夜の刺客を全員捕えたと嘘の報告をしていた。宗越を疑っていた雲痕は、あの日の夜に宗越を訪ね、宗越が刺客であることを知ったのだが、宗越が実の兄であり、育ててくれた斉震が一族の敵と知ったからであった。
すごい事実が判明!

宇文紫の診察に来た宗越は、顔を見るなり扶揺だと見抜く。扶揺の脈拍を見てみると、生と死の間にあるような脈に、宗越は困惑する。

危険な旅になるからと一人で旅立つことを決めた戦北野を、雅蘭珠は仕方なく見送ったのだが、やはり戦北野の後を追うことにするのだった。

国王の妃選びが行われる。軒轅旻は、妃選びを自分の好き勝手に行う。
自由気まま!

雲痕は、宗越から言われ、確証を得るために邱先生に会いに行く。そして、宗越の話はすべて本当であることを知る。

9人の妃が選ばれ、その中から、軒轅旻は、唐芷蓉を貴夫人に、残りは、面倒臭そうに、簡雪を徳夫人そして、宇文紫を淑夫人と決めた。あと賢夫人を決めなければならなかったが、今日はここまでと勝手に切り上げてしまう。

20話 お妃選び

雲痕は、邱先生から、親の敵を父と呼んではならないと言われ、涙する。
雲痕はどうするのかしら?

国公府に西平郡王の高嵩が乗り込んできて、自分の娘の高普若を選ばなかったことに不服をまくしたてる。そんな中、宮中から詔書が届き、普若が賢夫人に選ばれたことを知る。だが、高嵩は、斉震に懐疑的であった。

宗越は、久しぶりに街の酒楼に入る。そこで幼なじみの斉韻を見かける。不治の病と聞いていたのだが、斉韻は酒楼の料理長をしていた。しかし、そこに雲痕が現れ、斉韻を連れて帰ってしまう。
誰でしょう?

斉韻は、料理を学ぶため、五州を遊歴していた。その間、父である斉震が、護衛をつけて密かに守ってくれたことを知り、斉韻は条件を出して家に戻ることにするのだった。

宇文紫は、酔衍居に住むことになるが、簡雪が来て、自分の寝殿を高普若に譲ったので、一緒に住まわせてほしいと頼まれ、承諾した。
そんなことってあるのかしら?

しばらくすると唐芷蓉がたくさんの贈り物を届けに来る。宮中は恐ろしいところなので、国公府の姉妹同士助け合いましょうと言うのだった。

夜、扶揺は、玄霊真葉を奪うために、行動を開始する。浴房にいる軒轅旻の着替えを運ぶ宦官に扮して入りこむのだが、軒轅旻は扶揺であると、すぐに見抜いていた。
それはすぐにばれますね・・・

21話 玄霊真葉を持つ男

軒轅旻は、そばにいた唐芷蓉や宦官たちを下がらせ、宦官に扮した扶揺だけを残した。

正体がばれていることがわかった扶揺は、軒轅旻の玄霊真葉を奪い取るための闘いを始める。そんな中、軒轅旻は、扶揺を湯殿に沈め、口づけをします。
湯船の中で、かなり強引ですね!

そこに、唐芷蓉を人質にした刺客たちが乱入してくる。軒轅旻が刺客と闘っている間に、扶揺は、湯殿に落ちた玄霊真葉を獲得する。
やりました!

刺客を追い払い、二人きりになり、軒轅旻は扶揺に放したくないと自分の気持ちを明かす。

するとその間に、軒轅旻は玄霊真葉を奪い返していたのだった。
さっきの告白は芝居だったの?

寒衣節で高普若が水霊鏡を使って目を引こうとしているということを扶揺は、耳にする。

宗越は、軒轅旻に斉震の娘・斉韻が竜鱗甲を持っているようだと告げ、宗越が医師としての方法で調べることになる。

扶揺は高普若の鏡で正体がばれることを心配し、その前に鏡を壊そうと考え、男装し、鏡があるという萃梁殿に忍び込む。

斉韻は、雲痕と街に出て、隙を見て、逃げ出す。雲痕は、探し回るが、見つからなかった。すると斉韻を捕えている宗越を見つける。

扶揺は、萃梁殿で、謎の女・仙是美に捕えられ、摂坤鈴も奪われていた。
まさしく謎の女ですね!

真実を知っても、斉震を裏切ることができず、苦しむ雲痕に、宗越は、斉震の犬となるならもはや軒轅の者ではないと言い放つ。
つらいですよね!

扶揺が行方不明になっていることが、軒轅旻に伝えられる。

19話から21話の感想

雲痕と宗越が実の兄弟であることがわかりました!びっくりですね。雲痕の動揺はかなりだったようですが、でも、斉震に手のひらを返すようなことはできないようです。子どもの時から育ててもらっていたら、なかなか難しいかもしれません。でも、斉震は、雲痕のことをただの下僕としか思っていないのですよね。うまく利用されているだけとわかったら、その時には敵を討つことになるのかしら?

でも、雲痕は斉韻が好きなようです。斉震は斉韻の父なので、討つことはできないかもしれませんね。雲痕は、かなり厳しい状況に立たされていますね。

軒轅旻のお妃選びはひどかったですね。適当って感じでした。それもすべてお芝居なのでしょうか?そうだとしたら、素晴らしいですね♪




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です