扶揺-フーヤオ-あらすじ-31話-32話-33話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-31話-32話-33話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
再び一緒に旅立った扶揺と小七が森の中で、戦北野の紋章をつけた男たちに襲撃されたことで、扶揺は、太淵を攻めた戦南城が、その罪を戦北野になすりつけようとしていること知る。

扶揺たちは、疫病の野営に通りかかり、そこで仏蓮聖女と功霊に出会う。

疫病にかかった民の世話をしているこの人は何でしょうね?すばらしい人だけど・・・今回は、31話から33話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

31話 民を救う聖女

戦北野の冤罪を晴らすために、天権国へ入ろうと考えた扶揺は、用事があって皇宮に行くという仏蓮聖女に、連れて行ってもらうことになる。
運がいいですね!

ところが、仏蓮聖女が疫病にかかってしまう。

仏蓮聖女は、扶揺に、自分は璇璣国の第二王女で、無極皇太子の許嫁であることを明かす。そして、仏蓮の身分を示す紫鳳腰牌を渡され、自分になりすまして、皇帝と皇太子に謁見してほしいと懇願する。扶揺は、引き受け、小七と一緒に天権国に向かうことになる。
なりすませるのかしら?

二人は、皇城に入り、宿探しをしていると、偶然、宗越に出会い、世話になることになる。そして、宿代代わりに、薬草の調達を頼まれ、上陽宮に忍び込むことになる。

ところが、そこで軒轅旻を見つけ、怒りをあらわにして近づくのだが、軒轅旻はいきなり扶揺を抱きしめる。
愛情があふれたのですね♪

そして、二人は五色石と玄霊真葉を交換するが、軒轅旻は、皇太子の無極であることを明かさず、自分は皇太子の幕僚の元昭詡であると又嘘をつく。
また嘘をつくのですね!

二人は酒を飲みに行き、無極に嘘つきとあたりながらも、酔った扶揺は、自分から口づけをする。

朝廷では、皇太子が不在で、大皇子の褒章を自らが承認する。

その頃、無極は、天権国の皇帝・長孫迥に拝謁していた。太淵の力を弱めたことを報告し、皇帝と政権を分担するときが来たと皇帝から告げられる。

32話 五州の危機

皇后の元清旖は、宴席を用意し、息子の無極と久しぶりの対面をする。皇后は、璇璣王の次女の仏蓮を娶ってもらいたいと告げ、縁談を急かすのだった。

ある日、無極は、扶揺を、牧霊峰にある長孫皇族の祭祀場へ連れて行く。すると牧霊の王である五州の農耕神が現れる。扶揺を気に入り、近づいてから去って行った。
なにかの暗示なのでしょうか?

長孫平戎は、仏蓮聖女の滞在先を探し出し、自ら迎えに行き、一緒に皇宮に向かう。しかし、馬車は城門で止められ、仏蓮だけが入宮する。

徳王・長孫迦は、急詔で使節を集めた理由を説明する。それは、近年、五州の各国で、異変が起きており、天権が滅亡の危機にあるからであった。

扶揺は、仏蓮のふりをして、皇后と初対面する。皇后は、婚儀を前にして仏蓮に言い渡しておきたいことを話しだす。

無極は、修行している宗越の様子を見るために洞窟に入って行くと、意識を失って苦しんでいる宗越を発見する。
無極が様子を見に行ってよかった!

無事に意識を取り戻した宗越は無極の黒い手の平に気づき、穹蒼仙女の非煙が来たのかと驚く。宗越は、世子府が襲われ、死人の山から這い出た時には虫の息だったのだが、非煙に救われ、育ててもらっていたのだった。
宗越もかなり苦労しているのですね!

しかし、ただでは応じない非煙に、宗越は40年の寿命を引き換えにしたことを無極に話す。
40年って、あと何年なのでしょう?

33話 二人の王女

扶揺は、そのまま皇宮に滞在することになり、その夜、皇后が、皇帝の弟である徳王・長孫迦と逢引きしているのを目撃してしまう。

納采の儀の前に、五州の危機を救うため、各国が図符を献上する。そして、仏蓮聖女に扮した扶揺が遅れて参加するのだが、璇璣図を献上する前に、烈王・戦北野の無実を訴える。
正義感強いですね!

皇后が、今は、五州が力を合わすべき時であり、まずは璇璣図を差し出すよう命じるが、扶揺は、直接、皇帝陛下に渡したいと告げる。

しかし、大皇子の平戎が璇璣図を本当に持っているのかと疑うので、扶揺は献上することにしたが、扶揺が献上した璇璣図は、偽物であると判明する。
何でしょう?

するとそこに突然、本物の仏蓮聖女が現れる。扶揺は、仏蓮に駆け寄って、病気が治ったことを喜ぶが、仏蓮は、扶揺を知らないと言い出す。
どういうことなのでしょう?

そこに皇帝が璇璣の王女に謁見するという聖旨が告げられるが、呼ばれたのは、本物の王女ではなく、扶揺であった。

皇帝は、扶揺が仏蓮を超える力を持っているので、皇太子が惹かれるのも無理はないが、王家の血筋でないから結ばれることはないと扶揺に告げる。
厳しい言葉ですね!

そして、皇太子の真の名は、長孫無極であると告げ、扶揺に無極と仏蓮の仲睦まじい様子を見せる。扶揺は、だまし続けられていたことがわかり、深く傷つくのだった。
こんな姿を見せられたら、傷つきますね!

31話から33話の感想

仏蓮聖女にはびっくりですね。仏蓮が身代わりになって行ってほしいと頼んできたのに、知らないなんて言われたら、目が点ですよね。でも、そもそも人の身代わりになるところが大きな間違いなのですよね。扶揺を何かに利用しようとしたのでしょうか?まだ謎に包まれています!

皇帝は、なんだか皇帝らしくない風貌で、表に出ず、こもりっきりで、不思議な存在ですね。朝廷の様子をじっと見て、いろいろと指示をしているようでした。温もりの感じられない空間でしたね。

その皇帝から扶揺は、冷たい言葉を投げかけられ、無極の正体を知ることになりました。何度もだます無極が一番悪いのですよね。扶揺とやっといい関係が築けそうになっていたところだったのに・・・




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です