扶揺-フーヤオ-あらすじ-34話-35話-36話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-34話-35話-36話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
扶揺は、仏蓮聖女に頼まれ、仏蓮になりすまして皇宮に行ったのだが、そこに本物の仏蓮が現れ、扶揺のことなど知らないと言われる。

そして、皇帝から扶揺が呼ばれ、無極の正体を教えられる。扶揺はだまされていたことがわかり、深く傷つく。

無極と仏蓮の仲がいいなんて・・・扶揺は、今度は皇帝から騙されることになりましたね。今回は、34話から36話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

34話 天権国の皇太子

仏蓮聖女は、無極に天権皇宮を案内してほしいとお願いするが、冷たくあしらわれる。

深く傷ついた扶揺は、皇宮を出て行こうとすると平戎が兵を率いて現れ、闘いになるが、扶揺は、毒虫に噛まれ捕らわれてしまう。

平戎は、扶揺から紫鳳腰牌を取り返し、仏蓮に渡す。仏蓮は、平戎を取り込み、平戎が皇太子となったら、嫁ぐと約束をしていた。
仏蓮は地位を得るためだったのですね!

無極が必死に偽仏蓮を探し回っていると知った平戎は、扶揺を穢そうと思いつくが、扶揺のものすごい力で反撃を受ける。重傷を負いながらも動ける扶揺に驚きながらも、平戎は、何度も扶揺に剣を突き刺す。

満身創痍の扶揺であったが、折れた剣先を蹴りつけたことで、平戎を倒す。扶揺も倒れこんだところに無極が到着する。
ものすごい闘いでした!

皇帝は、平戎の失態を隠すために扶揺に死罪を命じる。
これはかなりの失態ですね!

そこに無極が到着し、無実の娘を罰するべきではないと主張するが、皇帝は、情のために身を滅ぼしてはならない、その情を自分が断ち切ってやると言った。無極は、その言葉の意味を察し、皇帝から止められるも、急いで扶揺のところに駆けつける。
皇帝には情というものがまったくないのですね!

扶揺を守るために、宗越と江楓が衛兵と闘っていた。無極は昏睡している扶揺を抱えて、皇宮を出る。そして、扶揺を救うために、南戎にある飲沽草を探しに向かう。

35話 砂漠への出奔

無極たちは、扶揺を救うために、砂漠を進んでいた。飲沽草を手に入れた宗越は、薬を作り、飲ませるが、症状を緩和するだけで、扶揺が目を覚ますことはなかった。
かなりの重傷ですね!

皇宮に戻って来た無極に、皇帝は、怒りをあらわにするのだが、無極は、扶揺と出会って、初めて本当の愛を知ったと告げ、自分はどんな罰も受けるが、扶揺だけは許してほしいと懇願する。

皇太子の座を失ってもいいのかと皇帝から問われ、無極は、失おうとも構わないと答えた。
無極の本当の愛ですね!

無極は、仏蓮の裏の顔を知っていた。仏蓮は、自らが疫病を広めては、治療して巡り、民から敬われていたのだ。
そんなことをしていたのですね!ひどい!

無極は、仏蓮を地下に監禁する。

宗越から文が届き、扶揺が回復したが、完治には、星輝の薬が必要で、平戎が持っているはずと書かれていた。

皇帝の前で、無極は、平戎が黒戎寨と結託し、売国行為をしていると告発し、無極は、その調査を任されることになる。
平戎はかなりあくどいのですね!

姚城の役人は賊とぐるになって悪事を働いていることを知った扶揺は、県署に押しかける。宗越が上陽宮の令牌を見せつけて、扶揺が、天権国の特使として県丞に就くことになる。
体は大丈夫なのかしら?

無極は、監禁している仏蓮に、婚約解消書を手渡す。しかし、簡単に別れないとあきらない仏蓮に、平戎を会わせる。

36話 天権国の特使

平戎は、仏蓮が企んだことをすべて明かすのだが、仏蓮は認めなかった。
強情ですね!

無極は、平戎に解毒薬を要求するが、平戎は、師匠から伝授されていないと主張する。

無極から、婚約破棄をするか、ここで消されるか迫られた仏蓮は、ついに婚約破棄を了承する。
やっと観念しましたね!

ある日、扶揺に黒戎寨から宴の招待状が届く。扶揺は、敵のことを調べる絶好の機会と思って、鉄成とこっそり出かけようとするが、宗越に見つかってしまい、3人で黒戎寨に向かう。

黒戎寨に着くと、いきなり頭目の赤鬼の配下に襲われる。しかし、扶揺の腕前に感服した赤鬼は、3人をもてなす。

扶揺と赤鬼が酒で勝負をしている間、宗越は、密かに武器庫を調べに行く。しかし、配下に見つかってしまう。

3人が捕えられそうになるが、宗越が、翊王の令牌を見せ、扶揺が、翊王の言いつけでここに来たと嘘をつき、赤鬼を見事に丸め込む。
さすが宗越ですね!

その夜、扶揺が一人酒を飲み泥酔しているところに、無極が現れる。扶揺は無極に抱きつき、自分の素直な気持ちをぶつける。やがて、扶揺は無極に抱きしめられながら、眠ってしまうのだが、無極は、すべてが円満になる方法を見つけて一生、君と過ごすよと心の中でつぶやくのだった。
無極の甘い言葉なのに、扶揺は酔いつぶれてますね!

無極が、突然、県署に現れ、扶揺は動揺するのだった。
動揺ぶりがかわいい!

34話から36話の感想

仏蓮の裏の顔はすごかったですね。疫病を自ら流行らせて、そして治療をして、人からあがめられていたなんて、かなりあくどい手法ですね。顔の表情も裏の顔のときは、かなりおそろしい顔でした!

無極の扶揺への愛は、本物ですね!皇太子の座を失っていいという覚悟までしているのですものね。せっかく無極がやさしく抱きしめてくれているのに、扶揺は酔いつぶれているなんて!きっと覚えてないでしょうね。

でも、無極は、扶揺にすっかり信頼を失っていますからね。信頼をどうやって取り戻すのかしら?扶揺は、皇帝から仏蓮との仲睦まじい姿を見せられてしまっているから、なかなか難しいのではなないかしら?

でも、扶揺が酔って口にした言葉が扶揺の本当の気持ちだから、それを知った無極が扶揺の心をつかむのは近いのかもしれません♪




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です