扶揺-フーヤオ-あらすじ-37話-38話-39話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-37話-38話-39話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
扶揺は、宗越の治療によって回復をしたが、完治することはできていなかった。しかし、滞在している姚城の役人が悪事を働いていることを知り、県署に押しかけ、天権国の特使として県丞に就くことになる。

扶揺は、無極への想いを胸に抱きながら、県丞としての仕事をしていたのだが、ある日、突然、無極が県署に現れる。

やはり無極が夜、扶揺に会いに来ていたのを覚えていないようですね!今回は、37話から39話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

37話 真実の行方

突然、県署に現れた無極に、扶揺は驚き、逃げるように仕事を切り上げる。
かなりの慌てぶりですね♪

鉄成が、幻の鳴き砂を見に、扶揺を連れて行くのだが、追ってきた無極が鉄成を倒し、扶揺を連れ去る。

無極が何を言おうと、扶揺は信じることができなかった。
信頼回復は難しいですよね!

誤解を解くことができない無極は、扶揺に真実をすべて知っている玄霊真葉を使って、自分の心を見てほしいと言って、手渡す。

そして、扶揺は、無極の本心を知り、二人は仲直りする。
やっと誤解が解けました♪

その後、二人は、赤鬼の一味に追われている雅蘭珠を偶然見つけ、助け出す。雅蘭珠は、戦北野を追っていたが、見失ってしまっていたのだ。

扶揺が突然、鎖情の毒の発作に襲われる。とっさに無極が、応急手当をするが、それを見ていた雅蘭珠は、父の国を滅ぼした仇敵の天権の皇太子・長孫無極であると気づく。
仇敵だったのですね!

そして、雅蘭珠は、無極に刃を向けるが、あやまって扶揺を刺してしまう。
体が弱っているのに・・・

無極の気持ちを知りながらも、扶揺が、ひどいことをするので、怒った無極は、なぜ心を傷つけるようなことをするのかと迫り、そして、何を恐れているのか話せと声を荒げた。

38話 愛の誓い

無極から何を恐れているのかと問われた扶揺は、体の毒を消し去ることができず、いつ死ぬかわからないから、無極と距離を取ろうとしていたことを明かす。しかし、無極は、死なせないと言って、強く抱きしめ、口づけをする。
お互い想いあっているのですね♪

そんな時、皇帝が危篤という知らせが無極の元に届く。そこで皇宮に戻ることにするのだが、天権の東と西に平戎の伏兵がいるので、それを避け、死の砂漠と呼ばれる葛雅砂漠を通る危険なルートを選ぶことにする。
う~ん。大丈夫かしら?

無極は、鉄成を弟子にして、留守の間、扶揺を任せることにした。扶揺は、危険な旅とは知らず、無極と宗越を見送る。

翊王が黒戎寨に現れ、約束通りの品を渡す。そして、翊王は、赤鬼に、姚城を攻め落とすように命じる。そして、姚城を陥落させたら、共に都を攻めようと告げる。

扶揺は、黒戎寨が姚城に迫っているのを知る。姚城は、兵力も兵糧もわずかであった。しかし、扶揺は戦うしかないと決心をする。
かなり無謀!

無極は、葛雅砂漠に到着したが、いるはずの上陽宮の兵士たちが来ていなかった。無極は政変が起きたと考えた。そこに翊王の精鋭たちが現れ、宗越と片付けるのだが、共倒れをしないために、無極と宗越は、二手に分かれることを決める。

扶揺は、村人総出で黒戎寨に奇襲作戦をとる。

39話 姚城の攻防戦

いよいよ食料が尽きてしまった姚城に、投降者は助けるという矢文が放たれ、それを見た村人たちが一斉に門から出ようとする。しかし、黒戎寨は、門から出た村人たちに矢を放つ。
おびきだしておいて殺すなんて、ひどい!

扶揺は、一人の女の子を助け、逃げる途中で、矢にあたってしまう。
体も弱っているのに・・・

扶揺は、援軍を呼ぶために、もぐら族の小七に、地下道を掘らせ、雅蘭珠と一緒に脱出させることにした。

無極は、葛雅砂漠を行くが、水がなくなり、倒れこむ。
厳しい状況!

食料も水もなくなり、困窮している村人たちに、扶揺は、陥落するのは時間の問題だから、村を守るのを辞めると宣言し、村人たちに、激しくののしられながら、姚城を出て行くのだった。

そして、一人で黒戎寨に投降し、盟約の儀式を要求する。

黒戎寨の流儀で、心臓の上の血を使うことになっており、扶揺が先に血を取り、そのあと赤鬼が自分の胸に短剣を突き付けたのだが、その瞬間、扶揺が赤鬼の手を押して、短剣を深く差し込む。そして、赤鬼の配下たちを倒し、赤鬼を倒すのも成功する。
さすが!

するとそこに黑衣の男たちが現れ、扶揺は助けられ、姚城に戻る。しかし、裏切り者と思っている村人たちは城門を開けず、赤鬼の配下の残党たちが追って来て、戦いが繰り広げられる。

扶揺は、必死で門を開けてくれるように懇願する。
開けてくれないの?えっ~!

37話から39話の感想

扶揺がやっと無極の愛を信じ、受け入れることになりました。誤解が解けてよかったです。でも、せっかく愛を確かめ合うことができたのに、すぐに離れ離れになってしまいました。かわいそう!

二人は、かなり厳しい状況ですね!無極は、あの砂漠の中で、水もなくなり、倒れているような状況なのに、まだ追っ手と闘うのですから、たくましいですね!でも、かなり限界に来ているように見えました。

扶揺も、赤鬼を倒して、村に戻ってきたけど、村人が門をあけてくれないという悲惨な状況です。城門の中では、鉄成が一生懸命村人を説得しているようでしたが、取り合ってはもらえていなかったですね。二人の危機ですね!なにか突破口はあるのかしら?

ドラマも後半戦に入っていますが、封印が解けたのは、まだ一つだけ。これからなのかしら?




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です