扶揺-フーヤオ-あらすじ-40話-41話-42話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-40話-41話-42話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
姚城が陥落するのは時間の問題だからと、扶揺は、村を守るのを辞めて、黒戎寨に投降し、盟約の儀式を要求する。

しかし、儀式を行うふりをして、赤鬼を倒し、姚城に戻る。

姚城に戻るのだが、扶揺を裏切り者と思っている村人たちは城門を開けてもらえず、扶揺に危機が迫る。

扶揺が雄叫びをあげていましたね。開けてくれないのかしら?今回は、40話から42話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

40話 開かない城門

扶揺が村人たちに懇願するが、城門を開けてもらえず、扶揺を助けてくれた黒衣の男たちが、赤鬼の残党と闘い、すべて殺されてしまう。
危機です!

とうとう、たった1人となった扶揺は、自害を決意する。しかし、その時、戦北野が現れ、扶揺は、窮地を救われる。
間に合ってよかった!

そして、扶揺は、3日間、眠り続け、ようやく目を覚ます。

無極が砂漠にいる夢を見て、助けに行こうとするが、体が弱りきっており、昏睡状態になってしまう。

戦北野は、扶揺を助けようと、摂坤鈴を使って、自分の内力を扶揺に伝え、二人の命を縛り付けた。そして、扶揺は、夢の中で、戦北野に会う。

無極が砂漠の奥地で流砂にのまれ死んだという報告が平戎に届けられる。平戎は悲しんでいるふりをし、徳王の腹の中を探るが、無極を片付けたら、次は徳王を始末しようと企んでいた。
本当?

戦北野の兵営、宗越が、雅蘭珠と一緒に現れる。しかし、宗越にも扶揺たちを助けることはできなかった。

扶揺は、戦北野と砂漠の中を歩いていた。戦北野はかつてこの葛雅砂漠で、黒風騎に助けられたことがあった。戦北野が手に入れた蒼竜在野剣は、五州黒風戦士に号令をかけることができるというものであった。それは、祖父の遺品で、戦北野は、祖父の意志を継いで葛雅砂漠を見守り、隠軍を鎮圧すると誓っていたのだ。
何をしようとしているのかしら?

41話 生と死の間

いつの間にか眠ってしまっていた扶揺は、誰かの呼びかけで目を覚ます。それは、非煙だった。
眠ってはいけないのでは?

非煙が、自分に忠誠心を誓うのであれば、命を助けると言ってくるのだが、扶揺は、はっきりと拒絶する。だが、非煙は、扶揺の命を取ることはなかった。そして、扶揺と戦北野は、目を覚ます。
何のために夢の中に入ったのかしら?

皇帝は、平戎から皇太子の亡骸を見つけたという報告を受ける。

扶揺は、戦北野に説得されて、姚城に戻ると、村人たちがみんなで扶揺に詫び、許しを請うのであった。しかし、扶揺は、再会した鉄成に姚城を任せ、自分は無極を探しに行くことを決める。
やはり行くのですね!

宗越のところに届いた密書には、皇太子は葛雅砂漠で逝去、すでに納棺せりと書かれていた。腑に落ちないと考える宗越は、真相がわかるまで動かない方がよいと言うのだが、それを知った扶揺は、すでに消えていた。
素早いですね!

皇帝に命じられた韓林は、皇太子の遺体が、火葬される前に、皇太子の顔を見たいと頼み、棺の中の石化した無極を見る。
本当?

扶揺と戦北野は、無極の敵を討とうと平戎の兵営に潜入するが、すでに平戎は磐都に向かっていることを知る。

42話 死の森

扶揺と戦北野は、平戎の兵営から脱出するが、平戎の部隊に追いつかれ、危機が迫っているところを宗越たちと黒風騎に助けられる。
よかった!

磐都では、烈王に謀反の意があるとして、烈王と関係のあるものが処罰され、静太妃も幽閉されていることを知った戦北野は、磐都に早く戻るために、危険でも近道の山脈越えをすると決め、扶揺たちも同行することになる。

途中で、古凌風率いる天煞の禁衛軍が現れる。撃破するが、雅蘭珠が気を失って倒れたことに責任を感じ、戦北野は皆をおいて出発しようとする。しかし、扶揺はそれに気づき、雅蘭珠を鉄成にまかせ、戦北野について行くのだった。
戦北野は人を巻き込みたくないのですね!

霧が深い森の中で、戦北野が底なし沼にはまってしまう。扶揺が引っ張り上げようとしているところに、人食い蟻の大軍が迫って来る。
また、危機ですね!

人食い蟻は血を好むことを思い出した紀羽は、自らの腕を切り落として時間を稼ぎ、戦北野を助け出す。
すごい決断ですね!

水を汲みに行った扶揺は、光るものを見つけ、拾い上げると、そこに無極が現れる。しかし、扶揺は、本物の無極ではないと感じ、無極を刺す。すると黒い霧となり、扶揺は気を失ってしまう。
何でしょう?

扶揺が目を覚ますとそこにまた無極が現れる。偽物だと思い、取り乱すが、本物の無極だった。
生きていたのですね♪

40話から42話の感想

無極はやはり生きていましたね。棺の中の石化した無極は、平戎が仕組んだことだったのですね。平戎にしては、手の込んだことをしましたね!そんなに用意周到なタイプには見えないのですが。。。

石化した無極も衝撃的でしたが、底なし沼も恐ろしかったですね。少しずつ沈んでいくというじわりとした恐怖は嫌ですね。そして、紀羽の決断はすごかったですね。ドラマとはいえ、直視できませんでした。赤鬼の残党と闘った黒衣の男たちの殺され方もかなり残酷でした。今回は、そんなシーンばかりが多くて、目を伏せる回数が多かった気がします。

扶揺が偽物の無極を殺したあとに、本物の無極が現れるなんてびっくりですね。偽物か本物かしっかり見極めることを求められるのですね♪




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

2 件のコメント

  • 初めまして^^
    私は10年前のF4仔仔からハマり華流スタートでしたが、深キョン&ウォンビンの『ブレンズ』見て韓流にハマり、現在ワッタカッタして中韓ドラマを楽しんでる初老のおばさんです。
    この度入院中にここを知り、小説読むかのように毎日入院中が楽しいです。クルミットさんの感想入りも楽しいです。『そうそう!!そう思うわ!』と同意してしまったり、入院がここまで充実した時間を過ごせるとは感謝感謝です。
    まだまだ色々読ませていただきます。
    先ずはお礼を言わせて頂きたかったです。内容と感想を書き残すのは大変なことだと思います。またコロナ、インフル、花粉に黄砂、pmと生きていくのはしんどい時期ですが、クルミットさんもお身体に気を付けて沢山ドラマを楽しんでください。ありがとうございました。

    • はじめまして!華流ドラマにハマり始めたのはまだまだ日が浅いので先輩ですね!
      元々のストーリーが良いのもありますが、そのように楽しんで読んでいただけてとても嬉しいです。
      色々と大変ですが、ケイコさんのコメントで私ももっと頑張ろうと活力が湧いてきました!
      ケイコさんも入院大変かと思いますが、早く元気になってくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です