扶揺-フーヤオ-あらすじ-46話-47話-48話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-46話-47話-48話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
戦北野の命を助けるために、秘術を使った雅蘭珠は、自分の視力を失うことになってしまう。雅蘭珠の望みで、戦北野には明かさず、扶揺と無極が、磐都の町で、雅蘭珠を探す。

しかし、扶揺に助けられたと思っている戦北野に、小七はすべてを話してしまう。

真実を知った戦北野は、無極と一緒に雅蘭珠を探しに行くのだが、無極は、密書によって雅蘭珠が人質になっていることを知る。そして、無極の助けによって、戦北野は無事に雅蘭珠を助け出す。人質を取られてしまった太妍は、無極に、扶揺こそ探している相手だと告げ、無極に現実を突きつける。

無極にとって、悩ましいことがあるようですね。今回は、46話から48話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

46話 母子の再会

扶揺と酒を飲んでいた無極は、穹蒼の使命を果たすより、扶揺への愛を大事にしたいと考え、自分のすべてがつまった玄霊真葉を扶揺に渡す。
一大決心ですね♪

雅蘭珠は、戦北野に、同情も謝罪もいらないと告げ、自分が望む愛なら苦しくても幸せだと告げる。そして、いつか自分を愛してくれると信じていると涙する。
強い女性ですね!

戦北野は、ついに戦南城と戦うことを決意し、無極も扶揺も協力すると告げる。

戦北野は、扶揺と酒楼を訪ねる。そこには、祖父が万が一の時に頼れるよう託した花公公がいて、戦北野の無事な姿を見て涙する。そして、静太妃からの無事であるという伝言を聞く。
花公公は、長年にわたって酒楼に詰めていたのですね!

戦北野は、一目だけでも母と会い、自分の元気な姿を見せたいと花公公に告げるが、静太妃の警備がかなり厳しいことを知らされる。

戦南城の誕生祝いの日、無極が天権の特使として、王宮に出向く。そして、戦北野と扶揺は、給仕として潜入する。

そして、扶揺が、宮女に扮し、静太妃の夕食を届けに来たと言って、寝殿に潜り込むことに成功する。扶揺は、静太妃を厠へ連れ出し、静太妃は、厠の小さな窓から、戦北野と再会を果たす。
手がやっと届く距離でしたね!

戦北野は、磐都に戦いに行くことを決意し、母からもらった密書を無極に見せる。それは、先帝が残した遺詔で、王の地位を烈王・戦北野に授けると書かれていた。

47話 都統の選抜大会

戦南城と戦うには兵が足りなかった。戦北野は、足りない兵力を補う唯一の方法として、葛雅砂漠に閉じ込められている地底の黒風騎を連れてくることを決める。
また危険が伴いそうですね!

無極は、扶揺には、空席となっている禁衛軍の都統の選抜大会に参加させ、内部に潜入させることにする。

扶揺は、男装し、江楓になりすます。そして、選抜の募集の場で、無極と言い争う芝居をする。
目立つ芝居をしましたね!

戦北野が馬に乗り砂漠へ入ろうとしていると、こっそり雅蘭珠が来ているのに気づき、一緒に連れて行くことにする。
戦北野の予想通りだったのですね♪

選抜大会には、屋敷に戻って来た宗越も参加することになった。参加者は、王宮へ向かう途中で、刺客に襲われるが、これが第一関門であった。第二関門は、吊り下げられた宝の袋を奪い取るというものだった。

参加者が次々と脱落し、勝ち残ったのは江楓と宗越の二人だった。無極は、戦南城に二人を勝者にしてほしいと頼むが、それを江楓が拒否し、宗越との直接対決になる。戦南城は、3人のこの芝居にすっかり騙されてしまう。
迫真の演技ですね!

そして、扶揺は、思惑通りに都統の座を手に入れることに成功する。
さすが!

48話 密偵の使命

江楓として天煞禁衛軍の都統になった扶揺は、国王の戦南城にうまく取り入る。

江楓を快く思っていない戦北恒は、江楓は天権で見た偽仏蓮であると気づき、扶揺に直接正体を突きつける。
よく思い出しましたね!

その夜、扶揺が、戦南城の用意した屋敷に入ると、無極が中に忍び込んでおり、戦北恒が江楓の正体に気づいたことを伝える。

戦北野は、兄と対決することで、天煞を戦火に巻き込み、多くの人命が失われることに耐えられないのであった。それに気づいた雅蘭珠が戦北野を慰める。
戦北野は本当にやさしい人なのですね♪

民にひどいことを要求する禁衛軍を見た戦北野は、禁衛軍を打ち負かす。しかし、追って来た禁衛軍に戦北野が斬られそうになり、それに気づいた雅蘭珠が代わりに斬られてしまう。
雅蘭珠の戦北野を守ろうとする気持ちはかなりのものですね!

戦南城は、氷原虎が出現したとの報告を受け、すぐに狩りに出発する。しかし、そこには、刺客が待ち受けており、それを江楓が左手に怪我を負いながらも、国王を守り抜き、真武大将軍に抜擢されることになる。しかし、すべて無極が仕組んだことであった。
無極はいろいろと考えだしますね!

戦南城からどんな褒美も与えると言われた扶揺は、金の兵権がほしいと願い出るのだが、そこに戦北恒が現れる。そして、江楓が、天権皇宮のお尋ね者の扶揺であると暴露する。

しかし、扶揺はそれを一蹴し、戦北恒が密かに皇太子と接触し天煞の王位を要求していたとでっち上げ、戦北恒を逆に陥れる。

46話から48話の感想

無極が穹蒼の使命を放棄して、扶揺の愛を選びました。でも、大丈夫なのでしょうかね?そんなに簡単に放棄できるのかしら?後で大きな試練が来そうですね!

戦北野のやさしい心に癒されますね。皆のことを考えていて素晴らしいです。こういう人こそ国王にぴったりなのに・・・でも、本当は戦北野が後継者だったのですね。雅蘭珠は見る目がありますね。雅蘭珠の自分の身を犠牲にしてまで、戦北野を助けるという気持にも感服します!

戦北恒が、江楓を扶揺であると気づき、勝ち誇ったかのような調子でしたが、扶揺に勝てるわけがないですよね。だいぶ形勢が悪くなっていましたね。あたふたぶりが笑えます。でも、ちょっとかわいそうでもありますね!濡れ衣ですものね!




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です